ッチを3vに切り替えて、2本入れて使えば+1.2vで6vとなります。 s2000のクラッチ交換では画像中央のレリーズベアリングガイドも交換します。この部品の摩耗がクラッチフィーリングの悪化にもつながるので、必ず新品に交換しておきたいです … 全部で4本分ありますが、ニッケル水素電池でしたら1.2vの4本ですので、4.8vになり. ミッションが降りました。 ホンダ S2000のクラッチミートポイント調整、ストローク調整に関するtakashi-sの整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! s2000(ap1)クラッチ交換. S2000は一般的なプッシュ(押すタイプ)式のクラッチではなくプル(引くタイプ)式のクラッチを採用しているのでレリーズベアリングがクラッチ側に残るのでレリーズベアリングを動かすフォークをベアリングから外しておかないと引っ掛かって抜けなくなります。 ※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。, ※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。, S2000(AP1)のヘッドカバーパッキン&VTECスプールバルブ交換を行いました。, インテグラタイプR(DC5)にENDLESSブレーキパッド&DIXCELブレーキローターを装着!, サーキット、日常使いにステージを選ばないセダンボディ!シビックタイプR(FD2)の納車前整備を行いま…, S2000(AP1)ブレーキ廻りをフルリフレッシュ&無限 マイクロメッシュブレーキライン取付, インテグラ タイプR(DC2)の無限キャリパーオーバーホールと残り1セットの無限ローター交換. プロペラシャフトを外します。 センタートンネルの上の方にあるボルトはサブフレームを止めているボルトを緩めて下にずらしてやらないとアクセスしにくいです。 車内側をバラします。 さてここが問題の箇所です。レリーズベアリングがスライドして動くスリーブです。グリスが切れてしまっているのは仕方ないんですがそのせいでスムーズにスライド出来なかったり真っ直ぐに動かなくて擦れて当たりが強くなっている部分が2ヵ所あります。これがペダルストロークの違和感として左足に伝わります。外部からのグリスアップが難しいのでミッションを降ろしての作業になります。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. グリスアップして組付けます。ミッションを降ろさないと出来ない部分なので多めにグリスアップしたいとこですがサービス精神を出すと余分なグリスでクラッチが滑っちゃったりして結局またミッション降ろさなくてはならなくなりますので適量で。, 同じような症状なんだけど走れない訳ではないからとごまかして乗っているオーナー様も多いのではないかと思いますが、クラッチは必ず踏まないと走れないですし結構な回数踏みますから改善するとそれだけで走るのが楽しくなると思います。気になるオーナー様はご相談下さい。, LINE@の友達からスタート!! 北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県, LINE@の友達からスタート!! 右が新品です。ミッションケース一体型が多いんですがS2000は別部品で用意されています。 HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)スタッフのモリヤマです。今回は以前ご納車したS2000(AP2)のクラッチ交換&スロットルバルブ洗浄、テールライトパッキンの交換を行いました。エクステリアが大きく変わったS2000の中でも大人気のAP1後期です!作業はメカニックのムラマツです。, まずは車内からシフトレバーを取り外します。センターコンソール、シフトブーツなどを外していきます。シフトレバー本体をトランスミッションから取り外します。固定のボルトを外して・・・ズボっと抜き取ります。続いてエンジンルームの作業です。エアクリーナーBOXを外します。補機ベルトを外します。ベルトを外したついでに、プーリのガタを点検します。オルタネーターをずらして、奥にあるミッションハウジングのボルトを外します。非常に見えづらい位置にあります・・・続いてエキマニを取り外します。遮熱板を取り外すと、エキマニの取り付けナットがあるのではずします。あとは車両をリフトアップして、下側の固定ボルトと触媒を外せばエキマニが抜けてきます。次にプロペラシャフトを取り外します。同じ位置に合うように合いマークをつけておきます。合いマークを付けたら、ボルトを緩めて外します。このボルトが非常に舐めやすいので注意が必要です。これでトランスミッションを取り外す準備ができました。外す前にトランスミッションオイルを抜きます。クラッチレリーズを取り外します。エンジンとトランスミッションを固定しているボルトを外していきます。トランスミッションを下にずらして、上側の固定ボルトを外します。ここが一番の難所です・・・あとは慎重にエンジンからトランスミッションを取り外します。無事にトランスミッションが降りました!, S2000のクラッチ交換では画像中央のレリーズベアリングガイドも交換します。この部品の摩耗がクラッチフィーリングの悪化にもつながるので、必ず新品に交換しておきたいですね!いよいよクラッチを取り外します。まずはエンジンについているクラッチカバーとクラッチディスクを外します。外れました。左からクラッチディスク、クラッチカバー、レリーズベアリングです。クラッチディスクもだいぶ減っていますね。フライホイールの点検もしておきます。圧着面の異常もなく、外側のリングギアの摩耗やギア欠けもないので問題なしですね。今回はオーナー様とご相談の上、スポーツ走行も見据えてクラッチディスク、クラッチカバー、レリーズベアリングの3点はSPOON製をご用意させていただきました。純正品に比べてクラッチディスクの圧着力の向上や耐久性の向上がされている商品です。レリーズフォーク、レリーズベアリングガイドも新しい物に交換します。準備が整ったら、エンジンにクラッチディスク、クラッチカバーを取り付けます。特殊工具で中心をしっかり調整します。続いてレリーズベアリングガイドを交換します。ちょうどベアリングの摺動部が摩耗していますね。