辞書はPython 3.6以降で注文されていますか? JSON文字列を辞書以外のリストに変換する. 【Python】OpenCVで画像を合成する – addWeighted, bitwise演算, ROI, MacのAnacondaをアンインストールする – Python3.7でTkinter等に不具合?, macOS CatelinaにAnacondaをインストールする(zshでの不具合対応), 【Python】色々なprintフォーマットの出力方法 – %s, .format(), f-strings. Pythonを学ぶ人が増えていますよね。Pythonの特徴は、なんといってもその簡潔さです。一方dict型は、辞書型とも呼ばれる型で、キーと値の対応を保持するデータ構造で、他の言語でも登場します。もちろん、Pythonでもdict型を使えます。今回は、Pythonのdict型について解説します。 More than 1 year has passed since last update. pythonの辞書のコピーを色々. 【Python】辞書型のコピーは参照渡し . 2020年3月5日. 早速、辞書の作成方法から解説します。作成方法がわかれば、辞書がどのようなデータを格納するコンテナなのかも理解できます。 なお、「Pythonの辞書(dict)の作成方法まとめ」では辞書の作成に特化して解説しているのであわせてご覧ください。 Copyright © 2018 code-graffiti.com All Rights Reserved. なので、変数eの値を変更しても、元の変数dは変更されることはありません。, 今回の内容は少し軽めで一つだけのメソッドになりましたが、help()でリスト型と辞書型のメソッドをチェックしてみると、2つのタイプに共通するメソッドは次の2つでした。, 今回紹介したcopy()と値を取り出すpop()ですが、copyは両方のタイプとも同じようにparenthesesの丸括弧の中に何も入れなくても変数全体をコピーしてくれます。, 一方で、popはリスト型で使用するときは、parenthesesの丸括弧の中に何も入れなくてもリストの後ろから値を取り出してくれますが、辞書型で使うときは、keyを指定する必要があります。, リストと同じように、()に何も指定せず、辞書型の最後のペアを取り除くメソッドはないのかなと思って、ヘルプで出力されたメソッドを眺めているとそれらしいものがありました。, このように、同じような操作をするしても、タイプの違いでメソッドが変わったり、そのまま使って同じような操作ができたりするので、いろいろと試してみると密かな喜び!?を得ることができます。, こういったことを楽しめるかどうかが、Python上達の鍵じゃないかと思っているので、どんどん試して小さな経験を積み上げていこうと思います。, helpを使えば、いろいろなメソッドやオブジェクトが出てくるので、気になったものは、どんどん試してみましょう!. pythonで辞書を一部再利用しようとした時に,deepcopyしようとしたんだけど,そこまでやる必要あったっけ?と思って簡単にテストした. (追記) そういえば速度テストをしてないことを思い出したので追記. 結論. Python学習. copy関数についての解説の前に、まずオブジェクトIDについて解説しておきます。これは、特に初級者、中級者のうちはドツボにハマりやすいものなので、しっかりお読みください。 Pythonでは、=演算子を使ってオブジェクトのコピーを作ることができます。しかし、実はこの方法では別の新しいオブジェクトを作っているのではなく、同じデータを参照する別の変数を作っていることになります。 次のコードをご覧ください。 ここではまず変数old_listのデータを=演算子でコピーした新しい変数new_listを … Python Python3. Python学習【365日チャレンジ!】24日目のマスターU(@Udemy11)です。 なにげに 12の倍数 って好きなんです。 12って、干支の数で、12歳、24歳、36歳、48歳って年男、年女って言われるので、12の倍数に馴染みがあるってのもあるか … Python学習【365日チャレンジ!】24日目のマスターU(@Udemy11)です。, 12って、干支の数で、12歳、24歳、36歳、48歳って年男、年女って言われるので、12の倍数に馴染みがあるってのもあるかもしれません。, Puthon学習【365日チャレンジ!】も、そんな12の倍数となる24日目に入りました。, あと1週間で2つ目の目標としている30日に到達しますが、基礎基本となるターミナルやPythonista・Pycharmの操作もそれなりに慣れてきた気がします。