12月19日 12:07, [22] 2017年09月07日 22:33, [7] Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 12月18日 18:19, [16] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 上記に示したような摩耗判断してダメなものは部品交換をします。交換時にはVベルトの長さとプーリーの平行度について下記の点に注意してください。, Vベルトを数本掛けで使用している場合には注意があります。Vベルトは同じ型式でも長さにバラつきがあるので長さをそろえたVベルトを使用する必要があります。ですから、Vベルトを注文する場合に型式と下記のような指定をしてください。, プーリーの平行は直尺やストレートエッジなどをプーリーの側面に当てすき間を測定します。その時のすき間は【A=軸間距離×0.003】で計算し、計算結果以下の数値にすき間を調整してください。, Vベルトの張り具合はベルトのたわみ量で判断します。たわみ量は「Vベルトに決められた荷重を与えた時にどれくらいたわむのか?」です。, たわみ量は「スパン長さ100mmあたり1.6mm」が適正とされています。スパン長さは軸間距離と違いプーリーとVベルトの接触点間の距離と言う意味です。, Vベルトに与える荷重はVベルトの型式によって決められています。このような一覧表から荷重を調べます。, 測定した結果のたわみ量が「スパン長さ100mmあたり1.6mm」であるかどうか判断します。このたわみ量が規定値となるようにVベルトのテンション調整を行ってください。, 三ツ星ベルトからリリースされているアプリのスマートテンションです。こちらは、ベルトを指ではじいた時の音で判断します。だたし、難点がありましてスパン長さが550mmまでしか対応していない事です。自動車のベルトには対応できそうですが、産業機械のベルトには使える場面は少ないと思います。, いかがでしたでしょうか?Vベルト/プーリーの摩耗判断の基準とVベルトの張り(たるみ)の調整方法がお分かりいただけたでしょうか。, Vベルトの張り(たるみ)は手の感触で調整されている場面はよくありますが、「交換後に切れた」なんて事が起きないように適切な調整を行いましょう。, -組立ての技術, ベルト mixiユーザー 今回の交換に要した費用は6,000円ほど。全てアマゾンで調達した。PCX125はメンテナンス情報が多くて助かる。今回も多くのブログを参考にさせていただき、格安でメンテナンスを行うことができた。感謝。, ベルト交換の効果ははっきり言って何も感じられない。安心感を得られるだけと言っても過言ではない。取り外したベルトは、硬化してはいるものの大きな亀裂などは見当たらない。幅が21.5mmだったので多少の磨耗はあるようだ。最高速度にわずかな影響はあるかもしれないが、日々、最高速チャレンジをしている訳ではないため、評価のしようがない。, 一方、ウエイトローラーを15gから17gに交換した効果ははっきりと感じられた。ウエイトローラーを重くしたことで、明らかに回転数の上昇が抑えられ、走行時の音が静かになった。全体的にガサツな感じがせずスムーズになった印象だ。これまでより重いウエイトローラーの影響で低回転でシフトアップするため当然と言えば当然。, ただ、静かさ・スムーズさと引き換えに、発進時の加速感は明らかに抑えられ、ややのんびりした加速になった。「もっさり」と言えば的確か。これについては、日々シグナルグランプリに参戦している訳ではないため、ネガティブな印象はない。むしろ、これまでは軽いウエイトローラーで高回転域を常用していたからか、クラッチジャダーが酷く心地良くなかった。ウエイトローラーの交換と直接の関係があるかどうか分からないが、交換後はクラッチジャダーも改善され、大人の乗り物になったようで好印象だ。, ドライブベルト・ウエイトローラーの交換から1ヵ月近くが経ち給油をしたので、記録をしておく。, 今回の燃費記録は44.1km/l となった。ここ最近は、何とか40kmに届くかどうか(プラグ交換前)という感じだったので、「劇的に!」とは言えないものの、やはり燃費は少し改善されているようだ。