SIGMA fp 購入記7 暗所の高感度 | クラゴン親方のRacing Blog. 小さなポーチにシグマ fp + C45mmF2.8DG DNをコロンと忍ばせ撮影散歩へ。, いつでも気兼ねなく持ち運べる小さなボディ(112.6 × 69.9× 45.3 mm・370g)と, フルサイズの圧倒的な画質(有効2,460万画素)が融合。 シンプルさと本格的な機能が融合し、撮影者のクリエイティビティを刺激します。, ショートフランジバック、大口径、高耐久性を特徴とする、ミラーレス機に最適化されたマウント。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. SIGMAのレンズだけでなくライカ、パナソニックの各種Lマウントレンズを使用可能です。, ハリウッド映画などで人気の高いカラーグレーディング手法に着想を得た「ティールアンドオレンジ」をカラーモードに初搭載。 BLOG. 充実した調整機能と操作部により、カメラ内の操作だけで画像・映像の作りこみが楽しめます。, フラットでシンプルな外観が個性的なfpですが、特に気に入ったのはカラーモードボタンです。 今日は話題の世界最小・最軽量の「ポケッタブル・フルフレーム」 シグマ fp を使ってみました! 小さなポーチにシグマ fp + C45mmF2.8DG DNをコロンと忍ばせ撮影散歩へ。 まずはfpの豊かな個性をご紹介! 世界最小・最軽量のフルサイズミラーレス一眼 「こうするにはどうしたらいいのか?」と、撮影者の思考をビリビリ刺激します。, そのため、撮影者のセンスや主体性が結果に出やすいカメラともいえそうです。 さらにトーンコントロールによるトーンカーブの任意設定や、カラーモードで色の微調整も行えます。 SIGMA. ブログトップ; 記事一覧; 画像一覧; SIGMA fp 購入記7 暗所の高感度. オレンジ系の色味とシアン系のブルーを際立たせ、印象的な演出が行えます。 今日は話題の世界最小・最軽量の「ポケッタブル・フルフレーム」シグマ fpを使ってみました! 使うほどにじわじわと撮影の楽しみがこみ上げるカメラでした。, ショートフランジバック、大口径、高耐久性を特徴とする、ミラーレス機に最適化されたマウント。, ハリウッド映画などで人気の高いカラーグレーディング手法に着想を得た「ティールアンドオレンジ」をカラーモードに初搭載。. 「SIGMA fp」はムービー業界から熱視線を集めているが、フォトグラファーの世界でも近ごろはスチルとともにムービー撮影を求められることが多いので要注目のカメラと言えるだろう。CinemaDNGフォーマットや最大4K UHD/24fpsでの外部収録など将来性と拡張性が高く導入に前向きになっている人も … ): アクセサリー - SIGMAオンラインショップ, ちょっと欠点を書くのに力を入れすぎたので これだけ読むと、イマイチなカメラに思われるかもしれませんが、そんなことどうでもよくなるくらいに魅力の詰まったカメラでもあります。, 筆者はSIGMA初体験でしたが、SIGMAファンが多いのはこういうことだったんだなと思いました。, このミニマムなサイズにファインダーのない撮影スタイルも相まってついフルサイズセンサーであることを忘れてしまいます。, 先日テーブルフォトに使用していましたら、いつものマイクロフォーサーズ感覚で撮ってしまい、被写界深度の浅すぎてボケボケの全く使い物にならない写真を量産してしまいました, 何気に撮った絞りF4とかのスナップでも、ちゃんとフルサイズらしい奥行き感が出ていて、「ああ俺の持ってるこの小さなカメラはフルサイズセンサーなんだ」とその都度実感してしまいます。, 同じLマウントフルサイズ機であるLUMIX S1Rと比較すると、大きさは雲泥の差。, なんと、マイクロフォーサーズ機のLUMIX GX7 markIII と比べても一回り小さく、しかも軽いです。, なんとびっくり、マイクロフォーサーズ機 GX7 markIII よりもコンパクトかつ軽量, 今回マウントアダプターも2種類購入しましたのでそれも含めてマッチングの外観写真を並べておきます。