-- Oracleのユーザーを作成する Sencha Ext JSというJavaScriptフレークワークで、表題の事象が起きました。ヘッダメニューでカラム選択をする際の細... 第9章の実績 gitコマンド(例えば「git svn fetch」)を実行すると、ずっと応答が返ってこないという事が起こりました。 org.springframework.context.MessageSource.getMessag... 事象 ... 私が思うWindows環境には必須の便利ツールをご紹介します。 画面を切り取り、付箋のように全面に出し続けてく... 曖昧なタイトルですが、使用しているSelenide/Spring Bootそれぞれのバージョンに依存する問題のため、組み合わせによって動かな... Dockerとは何か?を簡単にまとめました。これから始めてDockerを触る人向けにイメージをお伝えできればといったレベル感で書いています... Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), Sencha グリッドメニューヘッダでカラム選択のタイトルが”Actions”になってしまう, MessageSource.getMessage()でデフォルトメッセージの思わぬ挙動, Selenide × Spring Bootだと上手く動かない場合がある【バージョン依存】, Excelのブックの共有が完全に使えなくなった【Microsoft Office】, java.net.SocketException: Connection resetでハマった, 定常的に使用するセッション数よりも過小に設定されてたり、サーバの性能(特にメモリ)に余裕があるのであればセッション上限を増やす, アプリが異常終了してしまったことによる不要なセッションが大量に発生してしまったのが分かっていたり、取り急ぎアプリをDBアクセスしたい場合などはセッションを消す. ロールの付与には「GRANT~TO~」、取り消しには「REVOKE~TO~」を使います。... プロファイル(PROFILE)をユーザー(USER)に適用するSQL DROP USER {ユーザー} CASCADE; --Oracleの現在のセッション数とプロセス数を確認する CREATE (PUBLIC) DATABASE LINKはクライアントでもサーバーでもどちらで実行しても構いません。 -- Oracleユーザー削除SQL Oracleのジョブでスケジュール実行する Oracleのユーザーを作成するには、CREATE USERコマンドを使用します。 Oracleのロールはユーザー作成後でもユーザーにロールを付与することができます。 Oracleでセッション中のユーザーを参照する方法を解説します。セッション中のユーザーを確認するには「V$SESSION」を参照します。. ALTER USER {ユーザー... Oracleユーザー名の変更 SQL SELECT *... Oracleのユーザーを作成するCREATE USER DROP DATABASE LINK {データベースリンク} Oracleユーザー削除SQL Oracleのユーザーを削除するには「DROP USER~」を使います。 -- Oracleユーザー削除SQL DROP USER {ユーザー} CASCADE; 例1. Oracle では、専用サーバー構成の場合、サーバー上にはセッションごとにユーザー・プロセスが立ち上がります。これらのユーザー・プロセスは正常に切断されれば終… 背景 Oracleのロール(ROLE)をユーザーに付与するSQL nisioka. 本章では特段新しいこと... 事象 Oracleで特定のセッションを強制終了しようと ALTER SYSTEM KILL SESSION ‘xx,xxxxx’ IMMEDIATE を実行したのに、STATUS状態が KILLED のまま残り動き続けてしまうことが時々あります。 「よくあること」だそうですが。。。 そんな時は、OSの kill コマンドでセッションを強制終了させる方法が次の一手の … cookies.perm... Qiitaに記事を書きました。 Oracleのセッション数とプロセス数を確認するには、「V$RESOURCE_LIMIT」を参照します。 クラサバの場合、クライアントにはOracleクライアントが必須です。. 学べたこと ⑤TEST_DATABASE_LINK とします。 Oracleのバージョンは ・接続する側:Oracle 10g 10.2.0.4.0 ・接続される側:Oracle 10g 10.2.0.4.0 ともに同じバージョンを用意してます。 . OracleのデータベースリンクOracleは通常、接続先のデータベースを使います。eigyouユーザーでログインしたら、eigyouスキーマのテーブルやビューを使用します。しかし、場合によっては他のデータベースにアクセスしたい場合もありま ・DBリンクをアクセスするクライアント側にはソフトウェアは不要なのでしょうか?, >>CREATE (PUBLIC) DATABASE LINK データベース名 はどこで(DBのあるサーバ? それと もDBリンクを介してDBをアクセスするクライアント?)