HUAWEI nova lite 3 しずく型ノッチ搭載6.21インチフルビューディスプレイ、 セラミック風3Dカーブボディに顔認証機能、1300万画素+200万画素ダブルレンズAIカメラを搭載。チップセットにはHUAWEI Kirin 710と、バッテリー部分には3400mAh大容量バッテリーを搭載。 2018年2月1日(金)に発売した「HUAWEI nova lite 3」をレビュー用にお借りました。 美しい曲線美の背面デザインに加えて、しずく型ノッチを採用したフルビューディスプレイやAI搭載のデュアルカメラなど、業界のトレンドをギュッと詰め込んだコスパに優れた端末です。 ※2019/2/7 自腹で購入したnovalite3(SIMフリー版)実機にて検証し、当Wikiの内容を最新情報に更新しました!少しでもご参考になりましたら幸いです。 ここはHUAWEIから2018年秋~2020年夏に発売の、高性能ハイコスパSIMフリースマートフォンHUAWEI nova 3(2018年10月5日発売)、HUAWEI nova lite 3(2019年2月1日発売)、HUAWEI nova lite 3+(2020年5月29日発売)に関するいろいろな情報をまとめているWikiです。ご覧いただき感謝いたし … ■【常駐設定】LINE、Gmail、IP電話等アプリの常駐・プッシュ受信設定まとめ), 【2020年発売】HUAWEI nova lite 3+、128 GBの大容量メモリ | ファーウェイジャパン B‚Ü‚½A¤•i‚É‚æ‚Á‚Ä‚Í‘I‘ð‚³‚ê‚½‚¨Žx•¥‚¢•û–@‚ð‚²—˜—p‚Å‚«‚È‚¢ê‡‚â. スマホやPC関連をゆるくレビュー!ベンチマークや設定も。 ホーム. HUAWEI nova liteを買ってみた。】巷では「HUAWEI P10 lite(WAS-LX2J)」が人気を博していますが、今更ながらp10liteよりも少し前に発売された同社「nova lite(PR. https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite3/ ※ZenFone Max Pro (M1) 、P20lite との比較、違いはこちら HUAWEI SuperCharge Wireless Charger (最大27W)※, しずく型ノッチと約6.21インチフルビューディスプレイ*2を搭載し、高精細でもっと見やすく快適に。, 洗練された3D湾曲デザインとセラミックのような質感は、あなたの手にぴったりとフィット。, 新しいAI認識は22のカテゴリ―と、500のシナリオをリアルタイムで識別し最適化*3。1300万画素 + 200万画素のダブルレンズカメラ*4は、色彩豊かで立体感のある写真や、味わいあるボケ感を演出。, AI搭載のインカメラは、セルフィー撮影時、8種類の背景を感知*5して、リアルタイムで写真を最適化。自撮りも簡単でキレイに。, 先進のオクタコアCPU HUAWEI Kirin 710は、 HUAWEI nova lite 3 しずく型ノッチ搭載6.21インチフルビューディスプレイ、 セラミック風3Dカーブボディに顔認証機能、1300万画素+200万画素ダブルレンズAIカメラを搭載。チップセットにはHUAWEI Kirin 710と、バッテリー部分には3400mAh大容量バッテリーを搭載。 ※P20、ZenFone5とのスペック比較はこちら, Powered by FreeStyleWiki / FXテクニカル分析&業者比較Blog / 車中泊まとめWiki, よくある質問、FAQ(その他) / 基本事項 / よくある質問、FAQ(通信、通話、電波、メール関係) / 【常駐設定】(HUAWEI)アプリの通知が来ない!IP電話がプッシュ着信しない! / 既知の不具合 / よくある質問、FAQ(アプリ、ウィジェット関係) / よくある質問、FAQ(ハード関係) / よくある質問、FAQ(購入後最初にすることについて) / 対応ハード / FrontPage, novalite3 2019と微妙に大きさが違うので注意。また、背面のカメラ部分の形状が全く違います。(ケースを流用する場合に注意が必要), 「nova lite 3は、ソフトウェアによる仮想ジャイロをサポートしております」, https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite-3-plus/, https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite3/, https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova3/, ZenFone Max Pro (M2)、Zenfone Max (M2)との比較、違いはこちら, ZenFone Max Pro (M1) 、P20lite との比較、違いはこちら, https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite-3-plus/specs/, https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova-lite3/specs/, https://www.uqwimax.jp/mobile/products/sp/huawei_nova_lite3/, https://consumer.huawei.com/uk/phones/p-smart-2019/specs/, https://consumer.huawei.com/ua/phones/p-smart-2019/specs/, https://www.vmall.com/product/10086789934944.html, https://consumer.huawei.com/jp/phones/nova3/specs/, https://consumer.huawei.com/cn/phones/nova3/specs/, P10lite、P20lite、nova