oracleクライアント9.2.0.1とoracleサーバ10gで動きますでしょうか. サーバにアクセスしてsqlplusで、 sqlに関するツールは使用できないルールでして、あくまでsqlplusのコマンド上でみやすくしなければなりません。 hogeテーブルの全ての項目で ORDER BY すれば間違いないということになると思います。, rownumber() over() を使えばできると思います。 1000 | aaaa SELECT t.cl1,t.rownum FROM (SELECT cl1,rownumber() over (ORDER BY cl2) as rownum FROM hoge) AS t WHERE rownum between 1001 and 2000 ORDER BY rownum カラム名2 とすると、「1001」ではなく、「1000」が返されます。   これは初期化パラメータUNDO_MANAGEMENTがAUTOに設定されており、かつUNDO_RETENTIONが保存期間として適切に設定されている場合のみ使用できます。    SQL> select log_mode from v$database; sql 201:実行速度の遅いクエリを見直す10の方法 2019/04/15 09:00 要件把握良し、テーブル確認良し、 テーブル結合も良し 、いつでもクエリを実行させられる準備を整えたあなた。 --------------------------- カラム1 1の値 where a.年月 = 任意の値 カラム名1 --------------------------- 1の値 2の値 区分 年月   金額 こんにちは!システムエンジニアのオオイシです。 sqlのwhere句をご存知でしょうか? where句を使えるようになると、データベースに保存された大量データの中からレコードを検索することが可能になります。where句の使い方を知りたい!と考えている人のためにこの記事では、 where句とは … カラム名2 SQL>set linesize 列数 外部結合を用いるのだとは思うのですが、3つの表に対して行う場合の B   200311  600 --------------------------- --------------------------- で並べ替えたデータ群のうち,先頭の1件だけを 現在DBからあるレコードが消えてしまい(最初から作られてない可能性もあり)、顧客からクレームがついています。 株式会社ビットエーの技術ブログです。本記事ではMySQL5.7以上で使える、ngramでの日本語全文検索について紹介しています。 改善方法としてはViewを作成しないで従来のSQLにインデックスを張って取得する方法にしようかなと考えています。 自分の考えでは↓を考えています。 --------------------------- カラム名2 (実際には1レコードにその他項目があり、それらも取得します。) ご教授下さい。 カラム名3 --------------------------- left join c on (b.商品ID =c.商品ID)   ですが、そのREDOログのサイズとシステムのアクセス量によって保存期間は変化します。アーカイブログ設定しておけば、古いREDOログはアーカイブとして吐き出されます。   これらは#1の方がおっしゃったLOGMINERで実行済みSQLを調査することができま...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 状況から考えて怪しいプログラムを調査したのですが、原因不明でした。 A   200412  600 AND を実行する。 3の値 C   200508  400 と書くのが一般的でしょうね。, いつもお世話になっています。 SELECT t.cl1,t.rownum FROM (SELECT cl1,rownumber() over (ORDER BY cl2) as rownum FROM hoge) AS t WHERE rownum between 1001 and 2000 ORDER BY rownum --------------------------- 書き方がわからず困っています。 (半角なら取れるのですが・・・) C   200508  400 ですが、少ししか使用率が減らず困っています。 カラム名1 あらかじめ特定のテーブルを結合しておけば速くなる?と思っています カラム2 2の値 truncate テーブル名 drop storage; * from (select 区分, max(年月) as 年月 from XXX group by 区分) As A 3の値 カラム名3 を実行する。 例えば、hogeテーブルの、1件目から1000件目までを取得するには次のようなSQL --------------------------- (7)ハードを増強する。 最終手段。メモリ・cpuの増設、高速ハードディスクへの変更など 順番は適宜、入れ替えてください。 個別sqlが速くなっるかどうかはテーブル定義、実sqlと実行計画、データ量などの情報がないと判断できません。 カラム名1 テーブルを削除した際にはPURGE RECYCLEBINで、BIN~のテーブルも ・VIEWを使う 1 rank関数とは?2 ランクづけできる関数まとめ3 まとめrank関数とは?rank関数とは、sqlクエリで取得した結果セットの各データに順位をつけて返す関数のことです。データの順位は、1から順に振られます。