まずは弁護士とか、自分の会社の法務部などに問い合わせることでしょうね。, Home › Forums › Intel® Software Development Products › Intel® Math Kernel Library you won't have a problem redistributing it. はい。インテルMKLをクラスターにインストールして、ユーザーに提供できます。, ライセンスの抜粋 このサイトを利用することによって、あなたはこのサイトのCookie Policy、Privacy Policy、およびTerms of Serviceを読んで理解し、同意したものとみなします。, スタック・オーバーフローはプログラマーとプログラミングに熱心な人のためのQ&Aサイトです。すぐ登録できます。, 表題の通り Anaconda 環境で pyinstaller を利用し実行ファイルを生成を行います。 いいえ、ロイヤリティ料はかかりません。, このリソースで配布できるアプリケーションのコピーの数に制限はありますか? 0, 回答 PDFの出力部分をJasper Reportsで実施したいと考えております。, このシステムは商用として使う予定ですが、 Intel Simplified Software License (Version April 2018). Sure MKL is one of the most popular. Yes, you can include Intel MKL in a public container. For the licensing terms for Intel® Math Kernel Library (Intel® MKL), consult the Intel Simplified Software License (ISSL). You may use and redistribute the software (the “Software”), without modification, provided the following conditions are met: * Redistributions must reproduce the above copyright notice and the following terms of use in the Software and in the documentation and/or other materials provided with the distribution. 表題の通り Anaconda 環境で pyinstaller を利用し実行ファイルを生成を行います。 実行ファイルを作るシステムに Numpy を含んでいるため MKL が含まれます。 この実行ファイルを有償配布を考えており、MKL の再配布に当たると考えられるのですが、intel との契約なしに配布しても大丈夫なのでしょうか 2 / クリップ Are there limits to the number of copies of my application that I can distribute with this resource? When implementing LAPACK functionalities we saw that there are multiple lapack providers (or LAPACK libs) like NetLib standard LAPACK, MKL, ....and so want to give users the possibility to choose free which licensed provider they want to use. Is including this library in a publicly-available container such as Docker* allowed? FAQの抜粋 0, 回答 teratailを一緒に作りたいエンジニア. はい、インテルMKLをパブリックコンテナーに含めることができます。, Amazon Web Services(AWS)*などのプロバイダーからクラウドサーバーにこのリソースをインストールして使用できますか? * Neither the name of Intel nor the names of its suppliers may be used to endorse or promote products derived from this Software without specific prior written permission. 以下の環境でシステムを構築しようと考えており、 Yes, you can install Intel MKL on a cluster and provide it to users. No, there are no redistribution limits. インテルMKLを再配布できますか? Jasper Reportsを使用するのにライセンス費用は発生するのでしょうか。, ネットを色々と探してましたが、費用は発生しないかもというページはみましたが、 いいえ、再配布の制限はありません。, このライブラリをDocker *などの公開されているコンテナーに含めることは許可されていますか? 1, 【募集】 Do I need to pay royalty fees when I redistribute this library? We are some open Source developer who working at the moment on a project called "NumSharp" which shall offers the same APIs from numpy but for .NET languages. Can I install and use this resource on cloud servers from providers such as Amazon Web Services (AWS)*? Licensing is always a sensitive topic and so we were discussing in https://github.com/SciSharp/NumSharp/issues/116. 【C# , Activre Reports for .NET 6.0J】PDF出力したいがライセンス... 回答 Sorry for this question but we do not want to do sth wrong and so better ask then do. 実行ファイルを作るシステムに Numpy を含んでいるため MKL が含まれます。, この実行ファイルを有償配布を考えており、MKL の再配布に当たると考えられるのですが、intel との契約なしに配布しても大丈夫なのでしょうか, 有償化するソフトに関しては確認しておいた方が良いかもしれません。 