・アイコン非表示にするとステータスバーにが表示されなくなります。, 2.「マッシュルーム対応アプリを探す」をタップ ( ログアウト /  !CPUグリス塗替え方法, 【TOSHIBA DynaBook AZ15/TW】楽々簡単! マーケットに飛ぶのでお好みのプラグイン(アドオン)を選んでいきます。 POBox Touch 6.3.A.0.8をXperia以外の機種でも使えるようにapk化したものはないでしょうか。 Z Ultraで重宝しています。 もし、なければ作成してもらえると助かります。 外部アプリケーションはソニエリサイトのここに書かれていますんで、このページと合わせて見てみてください。, ■準備するもの !Galaxy Note20 Ultra 5GやXperia 5 II、ついに発売!! コメントありがとうございます。表記おかしかったですね。ご指摘ありがとうございました。修正しましたのでご確認下さいませ。m(_ _)m, WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 !ドコモやauでもGalaxy Note20 Ultra発売へ!【au発売中】, 【ドコモ】シェアパック回線から5Gへの契約変更前に、シェアパックの解約をしておこう. ・マッシュドアー アプリ だけっすw (Xperiaから直接DL), ■設定方法 !HDD→SSD交換&クローン作成方法, 【TOSHIBA DynaBook AZ15/TW】液晶パネルのケーブルが断線! 楽天モバイル、契約事務手数料やMNP転出手数料を0円に!eKYC導入でネットで即時開通を実現!, 端末にプリインストールされたメーカー純正キーボードがそのまま使えるって、地味にすごい, 一応、POBox Touchであれば、他社製のスマホにインストールできる方法はある. Xperiaの日本語入力アプリ「POBox Plus」が設定方法や使い方を解説します。Xperiaの日本語入力アプリのPOBox Plusは、設定方法や使い方、キーボード設定は簡単です。この記事を参考にPOBox Plusの使い方を知っていただけたら幸いです。, POBox Plusアプリとは、Xperiaのシリーズに搭載されている日本語文字の入力アプリケーションです。このアプリケーションはXperiawp代表するツールで、キーボードの設定や、スムーズに日本語の文字入力ができる仕組みになっています。このPOBox Plusアプリケーションの機能は、入力アシスト機能の予測変換と、インターフェースのわかりやすさが特徴的です。Xperiaをはじめ、Androidのスマートフォンは多くの文字入力アプリケーションをダウンロード、インストールできることで有名です。, 日本語文字入力アプリケーションも、Xperiaに特化したアプリケーションや、Android全般で利用できるものと、幅広くあります。Androidに最初から搭載されている文字のキーボードを変更するのは、設定が複雑なので、注意が必要です。しかし、多くのAndroidユーザが自分のおい気に入りの日本語入力文字に変更しているので、便利です。また、日本語の文字入力アプリケーションには、辞書の機能など、わからない日本語に対して辞書で対応してくれるので、おすすめです。, Xperiaの日本語入力アプリケーションにPOBox Plusがあります。この日本語の文字入力アプリケーションは、Xperiaに特化したアプリケーションで、他のAndroidスマートフォンでは使えません。日本語の文字入力アプリケーションでは、Android全般に対応しているツールや、機種に特化しているものと、キーボードが異なります。Xperiaの日本語入力アプリケーションにPOBox Plusは、入力の際のアシスタント機能が便利で、予測変換を正確に対応してくれます。, また、キーボードのインターフェースもわかりやすいので、Xperiaユーザーには、おすすめの日本語入力アプリケーションです。設定の仕方は少し複雑で、どのAndroidのスマートフォンでも、文字入力のキーボードのデザインを変更できる仕組みになっています。Androidの標準のキーボードデザインが嫌というユーザーの多くは、Xperiaの日本語入力アプリケーションにPOBox Plusをはじめ、多くのアプリケーションに変更しています。, また、既存の日本語入力キーボードよりもPOBox Plusなどの機種に特化したキーボードの方が使いやすいというメリットもあります。, 文字入力アプリをPOBox Plusに変更する方法は簡単です。主な設定内容は、POBox Plusを標準キーボードに設定する方法、文字入力中にキーボードをPOBox Plusに変更する方法の2つです。