最近は、180kmを超えたあたりで給油ランプが点滅を開始していたが、今回は200kmを超えるまで給油ランプが点滅せず購入直後の様子に近い印象だった。PCX125を購入してから1年半ほど給油記録をとっていたので、確認してみたところ5,000km弱を走る間(22回)の燃費は平均47.0km/l となっており、それに比べると44.1km/l というのは見劣りする結果ではあるが、今回の給油期間では子どもの塾や学校の送迎でタンデムをする機会が何度かあったことは燃費悪化の要因だと思う。こうした特殊事情がなければ、夏場のうちに、もう少し良い結果を得られるのではないかと期待している。, 初めて自身で駆動系に手を入れたのだが、思っていた以上に簡単で、今後も気軽にカスタムできるとの自信を深めることができた。それにしても、スクーターの駆動系って本当によく出来ている。また、構造を理解することで何をどう変えたら走りがどう変わるか?と言ったことがイメージできるようになり、PCX125への愛着とカスタム欲が湧いてきた。. mixiユーザー Copyright © 2018 日々のつぶやき All Rights Reserved. 12月18日 17:49, [12] 12月19日 19:02, [25] mixiユーザー 01月05日 18:52, [42] mixiユーザー 12月19日 13:10, [24] 02月09日 17:06, [44] ドライブプーリーには、ウエイトローラーやスライドピースが収まっている。私がドライブプーリーを取り外す際に、迂闊にもドライブプーリーからウエイトローラーが転がり出てしまった。一般的に、ウエイトローラーは指定された方向で収める必要があるので、ここは慎重に作業を行って、前例に従いたいところだ。もちろん、各種情報に従えば正常復帰は難しくないけれど。, 【作業の難易度】 PCXを通勤(片道35㎞)に使っており、 現在(12000km)まで、問題なく走行しております。 さて、原付のスクーターと言えば、1万km程度で Vベルトとプーリー、ウェイトローラーの交換 というイメージがあるのですが、 PCXの場合はどうなのでしょうか? Copyright (C) 1999-2020 mixi, Inc. All rights reserved. pcx 開発陣の方々 ... 僕の知る限り 『vベルト切れ ... ラベル: pcx 駆動系(その他) 8 件のコメント: 紫川 2011年1月17日 22:52. 11月09日 23:49, [11] 12月18日 18:16, [14] 04月02日 18:59. !J.COSTAレポート楽しみにしてます!, > 柴川さんあくまで減速比の話です、4速より5速の方が速度伸びるよね~、的な。リミッターのお仕事には何の変化もないですよ。> Mp-MaxさんJ.COSTAはあえて実物見る前の妄想を書いてみたかっただけなので、実物見れば減速比に関する妄想はサクッと解決しちゃいます。それまでの、妄想遊びということで。(^_^;)外側のフェイスは純正利用みたいなので、必然的にその外径が限界でしょうね。外周を目いっぱい使い切る設計に期待です。KN企画さん妄想は、ドリブン側も開発しちゃうぜ、みたいな話も追加しちゃいましょ~(笑)> TRUEさんどんなにギア比をロングに持っていけても、回せなきゃ意味ないですもんね。僕もモアパワーが喉から手が出る程ホスィ・・・(-_-)> ソムタムさん変速域は魔物ですので、折り合いが大切っすね。とりあえずギア比のレンジが本当に広いのかをまず見てみます。(って、買う前提?(^^ゞ), > Mp-Maxさん書き忘れた。先日チャーンさんが紹介していた性能曲線、真偽は別として多分、実速ですよ。本当なら結構低いギア比まで移行しているということですから、、、大きいかもですよ?( ̄ー ̄)ニヤリ, > ホベルトさんそういえば、PCX150って、正式に発売発表されたんですか?真面目に調べていないので、良くわかっていないのですが・・・(^^ゞ, Vマチックの構造がうんたらかんたら・・・という解説は、ググればいくらでも出てきますので、ここでは省略させていただきますが、じゃあ、PCXはどうなのよ、という固有の話を少々。, 過去に設置していたメッセージフォーム、エラーは出ないけど機能していない事が判明。過去に投入した経験のある方、無視していた訳ではなく送信されていませんでした。