rank関数とrow_num 上記のように意味不明な形式で出てきます。 どなた様か、ご教授よろしくお願いしますm(_ _)m, 日付検索を行う場合は、以下のように書式を含める必要があります。 日付時刻型が「2005/05/26 19:13:00」という感じで入ってます。 下記のようなデータがあった場合、それぞれの区分毎に sqlのテーブル結合時の順番は、 onで結合 → whereで抽出 left outer joinはonで抽出はできない. select * 2.部分的にdeleteして、領域を開放したい場合 --------------------------- 2.フラッシュバック問い合わせ これで領域も開放されます。(最後のところをreuse storageとすると領域保持する意味となる) 1行目は領域開放の前準備、3行目は1行目の変更を元に戻す意味。 教えてください。 select trim(' あいうえお ') from dual; ----------------------------- 各種インターンシップやイベントもこちらからご確認ください。, SQLチューニングは、SQL実行において、処理に時間がかかっているSQLを対象に内部処理を解析し、最適な動作に改善していくことを目的としています。ここでは、サンプルを使用してSQLチューニングを実施し、その流れを解説します。, SQLチューニングでは、SQLの実行計画を解析する必要があります。SQLチューニングを実施する前に、実行計画の解析で前提となるテーブルのスキャン方法と結合方法を簡単に説明します。, 2つのテーブルを結合する場合の結合方法です。2つのテーブルのスキャン結果を入力として、1つの結果を出力します。代表的な結合方法には、以下があります。ここでは、結合対象の2つのテーブルを区別するため「外側テーブル」と「内側テーブル」と呼びます。, pg_stat_statementsビューに対して以下のSQLを実行し、実行時間が長いSQLを、時間がかかっている順に3件出力します。, pg_stat_statementsビューの内容から、salesテーブルとpriceテーブルを検索するSQLの実行で時間がかかっていることがわかります。, クエリ統計情報(pg_stat_statements)以外にも、プランナ統計情報(pg_statistic)や関数統計情報(pg_stat_user_functions)を定期的に取得しておくことで、性能劣化が発生した際の分析に利用できます。, 統計情報ビューで平均6秒かかっているSQLが検出できたため、次に、サーバログを利用して3秒以上かかっているSQLを確認してみます(postgresql.confのlog_min_duration_statementパラメーターを3秒に設定)。, 統計情報ビューを利用した場合と同様に、salesテーブルとpriceテーブルを検索するSQLの実行で時間がかかっていることがわかります。, サーバログでは、個々のSQLについて、実際にどれくらいの時間(duration)がかかっているか、また、呼び出し元のユーザー(user)、データベース(db)、アプリケーション(app)などを確認することができます。ただし、これらの情報がログに出力されるよう、事前にpostgresql.confのlog_min_duration_statementパラメーターやlog_line_prefixパラメーターを設定する必要があります。, salesテーブルとpriceテーブルに対する検索処理で、なぜ時間がかかっているのかを調べてみましょう。, まず、何が原因となっているのかを調査するためにEXPLAINコマンドを実行して、対象SQLの実行計画を確認します。ANALYZEオプションを付けて実際にSQLを実行し、その実測値もあわせて確認してみます。ANALYZEオプションを使用すると実際にSQL文が実行されます。INSERT文やDELETE文などの実行計画を表示する際は、BEGIN文とROLLBACK文を使用してデータに影響を与えないようにしてください。, 実行計画から、以下がわかります。また、最終的な実行時間は、16529.869msとなっています。, まず、チューニングポイントとして、actual timeを参考に、どの処理に時間がかかっているかを確認します。上記(4),(5)については特に問題がないことが確認できますが、(1),(2),(3)からは、結合処理に時間がかかっていると分析できます。そこで、マージ結合が適切な結合であるか、またその際の処理内容を改善できないか検討します。, (2)では、postgesql.confのwork_memパラメーターの値以上のメモリをソートで使用しているために外部ソートとなっています。この場合、以下を実施し、work_memパラメーターの値をDisk(108648kB)より大きくすることでソート方式をquicksortに変えて処理を高速化するといった対策も考えられます。, サーバ側のpostgresql.confファイルを変更すると、データベースクラスタ全体に対して変更が有効になり、使用メモリ量の大幅な増加が考えられます。このため、できるだけクライアント側での変更を選択し、影響範囲を局所化してください。, salesテーブルには500万件、priceテーブルには1000件のデータが登録されていました。今回のケースでは、データベース環境に対して比較的大きなテーブル同士を結合しており、マージ結合が妥当な結合方法であると推測できます。, 次に、salesテーブルとpriceテーブルのテーブル定義を出力し、WHERE句の条件で指定された結合キーである“name”の定義内容を確認します。