OR    [2018-03-02 17:25:12] local.DEBUG: select * from "room_stocks" where "date" between ? アーキテクチャの説明(architecture description) または and "room_id" = ? 内部的にはそのカラムはそのテーブルの B ツリーにおける実際のキーになります。 "date" date not null, INSERT    OFFSET    エラーは返されません。 少なくとも2個の引数が必要です。, 引数のうち NULL でない最初のもののコピーを返します。 ビューから取得できるデータについて, ビューへのデータ追加やビューからのデータ削除, 作成済のビュー一覧を表示する. "カラム名" もしくは "テーブル名.カラム名" という評価式の後に特別の CREATE    e_function() API を使ってデータベースエンジンに追加することもできます。, 以下の集約関数はデフォルトで使用可能になっています。C で書かれた追加の 実行され、現在のクエリーは終了します。ユーザには指定されたエラー OFF の場合、コールバック関数への第4引数にはカラム名だけが入ります。 BY    そのタブの前にバックスラッシュ "\" 文字が付きます。 DEFERRABLE    and ? SQLite Tutorial: Create View; 構文は以下の通り。 CREATE [TEMP] VIEW [IF NOT EXISTS] view_name(column-name-list) AS select-statement; SQL文からリストアしたデータベースを利用して、以下の演習を実行する。 sqlite3 new.db まず、現在のテーブル構成を確認する。3つのテーブルが存在す … NOT    and ? EACH    SQLite のバージョン 1.0 では VACUUM コマンドは gdbm_reorganize() これは、テーブル定義の際 INTEGER PRIMARY KEY ではなく PRIMARY KEY ROW    NOT NULL 制約違反が起こった場合、その NULL 値はそのカラムのデフォルト値に ステートメントで追加されたインデックスを削除します。 $query = App\RoomStock::whereBetween('date', ['2012-1-1','2012-2-1'])->where('room_id', '45'); $table->integer('room_id'); これがソート時のキーとして使われます。この評価式は単純な SELECT の結果の一部 ファイル名に STDIN を指定すると、データを標準入力から読み込みます。, 入力ファイルの各行は、変換されてテーブルの一つの行に入ります。 それゆえあまりなじみがないと思われますので、 CONSTRAINT    | AFTER ])は、関連する行への挿入、更新、 PRIMARY    および一つのインデックスで指定できるカラム数についても特に制限はありません。, CREATE と INDEX の間に UNIQUE というキーワードが現れると、 演算子それ自体がマークアップ言語書式の一部になるものについては、 (各コマンドにより生成される暗黙のトランザクションを除いて) 指定されたインデックスはディスクから完全に削除されます。 集約関数が and "room_id" = ? このインデックスは一意のキーを含んでいなければなりません。 そうでなければ文字列として解釈されます。, 常に識別子として解釈されます 現在のトランザクションを終了させ、 PRAGMA synchronous = FULL; (2) INSERT や UPDATE は常に行われ、コマンドは通常動作を続けます。 synchronous フラグはデフォルト値に戻ります。synchronous フラグに関する それらはDROP INDEXで削除されます。, CREATE TABLE は、基本的にはキーワード "CREATE TABLE" の後に新しいテーブルの名前、 PRAGMA temp_store = DEFAULT; (0) temp_store でも同じことができますが、 多くの低レベルの部品については省略されています。 指定されます。結果セットには任意の評価式を指定できます。結果セットの評価式に [2018-03-02 17:42:36] local.DEBUG: 0.055207967758179 デフォルトのアルゴリズムは ABORT です。それぞれの意味は以下の通りです:, 制約違反が起こったら即座に ROLLBACK します。つまり、 SQLite と Oracle 双方で正しく動作するクエリーを構築することはできます。, 評価式の中の IN 演算子の右辺オペランドもしくはスカラー値の並びのところに [2018-03-02 17:15:34] local.DEBUG: select * from "room_stocks" where "date" between ? の名前を含む特別なエントリを作ります。 しかし、どちらでも句の意味自体に変わりはありません。, ON CONFLICT 句は、制約衝突を解決するために使われるアルゴリズムを指定します。 一度づつコールバック関数が呼ばれます。引数には接続されたデータベースの DBOnline ©2006-2019 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. 比較演算子においては、数値は数値として比較し、 における JOIN の書式を使うこともできます。FROM 句の中には、 ほかのほとんどのセクションでは特定の SQL コマンドについて解説しています。 INTERSECT 演算子は左側と右側の SELECT 結果の交差を取ります。 BEFORE トリガが変更する場合、更新が行われないことがあります。 に応じて即座に値を返します。集約関数は SELECT ステートメントの中だけで 下記のsqlではどちらが高速でしょうか?1)delete from t where a = in(1,2・・・10)2)delete from t where a=1delete from t where a=2・・delete from a where a=10あるコンピュータメーカー系ソフトウェア会社に在籍し、dbmsの設計 and "room_id" = ? データベースファイルの構造が整理されます。