実行するのでしょうか? Oracle Databaseにおけるクライアント及びサーバのKeepAlive機能について説明します。クライアントがサーバからのエラーが受け取れず、ハングしてしまう場合などの回避に利用できる機能です。 KeepAlive(キープアライブ)について KeepAliveとは Oracleのユーザー名を変更するSQLは用意されていません。 Rapture … 例... Oracleでは別のOracleデータベースへアクセスしたい場合はデータベースリンクを使います, データベースリンクは「CREATE DATABASE LINK 」コマンドで作成する. Oracleのデータベースリンクを削除するには「DROP DATABASE LINK~」を使います。 例1. 第9章 発展的なログイン機構 を実施しました!実施時間: 1.5時間 Oracleのユーザーを削除するには「DROP USER~」を使います。 Oracleのプロファイルをユーザーに適用するには「ALTER USER~」を使用します。 --データベースリンクを削除 Oracleのストアドを実行する際、定期的にスケジューリングして実行したい場合があります。Windowsのタスクスケジュールのように。 DBインスタンスのダンプを取得して移行を行ったのですが、なぜか無効なオブジェクトがいくつか発生してDBが上手く動かなくなってしまった... Windowsサービスに登録されているアプリケーションのために環境変数を新規追加したり変更した場合には、マシンの再起動が必要です。サービス... 第12章の実績 >>DBリンクをアクセスするクライアント側にはソフトウェアは不要なのでしょうか? --プロファイルをユーザーに割り当てる 学べたこと Oracleは通常、接続先のデータベースを使います。eigyouユーザーでログインしたら、eigyouスキーマのテーブルやビューを使用します。, 例えば、営業の人が営業用データだけでなく、別の地区にある研究データにアクセスしたい時など。, 営業データベースに研究データベースへのリンクを作ることで、営業の人でも研究データを閲覧できるようにします。, データベースリンクは「CREATE DATABASE LINK~」で作成します。PUBLICをつけると別ユーザーからも使用可能となります。, ここでは、東京にあるeigyouサーバー(eigyouユーザー)から大阪にあるkenkyuサーバー(kenkyuユーザー)へデータベースリンクを作成します。, eigyouサーバーで上記SQLを実行します。ここでは「kenkyulink」という名前のデータベースリンクを作成しました。, 「USING」では接続文字列 を指定します。接続文字列とはtnsnames.oraに指定された接続文字列です。, よって、このcreate分の意味は「kenkyu-dataへkenkyuユーザー、パスワードpass1で接続するリンクを作ります」となります。, この「Create Database Link」を「eigyou」ユーザーで実行すると、外部のデータベース「kenkyu-data」へデータベースリンクができます。, これはデータベースリンク「kenkyulink」を使ってkenkyuスキーマのJIKKEN1テーブルを検索しています。, データベースリンクを使う場合はテーブルの後ろに「@データベースリンク名」と記述します。, ・CREATE (PUBLIC) DATABASE LINK データベース名 はどこで(DBのあるサーバ? それと もDBリンクを介してDBをアクセスするクライアント?)実行するのでしょうか? ユーザー名を変更するには、新しいユーザーを作成し、そこへIMPORT(インポート)とEXPORT(エクスポート)を使ってデータを移動させて... セッション数とプロセス数を確認するSQL ここでは、Oracle DBのセッションを強制終了する手順を説明します。強制終了しなければならない状況は色々とあるとは思いますが、以下のエラーが発生した場合なんかもそうかと思います。ORA-12516: TNS: リスナーは、一致するプロト 第12章 パスワードの再設定 を実施しました!実施時間: 1.5時間 CREATE USER {ユーザー} 強制終了しなければならない状況は色々とあるとは思いますが、以下のエラーが発生した場合なんかもそうかと思います。, ORA-12516: TNS: リスナーは、一致するプロトコル・スタックが使用可能なハンドラを検出できませんでした。, このエラーメッセージはかなりわかりにくいですね。意訳すると、「接続可能なリスナーが見つかりません」ぐらいでしょうか。基本的に処理が完了したら接続は開放されるのですが、異常終了した場合など、ゾンビ化して残り続けることがたまにあるようです(ただし1~2時間で切れるよう)。もし、頻発するようであれば切断処理に何かしらの問題があるやもしれません。, DBがどこにあるかによるので、以下のいづれかの方法でsqlplusにログインしてください。, database, ORA-12516, oracle, proceses, session IDENT... Oracleユーザー削除SQL 例えば、「毎週日曜の夜0時にAプロシージャを実行する... データベースリンクを削除するSQL