ョンのADRにあるトレース・ファイル内のオプティマイザ・トレース・イベント・データ, 現在のコンテナのADRにあるXMLベース・アラート・ログの内容. sqldeveloperではボタン一つでSQLの実行計画を取得することが出来ます。 実行ボタンの2つ右隣の「自動トレース」を押すことでSQLの実行計画が表示されます。 PL/SQLの作成 以前にPL/SQLとはなんぞ?ということについてブログで書いてみたけど、詳しい実装については触れていなかったので今回簡単な実装例を提示しておきます\(^o^)/, 上記の定義をSQL*Plus等で発行するとストアド・プロシージャの定義を作成することができます。, ちなみに「CREATE OR REPLACE」のOR REPLACEは、今定義してあるものがあれば上書きするよって意味なので上書きしたくないときは発行しないようしてください!, ※「SET SERVEROUTPUT ON」は、結果を表示するためのものなので、実行に必須ではありません。, 上記の定義をSQL*Plus等で発行するとストアド・ファンクションの定義を作成することができます。, ちなみにストアド・プロシージャと一緒で「CREATE OR REPLACE」のOR REPLACEは、今定義してあるものがあれば上書きするよって意味なので上書きしたくないときは発行しないようしてください!前の定義が消えちゃいます(´・ω・`), ストアド・ファンクションは「EXECUTE」コマンドから実行することができます。 ストアド・ファンクションは値を返すための変数を用意します\(^o^)/, こんな風にSQLの中で実行することもできます。今回は引数なしのファンクションを作成しましたが、ファンクション名()のカッコの中身は引数を与えます。\(^o^)/, ストアド・パッケージ本体の定義例です。現場ではストアド・パッケージ本体とかは呼ばずに「パッケージボディ」ということが多いと思います。間違いやすいのですが、パッケージ名は仕様部とパッケージ本体を同じにする必要があるので気をつけてください。, 上記の定義をSQL*Plus等で発行するとストアド・パッケージの定義を作成することができます。, ストアド・パッケージは「EXECUTE」コマンドから実行することができます。「.」のように呼び出す事ができます。. インストールおよび実行するには、以下の手順に従います。 クラウド・ダッシュボードへのアクセス、ご注文の管理など、さまざまな操作を行えます。, 以下のリンクを使用して、Oracle SQL Developer 1.5.5をダウンロードしてください。, インプレース・アップグレードは利用できません。 Oracle SQL Developer 1.5.5をインストールするには、ファイルをダウンロードして空のフォルダに解凍します。ファイルを解凍する際、「 Use folder names」チェック・ボックスを選択してください。必要であれば、Check for Update機能を使用して、サード・パーティ製データベースのドライバをインストールできます。, また、Oracle SQL Developer 1.2.1またはOracle SQL Developer 1.5.xの設定を移行できます。詳細については、 リリース・ノート1.5.5 を参照してください。, * 注:Oracle SQL Developer 1.5.5にはJDK1.5.0_06が同梱されていますが、1.5.0_06以降であれば、どのJDKでも接続および使用できます。また、Oracle SQL Developer 1.5.5は、 JDK 1.6(JDK 6.0)でも使用できます。この場合は、少なくとも JDK 1.6 Update 3以降のリリースが必要です。Oracle SQL Developerは、JDK 1.6 Update 1またはUpdate 2では 動作しません。既存のJDKを使用する際は、以下に記載されている"JDKがインストールされている"zipファイルをダウンロードしてください。, 注:最新のMySQLドライバ5.1ではなく、MySQLドライバ5.0.4を使用してください。, 動作保証の詳細については、Metalinkを参照してください。また、OTNのSQL Developerに関するページには、動作保証情報の サマリーがあります。, Oracle SQL Developer for Windows(このzipファイルにはJDKが 含まれていません) Oracleの場合、SQLを実行する際は SQL*Plus を利用します。 このSQL*Plusは実行時にSQLファイルを引数として渡すことができます。 つまり、 SQLファイルをバッチで作成し、作成したSQLファイルをSQL*Plusに渡してあげればよい わけです。 - sqldeveloper, * 注:Oracle SQL Developer 1.5.5には、JDK1.5.0_06が同梱されていますが、1.5.0_06以降であれば、どのJDKでも接続および使用できます。また、Oracle SQL Developer 1.5.5は、 JDK 1.6(JDK 6.0)でも使用できます。この場合は、少なくとも JDK 1.6 Update 3以降のリリースが必要です。Oracle SQL Developerは、JDK 1.6 Update 1またはUpdate 2では 動作しません。既存のJDKを使用する際は、上記に記載されている"JDKがインストールされている"zipファイルをダウンロードしてください。, また、Oracle SQL Developer 1.2.1またはOracle SQL Developer 1.5.xの設定を移行できます。詳細については、, 動作保証の詳細については、Metalinkを参照してください。また、OTNのSQL Developerに関するページには、動作保証情報の, - JDKがすでにインストールされていることを確認し、インストールされていない場合は, Oracle SQL Developer for Mac OS X platforms. 実行すると選択した行のSQL文の結果が返ってきます。 SQLの実行計画の取得.    - 上記のファイルをダウンロードします。 実行したsqlファイルを残しておきたかったり、シェル内の条件によって生成するsqlが変わってくる場合に使用。 行数が多くて、sqlファイルへのリダイレクト(「>>ファイル名」)を毎行書きたくないときはコマンドをグループ化する。 直近5分間に実行されたsqlを参照する. SQL Plusで外部ファイル(sqlファイル)を実行する方法SQL Plusで外部ファイル(SQLファイル)を実行する方法を解説します。SQLファイル作成まず、SQLの実行ファイルを2種類作成します。1つは単純なINSERT、もう1つはI