Yes, redistribution is allowed per the terms of the ISSL. Python(パイソン)とは、パワフルなオープンソースプログラミング言語です。汎用の高水準プログラミング言語として設計されており、「インタプリタ」「動的型付け」「純粋オブジェクト指向」「インデント強制ルール」などの特徴を持つスクリプト言語です。 is it allowed to distribute the MKL dlls in package like nuget or is it totally forbitten and everybody has to install by him or herself? Yes, you are allowed to perform these actions on any cloud server. This information is for general guidance. * No reverse engineering, decompilation, or disassembly of this Software is permitted. Wish all a nice day and thanks for your time. Since anaconda distro using the MKL lib in so many packages like numpy - we was thinking about offering MKL and different other LAPACK providers (native libs) as .NET package / nuget package. Can I redistribute Intel MKL? 質問, Hello MKL fans and sorry for such stupid question >.<. 3, 回答 To benefit multiple users, can I install and make this library available on a cluster? 使用と再配布。次の条件が満たされている場合、お客様は修正なしでソフトウェア(「ソフトウェア」)を使用および再配布できます。, *再配布では、上記の著作権表示および以下のソフトウェアの使用条件、および配布で提供されるドキュメントおよび/またはその他の資料を複製する必要があります。, *事前の書面による特別な許可なしに、Intelの名前もサプライヤーの名前も、このソフトウェアから派生した製品を推奨または宣伝するために使用することはできません。, *このソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または分解は許可されていません。, “回答を投稿”をクリックすることで利用規約、プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。, このRSSフィードを購読するには、このURLをコピーしてRSSリーダーに貼り付けてください。, サイトデザイン / ロゴ © 2020 Stack Exchange Inc; ユーザーの投稿はcc by-saでライセンスされます。 rev 2020.11.13.38000, スタック・オーバーフロー をより快適に使うためには JavaScript を有効化してください, Anaconda 環境で pyinstaller を利用した際の MKL のライセンス, Home › Forums › Intel® Software Development Products › Intel® Math Kernel Library, https://github.com/SciSharp/NumSharp/issues/116, Intel Simplified Software License (Version April 2018), Feature Preview: New Review Suspensions Mod UX, anacondaでpandasを使うモジュールをpyinstallerでexe化出来ない, 意見を述べること(意見を述べるなら、参照リソース、自分の経験で意見をサポートしてください). 1 / クリップ No, there are no royalty fees. はい、クラウドサーバーでこれらのアクションを実行できます。, 複数のユーザーに利益をもたらすために、クラスターにこのライブラリをインストールして利用可能にできますか? Use and Redistribution. ョンなどを配布する場合は、概ね次の様な条件が付けば良いと思われます。詳細は必要に応じて調査されたい。, Last-modified: Fri, 08 Feb 2013 01:15:02 HAST, Counter:33774 Today:6 Yesterday:16 Online:5, http://www.xlsoft.com/jp/products/intel/perflib/tbb/index.html), ライセンスの簡単なまとめ - Nearael, Q:GNU GPLとBSDライセンスの違いは何ですか? - OSS iPedia, "ひらがな"で書くべき漢字, VisualStudioで文字コードを変更する, テクスチャの透過を有効にする, OpenCV(Sharp)まわりのライセンスについて, 配列を異なる型の配列へキャストする, GameObjectの子要素・親要素を取得する, Unityであつかわれる標準的な入力のサンプル, ファイルから解放可能なBitmapImageを読み込む。, Unity で簡単な Boids の群れモデルを実現する, OpenCVの本体、画像処理ライブラリ, OpenCVで利用される並列処理用ライブラリ, OpenCVをC#で利用するためのラッパーライブラリ, TBBライブラリのオープンソース版はGPLv2を採用しているため、そのソースコードに何も変更を加えていない場合は、ソースコード開示義務は発生しないとインテル社では考えている。GPLv2については原文を参照されたい。, ソースコードを再頒布する場合、著作権表示、条件一覧、記免責条項を含める。, BSD原文のドキュメントを配布物に含める, 配布者は配布物によって生ずる全ての事象に関与しない。, DLLとして取り込む場合はソースコードを開示する必要はない, ただし、DLLの場合にどう扱うか、という論争に展開される, GPL部のソースコード等を変更する場合はソースコードを開示する, 改変されたGPLのソースコードを含む配布物はGPLとして扱われる。, GPL原文のドキュメントを配布物に含める, リバースエンジニアリングを禁止できない。, LGPL部のソースコード等を変更する場合はソースコードを開示する, 改変されたLGPLのソースコードを含む配布物はLGPLとして扱われる。, LGPL原文のドキュメントを配布物に含める, ソースコードの開示が義務付けられる条件はDLLを扱う分にはない。, GPL、LGPL、BSDが与えられるコンポーネント各種の2次的利用等を制限できない。, 利用・配布形態は各ライセンスに依存する。.