大変申し訳ありませんでした。, 純正WR18gでも、15gでも、12gでも、到達する最高速度(回転数も同じ)はまったく同じ, ● 常識的な変速設定で、もっと大きいプーリーも押し出しきれる(もっとワイドレンジにできる), ● ドライブ側はもう少し落とし込めるから、稼動範囲拡げらる(変速設定アレンジしやすい). mixiユーザー PCX ドライブベルト切れ ‼ ドライブベルト切れによって、走行中急にエンジンストップ‼ レッカー搬送されて、ご入庫されました。 事故や転倒の等のトラブルは無く、ひとまずは良かったです。 ベルトケースを開けてみると・・・ -ベルト, Vベルト, テンション調整, 購入品. ベルト交換はとても 重要 です。 いつも重要と言っていますが、通勤の足のpcxにあまりお金をかけたくないので、長く大切に乗るための必要最低限のメンテナンスをしているからです。 mixiユーザー 先日、久しぶりに洗車をして愛着の増したpcx125(jf28)。7年も乗ったしpcxハイブリッドにでも買い替えようかと考えていたけど、改めて考えると大枚を叩くほどの不満はない。機関良好で燃費も悪くない。荷物も載るし往復15km程度のコミューターとしては申し分ない。 12月18日 23:21, [20] 上記2.のインナーカバー取り外しの際に、深い箇所に取り付けられた8mmのナットを脱着するのだが、私は工具が足りず、ホームセンターへ走った。また、ドライブフェイスやクラッチを取り外す際には22mmのナットを脱着する必要があり、そんな大きなレンチは工具箱にはなく焦った。偶然、倉庫にあったタイヤ交換用の十字レンチで対応できたが、一連の作業で必要な工具を予めきちんと準備する必要があると感じた。, 【ドライブプーリーの取り外しは慎重に】 J.COSTAは単純に最高速は上げる能力は持ってるんですね~^^自分も常々PCXの余力残してる感は感じています。坂道等上りでリミッター効いてるんですけど、まだエンジンは余裕そうなんです。でもJ.COSTAに変えたらもう少し押し出してベルトが上がった分最高速が伸びるんですかね?実際その状況でリミッターは仕事しないんでしょうか?疑問ですwwちょっと意味不明なコメントですいませんmm, この手の話は、自分は理論より直感派なんですけど(^^;わかたくさんがショートボスを入れて、116キロと言ってたのを考えると、j.costaは それほど大きいプーリーではないのではないかと思います。フェイス面の角度は、Vベルト角度・ドリブン面角度との兼ね合いで、そう変えられないと思ってしまいます。おのずと最大径も決まってくるのかと思っちゃったりして(^^;でも、数ミリで大きく変わる世界ですからね。買って見ればハッキリしますね。うん、買っちゃうんだろうな(笑), わかたくさんのレポートによる余力を見ると、やはり基本設計段階でPCX150を考慮してた様に思えて仕方ないです><純正流用のボアアップが出来れば最高なんですが・・・でも燃調の事などを考えるとエンデュランスのキットの方が安く上がりそうですし・・・^^;もう少しパワー&トルクが欲しい今日この頃です・・・, スクーターは駆動系を考えてるときは一番難しいですね。で、深みに嵌るとどんどん落ちていく>全然逆にセットする>ワケ分からなくなる>そして再度リセット>以下繰り返し。でも、何回か繰り返して試行錯誤すると自分なりにベストなセットが出る。でも、それがベストなのか他のバイクより速くても答えはまだ分からない(笑)でもスクーターのそんなとこが(・∀・)イイ! pcxの駆動系には消耗品が含まれてます。交換してリフレッシュしよう。いつ頃交換するのがいいのか?ついでにカスタムすることも出来るのか?そんな疑問をスッキリさせます。駆動系メンテは初心者でも手順を知ってから行えば不可能ではない。 先日、久しぶりに洗車をして愛着の増したPCX125(JF28)。7年も乗ったしPCXハイブリッドにでも買い替えようかと考えていたけど、改めて考えると大枚を叩くほどの不満はない。機関良好で燃費も悪くない。荷物も載るし往復15km程度のコミューターとしては申し分ない。, 強いて不満を挙げれば、フロントブレーキのタッチが悪い点と、フロントグリルが少しだけ浮いている点くらいだ。, フロントブレーキのタッチは、ブレーキレバーを外してグリスを塗ることであっさり解消。