, 指定したkeyの値を抽出する。(keyが存在しない場合はNoneを返すNonTypeになります), 最後のdelは強力で、変数自体を削除してしまうため、変数を削除してしまうと変数を表示しようとしてもエラーが返されます。, 他にもメソッドは用意されていますが、講座を進めつつ、必要に応じて憶えていくことにします。, 辞書型は、リスト型と同じようにいろいろなメソッドが使えるのと同様に、先に定義している変数を新しい変数に代入するときは、値渡しではなく、参照渡しになります。, リスト型で学習したように、2つ目の変数eは、1つ目の変数dを参照しているだけなので、参照しているkeyであるxの値を変更することになり、変数dの値も変わってしまいます。, これはまさにリスト型と同じことで、変数dが変数eの値を借りている状態ということです。, リスト型と同じように、最初に定義した変数の値を変更せずに、値渡しで新しい変数を定義するにはcopy()を使用します。, copyを使用することで、参照渡しではなく、値渡しになるので、もとの変数dから値をコピーして新しい変数eを定義します。 Pythonの辞書(dict)は、キーと値のペアを1つの要素として格納するコンテナです。リストと同じようにPythonでのプログラミングで使う機会は非常に多いです。, ここでは知っておくべき辞書の操作の解説を通じて、Pythonの辞書に対する理解を深められるように書かせて頂きました。, 初心者の方は、ここで辞書に関しての重要ポイントは全て把握できるようになっています。それ以外の方は、あらためて辞書について再確認できるようになっています。, 早速、辞書の作成方法から解説します。作成方法がわかれば、辞書がどのようなデータを格納するコンテナなのかも理解できます。, なお、「Pythonの辞書(dict)の作成方法まとめ」では辞書の作成に特化して解説しているのであわせてご覧ください。, リストやタプルは、値をインデックス番号で管理しますが、辞書はキーで管理します。そのため辞書にはインデックス番号は存在しません。, 上述のように辞書はキーで値を保持しているので、値を取得するには、次のように対応するキーを指定します。, なお辞書のキーはイミュータブル(変更不可能)なオブジェクト(文字列、数値、タプル)のみ可能で、値はどのようなオブジェクトでも可能です。, 辞書は値をキーで保持しているため、キーが意図せず変更されてしまったらバグだらけになってしまうからです。, まずは引数に「キー=値」と渡すパターンです。この方法では、キーや値が文字列の場合でもクオテーション( ‘ )で挟む必要はありません。, 要素がキーと値のペアになっているイテラブル(リストやタプルやセット)の場合は、直接dict()関数に渡すだけで辞書を作成してくれます。, zip()関数を使うと、2つのイテラブルの一方をキーに、他方を値にして辞書にすることもできます。, dict.fromkeys()関数を使うと、辞書のキーのみ作成することができます。, なお、この例では引数にリストを渡していますがイテラブル(リスト、タプル、セットなど)を渡しても構いません。, まず、リストのスライスと同じように [] を使う方法です。リストでは [] にインデックス番号を書きますが、辞書ではキーを書きます。, [] による値の取得と違って、存在しないキーを指定した時はNoneを返します(=何も返さない)。または、第二引数で、存在しないキーを指定した場合の戻り値を書いておくことができます。, このように、[] によるスライスとget()メソッドは違いがありますので、目的に応じて使い分けましょう。, この2つの方法の違いについては、「Pythonの辞書(dict)のキー・値の存在確認と取得方法」で、速度比較なども行ってより詳しく解説しているので、参考にしてみてください。, 辞書を操作する際に、任意のキーや値が格納されているかどうかを確認したくなる時は多々あります。, 値が存在するかどうかを調べるには、values()メソッドを実行した辞書を対象にin文を書きます。, まず、for文は「Pythonのfor文による繰り返し処理(forループ)」で確認しておきましょう。また、for文による辞書の要素の取り出しについては、「Pythonの辞書(dict)のforループで要素を取り出す方法」でも解説していますので、そちらもご確認ください。, 辞書のキーを全て取り出すには、keys()メソッドを実行した辞書をforループで回します。, なおkeys()メソッドは、辞書からdict_keys型のイテラブルを作成するものです。, 実は、keys()メソッドを実行しなくても、辞書をそのままfor文で回せば、キーを取り出すことができます。