POBox Plusを標準キーボードに設定する方法はXperiaだけでなく、文字入力キーボードを変更したいAndroidユーザーにも便利です。はじめに、Android端末の設定を開きます。次に、メニューからシステムという項目を選択し、言語と入力をタップします。, この言語と入力は表示する言語や、入力の方法、キーボードなどの設定ができます。言語と入力を選択したら、画面上のキーボードをタップします。このキーボードの設定からキーボードの管理をタップして自分の変更したい、文字入力アプリケーションに変更できます。この操作方法は、全Androidユーザーで共通の設定方法です。文字入力中にキーボードをPOBox Plusに変更する方法もあります。, 通常は、Android端末の設定からキーボードの変更をしますが、キーボードで文字の入力中でも変更できます。AndroidのXperiaで文字の入力中にキーボードの切り替えボタンを選択します。この操作は、キーボードの端にある、切り替えボタンを選択することで、POBox Plusに切り替えができます。しかし、POBox Plusを事前にダウンロード、インストールしてあることが必須です。切り替え時にいくつか、文字の切り替えスタイルが表示されるので、注意しながら切り替えが必要です。, POBox Plusを標準キーボードに設定する方法は、Android端末と、Xperiaで同じ操作になります。Android端末の設定を開き、システムを選択します。次に、言語と入力をタップして画面上のキーボードを選択します。キーボードの管理を選択したら、自分の使用したいキーボードのアプリケーションを選択します。今回はPOBox Plusをあらかじめ、ダウンロード、インストールしている設定なので、POBox Plusを選択して日本語文字入力中ツールを変更します。, POBox Plusは辞書機能が搭載されているので、スムーズな文字変換をしてくれます。, 文字入力中にキーボードをPOBox Plusに変更する方法は簡単です。これは、Android、Xperiaの両方で使える機能で、日本語の入力キーボードを切り替えするボタンで、自分の使うキーボードを変更します。そのため、最初はAndroidの標準のキーボードでも、切り替えボタンを選択することで、ダウンロード、インストールしたPOBox Plusツールに変更できます。POBox Plusツールは便利で、標準のAndroidキーボードよりも辞書などの機能に特化しているので、スムーズな変換ができます。, POBox Plusの項目別設定方法基本設定には、キーボードと入力の操作や表示の設定方法バイブレーションや音の設定もできます。これらの設定は、POBox Plusを使うには、基本であり、重要です。テンキーの入力操作やテンキーにフリック感度の調整もできるので、おすすめです。キーのサイズやテンキーの表示の仕方も自分の好みの設定に変更できるのもポイントです。, バイブレーションとは、キーを操作している時のバイブレーションの強さや音のボリュームなど細かいところまで、調整ができるのがポイントです。, キーボードと入力操作については、いくつかの設定方法があります。テンキーの入力操作の設定方法とテンキーのフリック感度の設定方法の2つです。テンキーの入力操作の設定は簡単で、トグル、フリックとトグル、フリックのみの3つのパターンから選択ができます。このテンキーの設定は、自分の好きなように、テンキーの入力設定ができるので、おすすめです。フリックの感度も3段階の設定から変更ができます。段階は、低、中、高の3つです。, これはフリックの感度が高すぎて、気になる人や、感度が低くて気になる人と、さまざまです。安心設定も便利です。この安心設定は、テンキー操作に慣れていない人向けの設定方法で、自分のテンキーの感度などに興味がない方には、安心設定がおすすめです。, テンキーの入力操作の設定方法は簡単です。この設定は、3つのパターンで設定ができます。トグル、フリックとトグル、フリックの3つがあり、自分の好きな設定に変更できます。また、テンキーを上手に扱うことで、スムーズに操作ができます。, テンキーのフリック感度の設定方法は簡単です。感度は3つのパターンがあり、段階は、低、中、高の3段階あります。そのため、自分が操作をしていて違和感を感じない設定がおすすめです。フリック感度をあまり感じたくない人は低という感度もあるので、そちらがおすすめです。, 安心設定の方法は、そこまでテンキーにこだわりが無い人におすすめです。安心設定を使うと自動でフリックの感度や入力の設定までしてくれるので、便利です。自分で設定するのが不安だったり、決めきれないユーザーにはおすすめの設定方法です。, POBox Plusの表示設定もさまざまです。