ヌルヌルしたタッチが復活した。フロントグリルの浮きは、以前、DIYで外装一式を交換した際に爪を折ってしまっていたことが原因だったため、Amazonで↓のパーツを購入し、これもあっさりと解消した。, こうして、簡単な作業で不満点がひとつずつ解消されると、何だかんだで愛着が湧き、長く乗り続けるために必要なメンテナンスをしたくなる。走行距離20,000kmを超えた今、必要なメンテナンスはこれしかない!, 一般的にスクーターのドライブベルトは20,000kmごとの交換が推奨されているが、つい先日、我が愛車は20,000kmを超えたばかり。すぐに切れたりすることはないだろうし、交換の効果は感じられないだろうと思いつつも、ついに駆動系のメンテナンスに着手するとなればワクワクする。駆動系をいじるのなら変化(効果)を体感したく、ついでにウエイトローラーの交換もすることにした。, 以前、走行距離が10,000kmに満たないくらいの頃、PCX125の持病とも言われるクラッチ部分のベアリング破損が生じ交換したことがある。その時は迷った挙句、駆動系に手を入れる自信が持てずナップスに作業を依頼したのだが、その時、トルクカムを社外品(キタコ製)に、ウエイトローラーを15g(純正は18g)に交換した。当時の記憶では、若干キビキビと走るようになった印象はあるものの、最も印象的だったのは「騒々しくなった」こと。正直、お金をかけたほどの満足は得られなかった。分かっていたこととは言え、燃費が悪化したのも残念だった。 今回、純正時に近いスムーズ&ジェントルな乗り味と低燃費への回帰を試みるべく、ウエイトローラーは純正比マイナス1gとなる17gを選んでみた。, 交換手順は、他に多数のブログで公開されているので、詳細には触れないが、初めてやってみた気づきを何点かご紹介する。, 【最低限の工具が必要】 ‚ɂ‚¢‚āx‚̃Nƒ`ƒRƒ~ŒfŽ¦”Â, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. vベルト/プーリーの摩耗判断の基準とvベルトの張り(たるみ)の調整方法がお分かりいただけたでしょうか。 Vベルトの張り(たるみ)は手の感触で調整されている場面はよくありますが、「交換後に切れた」なんて事が起きないように適切な調整を行いましょう。 目次ピアノ線とは組立における目的使用する場面メリットとデメリットメリットデメリットピアノ線を設定する方法例簡易的治具長距 ... 目次パスラインとはフロアレベルとは矛盾点どうするべきか考え方据付まとめ パスラインとは パスライン(以下PL)とは ”ワ ... 目次ゴムホースとはゴムホースの切断方法塩ビカッターで切断するゴムホース用のホースカッターまとめ ゴムホースとは ゴムホー ... 今回は「緩まないねじ」や「なめやすいねじ」を緩める方法の記事です。 ねじは機械組立だけでなくあらゆる分野で ... 目次セットピースとは使用する状況目的材質ねじ山に部品を固定するセットピースの問題1.セットピースを使用してねじを締め付け ... 今回は「クラウンローラーの特性」についての記事です。 クラウンローラーは蛇行/片寄り防止のために有効なプー ... 目次レベリングブロックとは必要な場面使用の基本とポイント使用例case1 現場改造用のユニットを組立てるcase2 定盤 ... 今回は「墨打ち作業を確実におこなう方法/考え方と心得」についての記事です。 墨打ちは非常に重要な作業である ... 目次芯とはなにか芯が必要な場面芯を罫書く/私のやり方芯を罫書く場面仮の芯を設定する仮の芯の正しさと修正芯を罫書くまとめ ... 今回は【「段差加工(段付き/平面の当て止め)」と「ピン」の位置決めを試して分かったこと】についての記事です ... 目次 芯の罫書 芯を罫書時の心得 芯の罫書で起きる失敗と確認方法 芯のピッチ 測定器の選定と複数の測定方法 繰り返し測定 ... 当ブログは、機械装置に関する情報を実体験をもとに記事にしています。最前線で実務をこなすからこそ価値があると思っています。, 目標設定をしてチャレンジする。達成する事が好き。安定ではなく変化が好きで常に最善を考える。逆境の時こそ燃える。, 当ブロブで企業とフリーランスの紹介を記事にします。興味がある方はこちらをご覧ください。クリック!!.