パワーアップ、凄いですね! forge Motorsport Gloucester corsa Vxr Intercooler Scottish Highlands, Scottish Isles, Northern Ireland, Guernsey, Jersey, Isle of Man, and Cumbria. After more than six pulls on the dyno we still had super safe IAT’s (inlet air temps), and the Forge Motorsport intercooler gave results of 20°C, compared to the OE intercoolers 32°C intake temperatures after only one pull. Normal 105 Km → 125 Km. 昨日はzc33sのecuチューニングも施工させて頂きました。 当社ではzc33sのecuはstage別で4つのstageをご用意しております。 stage zero 25000円. スズキ スイフトスポーツ zc33s 2019年式 セーフティーパッケージ 6atのカスタムに関する投稿画像とカスタム情報を見てみよう!静岡遠征の最大目的地sab浜松へ到着しました。ここまでお付き合い頂きs極さんありがとうございました ピットに入れてあれこれとシャシダイナモって初めて載せました。 久しぶりに同期と遭遇してパシャリ!!プラド色々カスタムしててカッコよすぎ笑笑 後ろから、突っつかれそう。 今日も1日お疲れさまでした。, こんにちは。 ECUチューンで更にパワーアップですね。 The Royal Mail tracking number can be entered into the Royal Mail search found in the following tracking service link www.royalmail.com/track-your-item. 本日は、tm-square sport ecu zc33s at spec のモニターさんからいただきました インプレッション part.2 でございます。 今回、ご登場いただく、zc33s オーナー様は、 横浜某所から、弊社にお越しいただき、仕様的には・・、 吸気系 → 純正 S6ほどでは無いとしても軽い車体には十分なパワーです。 RRP Super ROM ECU for ZC33S. ^_^ The Super - ROM ECU that is the long - awaited Swift user has been released. Please select product options and quantities below: All major cards accepted at checkout as well as PayPal, Apple & Google Pay. pcv Delete 2~3日で書き換えたECUを送り返します。 新シリーズ、ちょっとした素朴な疑問に我々MetabonZが全力回答するコーナー!!, 第回4目は、前回が「エアコン」の話題でした。エアコンと言えばクーラー、クーラーと言えば「インタークーラー」!!(やや強引)ということでターボ車に乗る我々なら、ぜひ知っておきたいという話を少々。皆さんはインタークーラーって知ってました?, 宮「石さーん。クーラーつながりで教えてほしいのだけど、インタークーラーって社外品の方がええのん?」石「お答えしよう!!(今日はチコちゃん風には聞いてこないのか・・・)石「と、その前に、宮さん、ターボの仕組みって知っとるよね?」宮「し、知っとるに決まっとるばい!!(背中に汗をかく)」石「じゃあ簡単におさらいね。」, 宮「エンジンの排気でタービンを回して、反対側の羽根で強制的に空気をシリンダーに送るんだよね?で、その分パワーが出るヤツ。」石「その通り!で、その強制的に空気を送る時に何が起こると思う?」宮「うーん、なんだろ・・・・」石「空気を送るには圧力が必要だよね?排気の力でコンプレッサーを回し、空気に圧力をかけて押し込むわけだ。するとどうなる?」宮「無理やり空気を押し込むと、分子同士がくっついて体積が減る(圧縮される)・・・熱を持って膨張する?かな。」石「正解!!で、その熱くなった空気をシリンダーに送ると?」宮「よろしくないね。