キーの文字サイズの設定方法、テンキーすっきり表示の設定方法、候補行数(縦画面)の設定方法、候補行数(横画面)の設定方法、候補タブ表示の設定方法、キーポップアップの設定方法、フルスクリーンモードの設定方法、アニメーションの設定方法があります。どの設定もPOBox Plusのおすすめの機能で、人気です。, キーの文字サイズの設定方法によって自分の好みの文字サイズに変更できます。このキーの、文字サイズも3つのサイズから選択ができ、小、大、システムの連動の3つがあります。システムの連動とは、画面のサイズにあわせて表示をしてくれる便利な機能です。, テンキーすっきり表示の設定方法はキーのアシストの表示を消すことで、無駄な部分を無くして、すっきりさせる方法です。入力に慣れている人や、キーボードを使って入力する人にはおすすめの機能です。他にも文字が多くて見にくいという方にもおすすめです。, 候補行数(縦画面)の設定方法は、便利です。POBox Plusの変換の候補の行数の設定ができて、3段階の選択パターンがあります。, 候補行数(横画面)の設定方法もまた簡単です。POBox Plusの変換の候補の行数の設定ができて、3段階の選択パターンがあります。この場合は、横の画面で入力した場合です。, 候補タブ表示の設定方法も簡単です。この候補の表示は、POBox Plusではよく利用するツールで、種別タブを表示することで、効率が上がります。この候補タブの表示は、オンとオフで設定できます。, キーポップアップの設定方法もシンプルで簡単です。自分で押したキーの拡大、縮小、フリックのガイド表示などの設定ができます。この機能は慣れるまで時間がかかるため、邪魔に感じる場合は、オフにできます。, フルスクリーンモードの設定方法もシンプルです。基本横画面でのフルスクリーンモードが特徴的で、フルスクリーンの表示のオンとオフの設定ができます。, アニメーションの設定方法も簡単です。オンとオフの設定ができるのと、画面変化のタイミングで表示させます。これもPOBox Plusのおすすめツールです。, POBox Plusでは、操作時の音とバイブレーションも変更できます。キー操作音の設定方法、キー操作バイブレーションの設定方法、バイブレーションの強さの設定方法の3つがあります。キー操作音の設定方法はONとOFF、システム連動の3つのパターンで設定ができます。このシステム連動は、操作の音がなってほしくない時に便利です。キー操作バイブレーションの設定方法もONとOFF、システム連動の3つの選択から選んで設定します。, これもシステム連動に設定しておくことで、バイブでの問題を解決します。バイブレーションの強さの設定方法もあります。この設定は、スライドでバイブレーションの強度を変更できます。スライドのバイブレーションは自分の好きな強度に変更できるので、おすすめです。, キー操作音の設定方法は、POBox Plusでは定番の設定です。スマートフォンでタイピングをしている人は、このキーの操作音に敏感な人も多くいます。操作音が気になるという方には、この設定でONとOFF、システム連動の3パターンかから選べるので、自分の好みの設定を見つけることができます。, キー操作バイブレーションの設定方法も簡単に設定ができます。ONとOFF、システム連動の3つのパターンで設定ができるのと、バイブレーションが気になる人も多くいます。このキー操作バイブレーションの設定で自分の好みのバイブレーションの感度を見つけられます。, バイブレーションの強さの設定方法もスライドでバイブレーションの強度を変更できます。バイブレーションが嫌いというユーザーも多くいるので、自分好みの設定に変更できます。, POBox Plusの項目別設定方法は多くあります。入力アシスタントや辞書、学習などさまざまなシーンで利用ができます。どの項目も設定するには必要な知識です。入力アシスタントは主に、日本語や英語などの自動補正の機能が搭載されているので、自分の入力にミスがあってもすこしだけ、自動で修正をしてくれます。辞書と学習機能は、ユーザー辞書の機能があり、自分が頻繁に扱うワードを表示してくれるなど、辞書のような役割のある機能です。, 入力アシスタントには、日本語入力の自動補整設定方法、英語入力ミスの自動補整設定方法、大文字変換の自動補正設定方法、自動スペース入力の自動補正設定方法、手書き入力設定方法(2017年9月までの機種に搭載)、入力モード(文字種モードキー)の設定方法などがあります。日本語の入力アシスタントは、自分が入力のミスをした際に、自動でミスを修正してくれる機能です。また、日本語だけでなく、英語も修正をしてくれるので、無駄な時間がかかりません。, 大文字変換の自動補正設定方法とは、英語の入力の際に、自動で、頭の文字を大文字の英語にしいてくれる機能です。