コンパクトなレンズとの組み合わせは最高のマッチングですが、45mm F2.8以外のLマウントレンズだと今のところアンバランスなものばかりとなります。, 下の2つはどう見てもアンバランスなのですが、それでも使いたいと思わせる魅力があるのですよ fp には…。, 筆者はアルカスイス互換プレートも兼ね備えたJJCのグリップを使用しています。格段と握りやすくなるのはもちろん、バッテリー蓋へもアクセスが容易ですのでかなりオススメです。何より安価なのが助かります, JJC 金属 ハンドグリップ シグマ Sigma FP カメラ適用 HG-21 交換 電池交換が便利, 動画機としてもすごい実力を備えたSIGMA fpですが、スチルのアスペクト比にも21:9のシネマスコープが用意されています。, 構図を考える際、4:3や3:2ではそれほど大きく意識を変えることがなかったのですが、21:9ともなると撮影前から視界に入るもの全てにそのアスペクト比を意識してしまいます。, 全く想定していませんでしたが、これがとても楽しく、毎日のスナップがとても新鮮に感じました。, 細長いもの、並んだもの、水平線、奥行き、高さのあるもの、などなどそんなものを目にすると真っ先に”シネスコ”で撮影したくなっちゃいます。, で、しばらく使ってみると、人間の視野ってこれくらいの比率の方が画にしやすいんじゃないかと感じました。, 写真の中から無駄な空や地面を省きやすく、被写体のシェイプを特徴的に捉えやすく、一方向に長いので意図した余白も作りやすく、ストーリー性も感じさせやすいと思えます。, むしろ、3:2などのアスペクト比に収めるのは無理してたんじゃないかと思えるくらい21:9がしっくりきてしまっています。, ハリウッド映画に使われることがあるカラーグレーディングとのことですが、 SIGMA fp | SHOOTING REPORT. それ故、撮影者の用途に応じたカスタマイズに柔軟性があります。, 徹底して削ぎ落とし、本当に必要な機能だけに意識を集中したカメラ。 Leica. ガラス越しの夜空は特徴のある渋い色調になりました。, 高架下の赤ちょうちん。「ティールアンドオレンジ」で撮影しました。 RAWでは使えずJPEGのみの対応です。, このカメラ秒間18コマもの連写ができるのですが(ただしバッファは12コマまで)いわゆるメカシャッター、フォーカルプレーンシャッターを搭載していないので電子シャッターのみとなり、どうしても動き物の撮影や流し撮りではローリングシャッター現象*1が起きてしまいます。, そもそもそういう用途には考えてませんでしたが、連写が早いだけにもったいない気もします, 撮って出しの色が美しくスナップにも使いやすいカメラだからこそ、WiFiですぐスマホに飛ばしてシェア!とかしたかったのですが、できません。, 思わずファインダーを覗こうとして液晶画面にメガネをぶつけることを毎日繰り返しています(笑)特に大きいレンズを付けた時はな必ずぶつけます。, 背面液晶に被せる形の別売りファインダー LVF-11 がありますが、まあとにかくデカイ。, ただ、EVFを内蔵することでボディサイズが大きくなったり、しょぼいEVFだったりするよりかは今の形が割り切れていて良いのかなとも思います。, とはいえLVF-11 を購入するのは時間の問題のような気もします ってか3万円もするんか…。, 固定液晶なので極端なローアングルはブラインドで当てずっぽうに撮影することになります。, 以上の手ぶれ補正やファインダー、電子シャッターのみ、固定液晶などのことはあらかじめ購入前から覚悟していたことです。, fpの後ダイヤルはいわゆるコントロールダイヤル(ホイール)のように垂直に設置され十字キーも兼ねたものですが、どうもこの感触がよろしくないです。, 後述するメニューのUI的にも押すのと回す操作がごっちゃになりそうな感じで若干ストレスを感じます。, タッチ対応の背面液晶ですが、撮影時はできる操作がAF測距点を選べるくらいで、メニューの選択や設定変更には使えないです。, 再生時、次の画像を表示させるのにもタッチパネルでフリックが使えますが、スライドなどのアニメーションが入らないので、似たような画像が続くと移動しているかどうかわかりにくいです。