部品を組み付けたら、エンジンと再び合体させます。あとは逆の手順で周辺の部品を戻していきます。新しいトランスミッションオイルを入れます。オイルはHONDA純正MTF-Ⅲです。これでクラッチ交換は終了です。, 続いてオーナー様からアイドリング不調のご用命を頂いたので、スロットルの洗浄を行います。インテークホースを外して見ると、汚れが溜まっています。外して見ると裏の汚れはもっとひどいですね・・・ロータリーエアコントロールバルブも外して洗浄します。こちらにも汚れが溜まっていますね。ここがアイドリング制御のキモとなっている部品です。ここに汚れが溜まると空気量が変わり、アイドリングの不調などの症状が出ます。専用のクリーナーで綺麗にクリーニングします!スロットルバルブも綺麗になりました。あとは古いガスケットを取り除いて・・・新品のガスケットを使用して元に戻します。汚れが取れて綺麗になりましたね!最後にECUリセットをして再学習させて終了です。S様ご依頼ありがとうございました!, 「問い合わせ内容」に、「ご希望のお車や希望する作業内容」を記載してお問い合わせください。, お住いの都道府県 (必須) ホンダS2000奮闘記 故障 不具合 → 今は、アコードハイブリッドに乗っています。. HMR HONDA(エイチエムアールホンダ)のワタナベです。今回は在庫車のS2000(AP1)のクラッチペダルを踏んだ時のストローク不良の修理をしました。症状としてはクラッチペダルを踏みこんだ時に重さや引っ掛かりがありスムーズに動かずストローク量も少ないような感じです。クラッチマスターシリンダーやスレーブシリンダーで発生している場合もありますがその辺を改善してもまだ症状が出る場合はミッション降ろしての作業になります。, とにかく周辺パーツを外してミッションを降ろします。まずオルタネーターを外してその奥にあるスターターモーターのボルトを外します。 今回はS2000ですが、以前乗っていたシビックタイプR(EK9)も同じでしたので、少なくともこの時期のホンダ車のクラッチのミートポイント調整の参考になると思います。, クラッチのミートポイントは、車によってかなり違いますし、運転のしやすさにも影響するので、かなり気になるところです。しばらく前に一度調整したのですが、もう少し奥で繋がるようにしたいので、クラッチのミートポイントの再調整をしました。, ③ペダルをはなした時に白い樹脂の部品が当たるところ(画像3)がストッパーです。ロックナットを緩め、ボルトを回してストッパーとの間に隙間が十分できるまで回します。, ④マスターシリンダー部(画像2)のペダルとシリンダーロッドを連結しているクレビス部のシリンダーロッドのロックナットを緩めます。, この時シリンダーロッドに傷をつけないように、工具等は使わず指で回します。(ロッドに傷がつくとマスターシリンダー内のOリングを傷めてしまい、オイル漏れの原因になります), クレビスにねじ込む方向に回すとミートポイントは奥に、抜ける方向に回すとミートポイントは手前になります。, クラッチペダルが、クラッチが完全につながった位置から手前に十分遊びがあるか。完全に切れた位置から十分に踏み込めるか、確認しながら進めます。, あまり奥にしすぎると、クラッチが切りきれなくなったり、手前にしすぎると、クラッチの接圧が弱くなったりする可能性がありますし、クラッチ寿命への影響や事故の可能性もあるので、注意が必要です。, さらにこの位置からストッパーを押す方向にボルトを1回転回して、ロックナットを締めます。, このストッパー調整で大切な事は、ペダルのストッパーが先に当たる事で、シリンダーがストロークエンドに当らないようにする事です。ストロークエンドで当たっても、すぐに壊れる事はないと思いますが、クラッチ操作の回数はとても多いので、シリンダーの負担を少しでも減らすようにする事です。, 注意:ストッパーの調整を書いていないサイトもあるようですが、これをしないとマスターシリンダーを傷めてしまう場合があります。特にミートポイントを奥に調整した場合は必ずやりましょう。, この作業は、ハンドルの下に、仰向けになって入り込む体勢で行うので、私のような老体には辛い作業です。私だけかもしれませんが、無理をしてしばらくこの体勢を続けていると、気持ち悪くなります。首や背中を痛めない為にも作業用マット(なければ段ボールでもいいので)を敷いて作業する事をお勧めします。, 作業自体は非常に簡単です。好みのミートポイントに調整して、快適に運転できるようにしましょう。, https://ameblo.jp/pikuminpomupomu/entry-12353411556.html, S2000 クラッチミートポイント調整 | ホンダS2000奮闘記 故障 不具合 → 今は、アコードハイブリッドに乗っています。. 2ヶ月くらい前にクラッチが切れにく...』 ホンダ S2000 のみんなの質問。 -Yahoo!とカービューが運営する自動車総合情報サイト【carview!】 日本最大級のクルマ総合情報サイト、カービュー! 中古車物件数 454,940 件 (毎日更新) マイカーページ. ※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。, ※HMRのLINE@は、LINE認証済み法人アカウントです。安心してご利用ください。, HMR HONDA新デモカー! インテグラTypeR(DC5) をサーキット仕様へ改造!第2弾. hmr honda(エイチエムアールホンダ)のワタナベです。今回は在庫車のs2000(ap1)のクラッチペダルを踏んだ時のストローク不良の修理をしました。症状としてはクラッチペダルを踏みこんだ時に重さや引っ掛かりがありスムーズに動かずストローク量も少ないような感じです。 ます。 乾電池でしたら1.5v以上ありますので、6vをクリアできますが、そんな時にこのスイ. 今回はS2000ですが、以前乗っていたシビックタイプR(EK9)も同じでしたので、少なくともこの時期のホンダ車のクラッチのミートポイント調整の参考になると思い… EXマニを外します。ですが純正ではなくTODAレーシング製のEXマニが入っていてこれがなかなか厄介で外すのが大変でした。 s2000,メンテナンス,リフレッシュ,エンジンチューニング,mtオーバーホール,ブレーキ,幌張替え,幌,ブッシュ交換,その他 .