自動スペース入力の自動補正設定方法は、英語で文章を作成する際に、自動でスペースを作ってくれて、毎回スペースを入力しなくてもすむ機能です。手書き入力設定方法とは、文字を右端まで入力していくと、自動で左にスクロールしてくれる機能です。入力モードとは、3トグルか2トグルに設定を変更してくれる機能で、フリックに変化がみられます。, 日本語入力の自動補整設定方法とは、自動で日本語のミスを修正してくれる機能で、入力してミスをしても自動で修正してくれます。, 英語入力ミスの自動補整設定方法も日本語の設定と同じで、英語の単語を間違えて入力しても自動で、修正してくれる機能です。そのため、小さいミスでも自動で修正してくれます。, 大文字変換の自動補正設定方法とは、英語などの文の頭文字が大文字でなければいけない場合に、自動で頭文字を大文字にしてくれる機能です。そのため、毎回自分で大文字にしなくても自動でしてくれるので、便利なツールです。, 自動スペース入力の自動補正設定方法とは、自動で、スペースを作って文章を作成してくれる機能です。この機能により毎回スペースキーを入力しなくてもすみます。, 手書き入力設定方法(2017年9月までの機種に搭載)とは、文を右端まで入力すると、端までたどり着いた時に、自動で左端にスクロールしてくれる機能です。, 入力モード(文字種モードキー)の設定方法は3トグルと2rトグルの2つのパターンがあり、自分が使いやすいツールを選べます。, 辞書と学習とは、便利なツールで、設定に、ユーザー辞書の設定方法、バックアップの設定方法、復元の仕方、学習辞書リセットの仕方などがあります。ユーザー辞書の設定方法とは、自分が利用した辞書になっており、編集もできます。バックアップの設定とは、自分の過去の履歴をバックアップしてデータに残しておく方法です。復元の仕方も覚えておく必要があり、自分のデータを復元できます。, 学習辞書のリセットとは、自分が学んだ内容を一度リセットするツールで最初から辞書を組み直すことができます。, ユーザー辞書の設定方法は簡単で、自分が過去に利用したワードなどが集まっているツールです。, POBox Plusの使い方はシンプルです。ツール一覧の表示方法、テンキーとPCキーボードの切り替え方、文字種ごとにキーボードを設定する方法、辞書と学習の使い方、自分好みのキーボードにキセカエする方法、外部の連帯アプリを追加して使う方法などの使い方があります。, ツール一覧の表示方法は、シンプルです。キーレイアウトなどの変更の上にツールの一覧が表示されます。自分が設定したいツールを選択して設定画面などに変更されます。, テンキーとPCキーボードの切り替え方は簡単で、キーボード上部のキーボードアイコンを選択して切り替えができます。, 文字種ごとにキーボードを設定する方法は簡単です。これもキーレイアウトを選択して、自分の好みのキーレイアウトを選択します。すると、設定が反映されています。, 辞書と学習の使い方もさまざまです。辞書と学習を開く方法、学習辞書をリセットする方法、学習機能をオフにする方法、変換候補をユーザー辞書に追加する方法、ユーザー辞書に追加した変換候補を削除する方法などがあります。辞書と学習とは、キーボードの入力中にサポートしてくれる機能で、便利です。学習辞書をリセットする方法も便利で、自分が過去に利用して、学習させたデータの利用をオフにします。, 学習機能をオフにする方法も設定から変更ができ、この設定で新しく学習機能をオンにすると、使えるようになります。変換候補をユーザー辞書に追加する方法はユーザー辞書のツールから自分で追加ができます。, 学習機能をオフにする方法は便利で、キーレイアウトから簡単に設定ができます。この学習機能をオフにすれば、データとして残らないので、自分で設定ができます。, 変換候補をユーザー辞書に追加する方法は、キーレイアウトのユーザー辞書のツールで、追加ができます。これを追加することで、便利に辞書の機能を使いこなせます。, 自分好みのキーボードにキセカエする方法も簡単で、キーボードメニューの設定からキセカエを選択して自分の好きなデザインに変更できます。, 外部の連帯アプリを追加して使う方法は、プラグインの拡張機能を利用することで、他のアプリケーションと一緒に利用できます。, Xperiaの日本語入力アプリPOBox Plusを便利に活用するのは、簡単です。Xperiaには、POBox Plusという特別なツールがあり、キーボードの操作を便利にします。また、辞書の利用や、感度の設定など自分の使いやすいようにカスタマイズができ、便利です。この記事を参考にXperiaの日本語入力アプリPOBox Plusの使い方を知っていただけたら幸いです。.