, ただし、dict_keys型のオブジェクトは集合演算が可能など便利な点があるので覚えておきましょう。なお、集合演算については、「Pythonのsetの基本と操作まとめ」で解説しています。, 辞書の値を全て取り出すには、values()メソッドを実行した辞書をforループで回します。, values()メソッドは、辞書からdict_values型イテラブルを作成するものです。, dict_values型は集合演算はできません。集合演算における集合は、数学的に同じ値が2つあることはあり得ないからです。, dict_keys型で集合演算が可能なのは、辞書のキーは、同一のものが重複することはできないからです。, 辞書のキーと値を同時に取り出すには、辞書にitems()メソッドを実行した上でforループで回します。, キーと値の2つのデータがあるので、それぞれ別々の変数に入れて取り出すことができます。, 次に辞書に要素を追加する方法を確認しておきましょう。既に指定したキーが存在する場合はどうするかで、それぞれ方法が異なります。, なお「Pythonの辞書(dict)に要素を追加する方法まとめ」でも、より多くの例と解説を行っているので、あわせてご確認ください。, setdefault()メソッドは、既存の辞書に新しいキーとそれに対応する値を追加するものです。, setdefault()メソッドとの違いは、既に存在するキーを指定した場合は、その値を更新することです。, update()メソッドは、既存の辞書に別の辞書の要素を追加するものです。引数には追加したい辞書を指定します。, なお、これは「Pythonの辞書(dict)の要素を削除する方法まとめ」でも、詳しく解説しているのであわせてご確認ください。, pop()メソッドは、引数に指定したキーとその値を削除します。そして、メソッド実行時に、削除した要素の値を取り出して返します。, 以下のコードでは、削除したキーに対応する値を変数poppedに代入して出力しています。, popitem()メソッドは、辞書からランダムに要素を削除します。メソッド実行時に、削除した要素のキーと値を取り出してタプル型で返します。, pop()メソッドやpopitem()メソッドは一度に一つずつ要素を削除します。一方で、del文は複数の要素を一度に削除できることが特徴です。, さらに、pop()メソッドやpopitem()メソッドと違って、del文を実行しても削除した要素は返ってきません。, clear()メソッドは辞書の要素を全て削除して空にします。これは辞書を初期化したい時などに使います。, なお、sorted()関数の戻り値はリスト型のため、辞書の要素はリストとしてソートされます。そもそも辞書はキーで値を保持するので、辞書型のままではソートができないからです。, ここでは、辞書に対するsorted()関数のもっとも基本的な使い方を解説しますが、「Pythonの辞書(dict)をソートする方法まとめ」ではさらに様々なソートの方法を解説していますので、ぜひ一緒にご覧ください。, キーをソートするには、sorted()関数に渡す時に、辞書にkeys()メソッドを実行します。, 以下のコードでは、キーがひらがななので、あいうえお順でソートされてリスト化されています。, なお、keys()メソッドを実行しなくても、sorted()関数にそのまま辞書を渡す方法でも、キーがソートされた上でリスト化されます。そのため、必ず、keys()メソッドを使わなければいけないというわけではありません。, 辞書の値をソートするには、辞書にvalues()メソッドを実行した上で、sorted()関数の引数に渡します。, キーと値の両方をソートした上で取り出すには、辞書にitems()メソッドを実行した上で、sorted()関数に渡します。, 辞書をコピーする時は、=演算子で、既存の辞書を別の変数に代入する方法は厳禁です。その理由は「Pythonの辞書(dict)をコピーする方法と注意点まとめ」で解説しているので、しっかりと確認しておきましょう。, キーだけをコピーした辞書を作るには、リスト作成のところでも出てきたdict.fromkeys()関数を使います。, Pythonの辞書(dict)の基本的な操作について解説しました。辞書は、リストやタプルと異なってキーで値を保持するミュータブル(変更可能)なオブジェクトです。そのため、また違った形でデータを操作することができます。, まずは、ここで解説している辞書の操作をしっかりと使いこなせるようになっておきましょう。, Filed Under: Python 辞書(dict) 関連タグ:Python入門moriyama, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。.