, メニューは横にタブが並ぶ感じですがタブの切り替えとメニューの選択が同じ右ボタンになってしまうので非常によろしくないです。, 一番下まで行ってもページの移動はしません。カーソルは同じページの上にループするのですがそもそもページの移動も横方向なのでどっちが良いのかはよくわかりません。, ただ、メニュー構成などはそれほど多くもないし悪くもないので初見でも普通に使えるのですが。, ボディ下部の形状に合わせてあるマイク端子のゴム蓋なのですが、これが締まり(閉まり?)もイマイチなので引っかかって勝手に開いてしまいます。と言うか気づいたらいつも開いてます。, 一応、防塵防滴構造のボディなのですが、ちょっと雨に濡れるのにも常に確認が必要となりそうです。, 二重の虹がすごく綺麗に出てたので慌ててレンズ交換して撮ったら圧倒的なセンサーダストだった #SIGMAfp pic.twitter.com/FOTMN8it5Y, パナソニック機にも搭載されているオリンパスのSSWFのようにセンサーダストを超音波でふるい落とす機能がないこともあり、非常にセンサーダストが乗りやすい印象です。, 上の画像のゴミはブロワーで大半が取れましたが、画像右下の方には早速ブロワーで取れない小さなゴミも乗りました, あと、赤外線カットフィルターがセンサー面と離れていてゴミが目立ちにくいと言う話も聞きましたが、ダストの輪郭が大きくボケてしまって逆に後処理しにくくなっている気もしますどうなんでしょう。, 本体にホットシューはありませんが、付属のパーツHU-11を使うことで増設できます。, 光った。なんとRAWだと SS1/15s以上長くせんといかんらしい(JPEGだと1/30) https://t.co/IdS8joX6cG, ただシャッタースピードをRAWだと1/15秒、JPEGだと1/30秒より長くする必要があり、かなり使用シーンが限られてしまいます, このHU-11を接続する際に左のストラップホルダーを外すのですが、この撮影で外した際に失くしてしまいました。, ちなみにストラップホルダーはSIGMAのオンラインショップにて3,300円で売っています。, STRAP HOLDER SH-11 (2 pcs. トーンコントロール・カラーモードのそれぞれのメニューに素早く移行できる「TONE」ボタン、「COLOR」ボタン。 提灯の緋色と映りこんだ光が鮮やかで、どことなく妖しげ、非現実的な雰囲気になりました。, フルサイズセンサーを搭載していることを忘れてしまうほどコンパクトなボディとレンズで、 Ameba新規登録(無料) ログイン. BIO. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. シグマから新しいコンセプトのデジタルカメラが登場しました。その名は「fp」。フルサイズセンサーを搭載するカメラとしては世界最小(幅112.6 × 高さ69.9 × 奥行き45.3 mm)・最軽量(422g)となるコンパクトなボディ。 Apple製品以来というか、それ以上でした。, 今回購入のキットレンズ45mm F2.8 DG DN Contemporary のデザインも fp 同様に最高の質感でマッチングもこれ以上ない組み合わせです。, 金属製の鏡筒とレンズフード、絞りリングの感触から動きまでほんと素晴らしい作りのレンズです。モノとしての質感は過去最高のレンズかもしれません。, ある程度割り切りをもとに作られているカメラですので、最初にネガティブポイントに感じるかもしれない部分を伝えておきます。, いろいろ書いてますが、全てはfpの魅力の前にかき消されてしまうほど些細なことです。, マイクロフォーサーズ機や LUMIX S1/Rのように強力な手ブレ補正が効くカメラを使い続けてきたせいか手ブレ写真を連発してしまっています, しかもファインダーがないこともあり、ついホールドが甘くなってしまっていることも多分にあります。, LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.のように、光学手ブレ補正が搭載されたレンズなら問題なく作動します。ボディとのバランスはともかくよく効きます, 一応静止画でも使える電子手ブレ補正機能は搭載しています。 芸能人ブログ 人気ブログ.