lite、、nova lite 2、nova lite 3、honor9、Mate8、AQUOS PHONE Xx 203SH(2013年3月発売のかなり古いやつ)、ZenFone5 ZE620KL、ZenFone4 ZE554KL、、ZenFone3 ZE520KL、、デジタル一眼レフ(Nikon D7200 + AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR)の12台で撮り比べてきました。, 純正以外にも、「ファーウェイ独自方式の高電圧急速充電(9V 2A)」に対応したACアダプター、モバイルバッテリーがいくつかあります。, Mate20lite、P30lite、novalite3、Zenfone Max Pro (M2) 比較, POT-LX2J(「P Smart 2019」と「nova lite 3」は同一筐体)(, P Smart 2019 3GB/64GBが249EUR(約32000円)、Honor 10 lite 4GB/64GBモデルが1399人民元(約23000円)(鬼コスパ), SIMフリー版は2019年2月1日発売。UQ版HWU35は2019年2月15日発売。, Android 8.1 / EMUI 8.2 ※2019/2/1にAndroid9.0アップデート配信, ※GPU Turbo対応。「伝説対決 -Arena of Valor-」「Vainglory 5V5」「モバイル・レジェンド:Bang Bang」「PUBG MOBILE」「Rules of Survival」の5タイトルで利用可能。※, 128GB ※日本版も128GB(実測でRead879MB/s、Write184MB/s出るので、eMMCではなくUFSと考えられる。 ), microSDXC card up to 256GB(SIM2スロットに入れる、SIMと排他利用), 日本版nova lite 3:155.2×73.4×7.95mm。P Smart 2019 : 155.2 x 73.4 x 8 mm 、Honor 10 lite : 154.8 x 73.6 x 7.95 mm 、※Honor 10 liteは少し大きさが違うので注意(また、背面のカメラ部分の形状が全く違います)(ケースを流用する場合に注意が必要), 日本版nova lite 3:160g、P Smart 2019 : 160g、Honor 10 lite : 162g, ※UQ版HWU35も、通信対応バンドはSIMフリー版と全く同じ(SIMロックも無し)。(, ○ 通信、通話、SMS OK。 ※なんと、DSDS状態にてFOMA SIMの利用が可能だったとの報告あり!(, ※公式には対応とも非対応とも発表されていないが、管理人がマイネオdプランSIMを入れたところ、, △※2020年8月現在、「接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線)」に非対応。(, Nano SIM+Nano SIM デュアルSIM ※SDカードはSIM2スロットで排他, なんと○  ※なんと、DSDS状態にてFOMA SIMの利用が可能だったとの報告あり!(, ○日本版もDSDS対応。DSDVにも対応! ※DSDS状態にしてもFOMA SIMの利用は不可という報告あり。(, 約6.21インチ、19.5:9、 TFT液晶ディスプレイ、2340 x 1080ピクセル, 6.21インチ、TFT LCD(IPS)液晶、FHD+ 1080x2340、ノッチあり, 前面もデュアルカメラ ■2400万画素(カラーセンサー) ■200万画素(深度測定用) F/2.0。インカメラでは、セルフィーにさまざまな効果を付加する「ARレンズ」機能も用意され、「3D Qmoji」では撮影者の顔の動物などのキャラクターに置き換えた上で、向きや表情の変化をリアルタイムに反映させることが可能, ○3D計測はできないものの、従来よりアルゴリズムを見直し、写真で解除されるといったことを防げるとしている。また、暗い環境でも、よりロック解除を利用しやすくなっている。, ○インカメラ付近に赤外線センサーを装備しており、暗い環境でも顔認証を行いやすくしている, 電子式(オンオフはできない)。AIを利用する手ぶれ補正「AIS」には非対応。光学手ブレ補正には非対応。, MHLは×非対応、有線での映像出力は非対応。miracastを利用して無線での映像出力のみ可能。, Huawei Histenサウンド効果を利用可能。音楽関連では、同じWi-Fiネットワーク上の最大8台でシンクロして音楽を再生できる「HUAWEI Party mode」をサポート。この際に、左右など7台の端末の場所を指定することで、サラウンド効果を得られる再生も可能になっている。, ○(実機はジャイロ対応しておりVR機能も使える)(ソフトウェアによる仮想ジャイロ), ○ nasne accessでのTV視聴、録画視聴が利用可能であることを管理人が実機で検証、確認しました。, 日本版はアイリスパープル、ブラックの2色。※さらに、gooSimseller限定カラーのレッド。中国版は藍楹紫、亮黒色、浅艾藍、桜草金, ACアダプタ / USBケーブル / 保護ケース / イヤフォンマイク / クイックスタートガイド.