熱を持った空気は膨張して体積当たりの酸素が少なくなる。」石「そう。酸素が少ない空気がシリンダーに押し込まれてもパワーは出ないんだ。それだけでなく、吸気温度が高くなるとガソリンエンジンでは点火前に燃焼が始まってしまうプレイグニッションが発生する可能性があるのよ。異常燃焼ね。それが発生すると最悪エンジンを破損することにつながるわけ。」宮「マジか!!だから吸気温度を低くしたいってみんな言うのね。で、インタークーラーの役割は??」, 石「図を見てちょうだい。「エアー入り口」から吸気がコンプレッサーで押し込まれるよね。そして、その空気がエンジンのシリンダーに入っていく道の中間にインタークーラーがあるでしょ?」宮「わかった!圧縮された空気を途中で冷やすのね!!」石「正解。冷やして吸気温度を下げ、酸素密度の濃い空気にして送り込むのよ。」宮「勉強になったばい。恥ずかしながら今までそこを考えたことないばい。」石「意識するのは大事よ。で、社外品に変えるべきかどうか?って話だよね。」宮「そーそー。トラストやらHKSやらZC33S用インタークーラーキットが出てるよね。あれ、サーキットとか走る人向けなの?」石「では、解説しよう!!」, 石「インタークーラーにも2種類あって、水冷式と空冷式。違いは分かるよね。ここでは水冷式の話は省くけど、ZC33Sは空冷式インタークーラーなんだよ。」宮「水冷式の方が冷えそうなイメージだけど・・・・」石「まあ、主にコストの問題ね。水冷式は構造が複雑なんよ。空冷式は仕組みが単純だし、風を当てて冷やすので速度が上がれば効率も上がるメリットもあるばい。」宮「なるほど。で、純正品と社外品で違いがあるのん?」石「写真を見て」, 石「上が純正のインタークーラーコア。下がトラスト製のインタークーラーコアね。コアっているのはインタークーラーの中心って意味。他にもパイピングとかあるから。」宮「大きさが違うね。エアコンのコンデンサに似てるばい。(一応元エアコン屋)」石「そそ。空冷式だから、空気を当てる面積を大きくすることで冷却効率を上げるわけ。下の写真がコアの厚みね。上がトラスト製、下が純正。明らかにトラスト製の方が厚い。これも放熱効率を上げるためね。, 宮「なるほど!わかりやすいね。」石「これはトラスト製だけど、ほかにもトライフォースやHKSからも出てる。違いは各社大きさが異なること。この中で一番リーズナブルなのはトラストで、セーフティパッケージにもつけられて、バンパーを切ったりしなくてもイイのが売りね。」宮「それはわかったけど、具体的に交換したらどう感じるの?」, シャシャダイ 5速全開時のデータロガーによる吸気温度の比較です。純正のインタークーラーでは、5速 1,800rpm 〜 6,300rpmまでの間に吸気温度が【27℃ → 42℃】まで【+15℃】上がっておりましたが、TRUSTインタークーラーに交換後には、1,800rpm 〜 6,300rpmで計測すると【26℃ → 31℃】と【+5℃】と吸気温度の上昇を大幅に抑える事が出来ました。吸気温度が冷えた事で中・高回転域では出力値も向上致しました。実走でも安定した吸気温での走行が確認できる等、全てが良い方向になるインタークーラーKITでした。, 石「SAH浜松さんのブログによれば、トラスト製のインタークーラーで、吸気温度の上昇をこれだけ抑えることができ、出力も向上してるとのこと。冷却効率が上がるわけだから、単純にエンジンのレスポンスが良くなる。つまり、アクセルを踏んだときにパワーが発生するまでがより素早くなる、と考えられるね。」宮「おお!!それいいじゃん!!つまりフィーリングもアップするのね。」石「そうなのよ。フィーリングアップならサブコンやECUに行きがちだけど、イイ吸気を送り込むこともその選択肢の一つだね。, 宮「じゃ、サーキットとかじゃなくても効果はあると。」石「あるね。パイピングの長さまで変えるとレスポンスに違いがでるみたいだけど、純正置き換えならフィーリングは良くなるはずだよ。バンパーを外せる人なら交換は難しくないハズだよ。」宮「よし、お金貯めよう!!」石「そこからね(笑)」, インタークーラーはエンジンに「良い吸気」を送り込む重要なパーツ。だから、より質の高いものに交換すれば、エンジンのパワーやレスポンスそのものを改善することが期待できるパーツだと考えられます。各社出ていますが、セーフティパッケージには着かない製品もあるので、対応品かの確認をお忘れなく。Metabon宮, 自動車物書きユニット MetabonZ。