, 上記から、priceテーブルでは、主キーである列“name”がインデックスとなっていることがわかります。しかし、salesテーブルは大きなテーブルであるにも関わらず、結合キーにインデックスが定義されていません。マージ結合の処理において、結合キーにインデックスを使用していないためソートに時間がかかっていると推測できます。, 「3. select B. SELECT t.cl1,t.rownum FROM (SELECT cl1,rownumber() over (ORDER BY cl2) as rownum FROM hoge) AS t WHERE rownum between 1 and 1000 ORDER BY rownum 原因を調査」での調査結果から、インデックスを追加し、性能が改善するかを確認します。, salesテーブルの列“name”に対して、インデックス“sales_name_idx”を追加します。, マージ結合の事前処理として実行されていたソート処理とそれに伴う「Seq Scan」が、インデックス“sales_name_idx”を利用した「Index Scan」に変更されています。これにより、マージ結合にかかる時間が短くなり(インデックス追加前:13546.656ms、インデックス追加後:7972.011ms)、全体として、実行時間(Execution time)が短縮されました(インデックス追加前:16529.869ms、インデックス追加後:9975.771ms)。 カラム名2 <取得したいデータ> カラム名3 BETWEEN '2005/05/26 00:00:00' AND '2005/05/26 23:59:59' ちなみにデータベースはDB2を使用しています。, rownumber() over() を使えばできると思います。 ACCESSでは select cola from tbl01 where rownum < 1 order by cola desc; よくわからいのですが、 データを調べたいのですが、 alter table テーブル名 shrink space cascade; 以上の点についてご存知の方、どうぞ回答よろしくお願いします。, OracleのSQL実行痕跡は以下に示すものの中にあります。 select aaa from (select cola aaa from tbl01 order by cola desc) where rownum = 1; そこで、Oracleの方で今まで流れたSQLをログとして保存していれば手がかりがつかめるのではないかと思い、情報を探しているのですが見つからないので教えて頂きたいのです。 とすれば良いです。, 質問させていただきます。 ORACLEでそのような機能(SQL)はあるでしょうか? SQL文の見直しはするとして、それでも改善できない場合、高速化にはどのような手立てをするものなのでしょうか? 今使用している表領域の使用率が高くなってきたため、 コロナ禍により様々なものが変わろうとしています。人の働き方やビジネスプロセス、ビジネスモデル、そして多様なステークホルダーにどのような共通価値を提供するか。, 今、ニューノーマルの時代に向けて、想像力を働かせ、ビジネス全体を“Reimagine(再構想)”することが重要です。 業種業界を問わず、この危機を乗り切ることができるよう、富士通はソリューションを提供していきます。, 富士通は強みであるAIやIoT、5G、セキュリティなどのテクノロジーと、強固な顧客基盤に支えられた業種業務ノウハウを活かして、お客様、社会が求める価値を実現するデジタルトランスフォーメーション(DX)を追求していきます。, 「働く」ということだけでなく、「仕事」と「生活」をトータルにシフトし、Well-beingを実現します。, 富士通が描く5G WORLD。ニューラルな5Gネットワークの創る4つのREALで、富士通は社会を変えていきます。, ICTインフラ全体の最適化で、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるインフラを実現, オンプレミスからパブリッククラウドまで、お客様のビジネス価値最大化に向けた最適なICT環境をワンストップで提供します。, 世界に広がる富士通グループ約300社での対策と運用で得たノウハウで、情報を「守る」だけでなく「利活用」する環境を実現。お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速します。, データ活用によりお客様とのデジタル接点を高度化。システム化に向けたコンサルティングからデータ分析、基幹システム連携、運用保守まで一気通貫で支援します。, 様々な業種・業態のお客様との取り組みのなかで得たノウハウに基づき、お客様のデジタルトランスフォーメーションをご支援します。, 昨今の人々の働き方や考え方、価値感の急激な変化に対応し、持続的な社会の実現を目指します。生活者の視点から社会に求められることを汲み取り、今まで接点がなかったモノ・コトをつなげ、生活者へ新たな価値を提供し、「Society5.0」の世界を実現します。, 最新テクノロジーとデリバリーモデルにより、ハイブリッドIT環境の全体最適化を実現するソリューション群。, お客様のビジネスに最適な、ハイブリッドIT環境の構築や運用サービスの提供により、ITシステムにおける運用負荷軽減、TCO削減、納期短縮を実現します。, 当社独自の高い技術力や幅広い業種ナレッジ、経験豊富なAI専門人材を強みに、お客様のビジネスに合わせたAI活用をご提案します。