Copyright ©ニッチにスマホゲーブログ All rights reserved. ※勝手にツイートすることはありません。, ({{page.count}} {{page.count > 1 ? PS5ではロード時間が大幅に短縮され、PS4 Proで8.10秒だったものが、PS5では0.83秒という速さに圧縮されるようです。, これにより、ゲームの容量自体も相当なボリュームになってしまうのでは、と思われがちですが、PS5ではゲームインストール時に「部分的にデータをインストール」するだけでプレイ可能になるようです。, プレイステーション5では、超高速アクセスが可能なカスタムSSDが搭載されています。, データの読み書きを行う記憶装置です。 光の反射の表現を美しく見せることが可能です。, たとえば、雨に濡れた路面の照り返しや、金属面の写り込みなど、実写のような緻密な光の表現が可能です。 現状でも性能はミドルレンジ並みなので、その差は既に開きつつあります。, 数年前まで、ゲーミングPCの最低条件はどのゲームでも60fpsが出せることでした。 ここにきてGPUの世代も代わり、その傾向もどんどん加速してきています。 また、現在人気のApex LegendsやFortnite、PUBGなどのバトロワを中心に、競技系のゲームでは特にフレームレートが重要になりますので、144Hz以上を求める人もどんどん増えてくるでしょう。 つまり性能も半分ということです。 いずれにせよ、グラフィックを追求するのであればPS5を選択することは難しいでしょう。, PS5の性能については詳しく解説してきましたが、同時期に発表されている「Xbox Series X|S」と比較するとどうでしょうか。 エノタカ(@enotakagame)です。先日、PS5のスペックが発売元のソニーから発表され、明らかになりました。これまでのPS4に比べると性能が良くなることはわかると思いますが、実際、どれくらいの違いがあるのか、PS4本体や、2020年末 性能的に対応が厳しいのか、開発コストの問題かまでははっきりしていませんが、もし実装出来ても4K+レイトレーシングでは30fpsまで、なんてことになりかねません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); glim1919さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog RTX2080の性能は、現在発表されている最新シリーズの最下位モデルにすら全く歯が立たないレベルの性能です。 対してRTX2080は10.0TFLOPSとなっており、確かにこの数値を見るとRTX2080相当と言えます。, しかし、実際には「FLOPS」の値を単純比較することは出来ません。 ps5の心臓部には液体金属を採用! 冷却機構が分解動画で明らかに ソニー・インタラクティブエンタテインメントが10月7日に公開したプレイステーション 5の分解動画において、ps5の性能を支える冷却系の仕組みが明らかにされた。 9: 名無しさん 2020/03/20(金) 23:52:12.19 ID:G46d+Ssr0. しかし、価格は$299とぶっちぎりで安いです。 その上消費電力も少ないため、PS4よりも電力消費を抑えられると思われます。, プレイステーション5では、ゲーム映像で最大「8K解像度」までの出力が可能で、 その情報を見て、PS5はすごいんだ、と思った方も多いと思います。 FLOPSの数値もRX 6800 XTは20.74TFLOPSとPS5のほぼ2倍の数字となっていますね。 ゲームの開発者からもXboxと比較してPS5の性能を疑問視する声も上がっていて、両者間で大きな差が出来てしまっていることは明白でしょう。 同じ設計のGPU同士でこの数値を比較することは出来ても、設計が全く異なるGPU同士で比較することにあまり意味はありません。, そして、AMD製のGPUで10TFLOPSに近い数値のGPUにRX 5700 XTがありますが、このGPUの実際のゲーム性能はRTX2070~RTX2070Superあたりになり、RTX2080より下のグレードのGPUになります。, RTX2080は世代が変わるまではハイエンドGPUの部類でした。 まるでリアル(現実世界)での体験をしているかのような錯覚になるほどの没入感。その上、SSDでPS4の10倍速の処理ができます。, PS5のコントローラーは、従来までの「DualShock」から名称が代わり「DualSense」という名前になっています。, PS4の時はPS1~PS3のゲームは遊べませんでしたが、PS5では『下位互換』が付いているので、PS4のゲームも遊べるようです。, この下位互換のおかげで、PS5発売直後に遊びたいソフトが無い場合でも、PS4のゲームをかなり快適・臨場感MAXで遊べるということになります。 'views' : 'view'}}), 画素数を表し、これが高いほど精細に映ります。「8k」は「4k」の概ね4倍ほどの高画質になります。. その理由は冷却性能にあります。 現状はRTX3000シリーズ、RX 6000シリーズともにミドルハイ~ハイエンド帯のGPUしか発表していませんが、近いうちに両シリーズのミドル帯以下のGPUも登場するでしょう。 CUというのはAMD社製のGPUの演算ユニット数の単位で、MHzはその演算ユニットの速度を表し、この両者の数字で性能が決まります。, これに対してPS5は36CUの最大2,230MHzと、きれいに半分の演算ユニット数にほぼ同クロックの構成になっています。 レイトレーシングとは、光の反射を現実世界のように忠実に再現する手法のことで、これによりグラフィックがよりリアルになります。 これがPS5では、記憶メディア自体がSSD(ソリッドステートドライブ)が標準搭載になっています。, SSDは、HDDのように物理的ディスクを読み込まないので、データの読み込みや書き込みの速度が非常に速いです。