, FUJITSU Quantum-inspired Computing Digital Annealer(デジタルアニーラ), 社会の様々な分野で存在する組合せ最適化問題を瞬時に解く新しいアーキテクチャのコンピュータです。, 競技のレベルアップから新しい観戦スタイルまで、3つのソリューション「スポーツのセンシング / AI」「スポーツデジタルマーケティング」「スタジアム / アリーナソリューション」で、スポーツ業界の発展に貢献します。, 富士通のビジネスやテクノロジー、社員インタビューなどをご紹介しています。 Oracleの設定などは前任者がしており、まともな引継ぎを受けないまま私が維持運用員となりました。 ご教授いただけないでしょうか? 消しています。 1000件くらいずつ順番に取得できる良い方法があったら教えてください。 区分 年月   金額 カラム3 3の値 alter table テーブル名 disable row movement; 1.該当テーブルの全件削除で良い場合 ORDER BY 項目名;   アーカイブログモードになっているかどうかは、下記で確認できます。 --------------------------- 解決するには、 A   200503  560 データを調べたいのですが、   また、どのアーカイブログファイルを調査するかは下記を参照すれば良いと思います。 ただし、それぞれの設定レベル、保存方法によって、参照できる範囲は変わります。 取ることができますが,    SQL> select name,to_char(completion_time, 'yyyy/mm/dd hh24:mi') adate from v$archived_log;   オンラインREDOログはすべてのOracleデータベースに存在します。 1の値 2の値 ただし、それぞれの設定レベル、保存方法によって、参照できる範囲は変わります。 2005/05/26 を抽出したいのですが、 1.オンラインREDOログとアーカイブログ 第2引数で消したい文字を指定できます。 select カラム1,カラム2,カラム3 from hoge; ・ストアドプロシージャーにする よろしくお願いします。, テーブル名をXXXとすると次のようなSQLでよいと思います。(最善の方法かどうかは自信がないですが) 2回のSQLが思い通りに行くためには ORDER BY した結果が常に同じである必要があると思います。 select * from a,b,c 等のように分かりやすく表示できないでしょうか? インデックスを作成して高速化(create index) トランザクション処理 vbaクラスの全コード:トランザクション処理 サブクエリ(副問合せ) サブクエリのネストとsqlコメント&整形 with句(共通テーブル式) 取得行数を限定するlimit句 分析関数(over句,window句) [tbl01] left join b on (a.商品ID =b.商品ID) where句を使ってレコードを検索する場合,and,or,inなどを利用すれば複雑な条件の検索が可能です。ただし,テーブルの結合時にテーブル名付きの列名にしなかったり,インデックスを利用できないようなsqlの書き方だと,sqlの検索パフォーマンスが低下する場合があります。 ちなみにOracle9iR2を使用しています。 ただ、厳密には from a -----------------------...続きを読む, SQLPLUSを起動して、 たった一度の処理のためにテーブルに項目を追加するのもどうかなと思っています。 C   200301  1100 私はOracleの知識(管理面について)が殆どなく、Oracleを使うことはできるが、Oracleの設定がどういう状況になっているか調べることもできず、資料もありません。 1001 | bbbb   これらは#1の方がおっしゃったLOGMINERで実行済みSQLを調査することができます。 select trim(' ' from ' あいうえお ') from dual 何か他に原因があるのでしょうか?, 前の方のおっしゃるとおり、DELETEしただけでは領域は開放されません(ハイウォーターマークが下がらない)ので、以下を試してみてください。 cola | colb なにかいい方法はありますか?, こんにちわ。 2.あるとすれば、保存機能が有効になっているか、保存したファイルがどこにあるかをどこで確認できるか? alter table テーブル名 enable row movement; ・SQL見直し よくわからいのですが、 trimが使えると思っていたのですが、できませんでした。 でどうだ。 例えばこんな風に --------------------------- <検索対象データ>   ただし、監査レベルなどを理解しておかないと、すべてのSQLが取得されていない可能性がありますので、難しいかもしれません。, OracleのSQL実行痕跡は以下に示すものの中にあります。 ただし、ここでは cl2 で ORDER BY した結果に番号を振っています。 SELECT TOP 1 項目名 FROM テーブル名   やっていることは、UNDO表領域(旧RBS用表領域)の中に残っている実行履歴を参照しています。したがって、データベース設計時にフラッシュバック問い合わせを前提としていない限り、使える可能性は低いです。 テーブルのスキャン方法と結合方法. --------------------------- --------------------------- where a.商品ID =b.商品ID (+) and b.商品ID (+) =c.商品ID (+) --------------------------- すいませんがよろしくお願いします。, 「とは SQL」に関するQ&A: perlでmysqlのfetchrowとfetchrow_arrayの違いは何でしょうか, あいまいな質問に答えていただきありがとうございます。 2行目でcascadeしておくと、関連インデックスの領域も一緒に縮小してくれます。, ASP+Oracle9iで作られたシステムがあります。 ----------------------------- SELECT t.cl1,t.rownum FROM (SELECT cl1,rownumber() over (ORDER BY cl2) as rownum FROM hoge) AS t WHERE rownum between 1 and 1000 ORDER BY rownum としてみましたが、うまくいきませんでした。, ansi構文の趣旨からいえば、結合条件と絞り込み条件は分けて書くので・・ しかし、テーブル1のレコード数が8万件存在するため、一気に全件を取得するのはまずいことになるのではと危惧しています。 あまり聞きなれない言葉で詳細わからないものもありますが調べて検討してみます。, 「処理 データ」に関するQ&A: Accessでボタンを押したらエクセルデータを読み込み処理をしたい, 「とは SQL」に関するQ&A: 外部結合と等価結合のパフォーマンスの違いについて(ビューの場合), ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, テーブル1のレコードを全件取得し、取得したレコードの特定の項目を一件ずつチェックし、テーブル2の値を更新する処理を考えています。 出力形式が見づらくて困っています。 年月が最大(最新)のデータを取得したいです。   オンラインREDOログはすべてのOracleデータベースに存在します。 というデータがある場合、 --------------------------- データベースはオラクルを使っていて、 また、EXPLAIN ANALYZEの実行時間(Execution time)は、「サーバログを確認する」で確認したSQLの実行時間(duration)と異なる場合があります。「サーバログを確認する」では、6518.096msとなっていましたので、チューニング後のサーバログでもSQLの実行時間(duration)を確認してみます。(postgresql.confのlog_min_duration_statementパラメーターを0(すべてを出力)に設定), durationが1479.164msであり、サーバログからもSQLの実行時間が短縮されたことがわかります。, ここでは、実際にチューニングを行いながら、SQLチューニングを説明しました。SQL実行で性能に問題が発生した場合は、実行計画を分析し適切な処理となるようにチューニングを実施してください。, PostgreSQLに興味をお持ちのお客様はこちらのコンテンツもお勧めです。ぜひご覧ください。, Enterprise Postgresの特長や機能、動作環境、価格などの製品情報をご案内しています。, Enterprise Postgresの全機能を無料で90日間お試し頂ける体験版がダウンロードできます。, ミッションクリティカルな機能要件にこだわるEnterprise Postgresの最新バージョン「12」を解説します。, PostgreSQLを企業利用するために必要な技術面、コミュニティー面、サポート面を解説します。, 高精度な文書翻訳をセキュアに利用 (Zinrai Translation Service), コンタクトセンターのナレッジ検索を効率化(Contact Center Knowledge Assistant), 中長期環境ビジョン『FUJITSU Climate and Energy Vision』, (1) salesテーブルとpriceテーブルの結合方法として「Merge Join」が選択されている。, (2) salesテーブルのソート処理が「外部ソート(external merge:ソート結果を外部ファイルに書き出すソート)」になっており、処理に時間がかかっている。その結果、マージ結合の処理時間が長くなってしまっている。, (3) salesテーブルとpriceテーブルのスキャン方法に、「Seq Scan」が選択されている。, (4) 推測値と実測値のrowsがほぼ一致しているため、統計情報は最新化されている。, (5) priceテーブルは、「quicksort(メモリ上のソート)」が選択されているため、メモリ内(74kB使用)で高速に処理されている。. SQL>show linesize --------------------------- col BETWEEN TO_DATE('2005/05/26 00:00:00','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS') AND TO_DATE('2005/05/26 23:59:59','YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')   監査を実行していれば、実行SQLを取得できる可能性があります。 よろしくお願い致します。 ...続きを読む, 件名の通りなのですが、作成したViewが遅くて困っています。