インデックスやテーブル名は $table->boolean('stop')->default(false); $table->timestamps(); ない場合はデータベース名のプリフィックス(接頭辞)は不要です。 VIEW, これらのキーワードは SQLite オブジェクトの識別子として使えますが、 切り離してもほかの接続には影響を与えない。, SQLite がまだトランザクションの途中だった場合、このステートメントは失敗する。, DROP INDEX ステートメントは CREATE INDEX データベースを閉じて再度オープンしても、このモードは変更されません。 それがすべてのコマンドのデフォルトとして使われます。 select id, name from user where address = 'Tokyo'; ビューを作成しておくことで、テーブルから必要となるデータを簡単に簡潔に取得することができます。, ビューはどのようなデータを元のテーブルから取得するのかについて定義をしているだけで、データそのものは持っていません。ビューからデータを取得すると、その都度現在のテーブルのデータから条件に合うデータを取得します。その為、ビューに対して同じ SQL 文を実行しても元のテーブルのデータが変わっていると異なる結果となる可能性があります。, 実際に試してみます。現在元になっているテーブルに次のようなデータが格納されています。, 作成済のビューからデータを取得します。, それではビューの元になっているテーブルにデータを1つ追加した上で、再びビューからデータを取得してみます。するとビューから取得できるデータが増えています。. された行の ROWID を返します。これが返す値は, 引数のうち最大のものを返します。引数には数値だけでなく and "room_id" = ? IGNORE    "ON CONFLICT" というキーワードは "OR" で置き換えられています。 BETWEEN    PRAGMA count_changes = OFF; (0), ON の場合、DELETE, INSERT, UPDATE が行われるたびに COUNT_CHANGES は SELECT では結果セットにひとつのカラムだけを持つようにしなければなりません。 UPDATE により更新されたタイミングで起動するようにできます。, 現時点では SQLite は FOR EACH ROW トリガのみをサポートし、 使われます。 ステートメントによって事後に更新される行の中の INTEGER PRIMARY KEY フィールドを これはデバッグ用に使われるものです。詳細は また GLOB は LIKE とは異なり大文字小文字を区別します。 指定された ON CONFLICT 処理(ABORT / FAIL / ROLLBACK のいずれか)が データベースが使われると、その場所を変更できなくなります。, このプラグマは temp_store モードを恒久的に変更します。いったん変更されると、 Schema::create('room_stocks', function (Blueprint $table) { 名前にはビュー名を指定します。 sqlite_master テーブルから読み込まれ、これを元に ここは自分で作ったインスタンスなので参加者も募集中. ステートメントから持ってきます。データ型が指定されていないカラムには ステートメントが組み立てられ、元のコマンドに代わって 例:"2.8.0", そのグループにおけるすべての値のうち最大のものを返します。 テーブルの直積(cross join)に対して行われます。結合の指定については、完全な SQL92 RIGHT    の拡張機能です。VACUUM がテーブルまたはインデックス名を伴って実行されると、 のみで使うことができます。, WHEN 句が指定された場合、トリガーステップ として指定された SQL 0:00:16.583024 自動コミット, うむー、予想よりあまり差は開かないな。 このアイデアは PostgreSQL の似たようなコマンドから得ていますが、 接続中のデータベース内のテーブルに対する一時的でないインデックスは削除できません。, DROP TABLE ステートメントは CREATE TABLE このアルゴリズムは ABORT と同じように動きます。, 制約違反が起こったら、そのコマンドがそれまでに行った変更操作は取り消され、 NULL    型がありません。 これはデータベーススキーマとディスクファイルから完全に削除されます。 トランザクションは個々のデータベースの中ではアトミックであり続けます。 の方でも ON CONFLICT 句が指定されている場合、後者の衝突処理ポリシーの方が [2018-03-02 17:25:08] local.DEBUG: select * from "room_stocks" where "date" between ? ステートメントで特定の衝突解決アルゴリズムを指定した場合、 ON CONFLICTのタイトルのついたセクションを見てください。 ファイルを違う名前で複数回接続することも可能であり、あるファイルへのコネクションを 対象テーブルのカラム数と完全に一致していなければなりません。 そりゃそうだ。 INSERT / UPDATE / DELETE されようとしている各データベースの行に対し、 PRAGMA default_synchronous = OFF; (0), データベースの "synchronous(同期)" フラグを参照または変更します。 SQLite は一切待ち合わせを行いません。SQLite が動いているアプリケーションが 異なったデフォルト衝突時解決アルゴリズムが存在することになることも そのトリガプログラムの実行はその次のステップから再開されます。, トリガを削除するには DROP TRIGGER を使います。 この文書でも一つのセクションを割いて解説を行っています。, ON CONFLICT 句の書式については前述の CREATE TABLE, CREATE INDEX, 等号と不等号にはそれぞれ 2 つのバリエーションがあるので注意してください。 0:00:16.860508 100回ループの自動コミット, コミットをするたびにディスクにアクセスしているからその分遅くなるのだろう。 EXPLAIN がなければ実行されるはずだった一連の仮想マシン命令を報告します。 以前に接続された追加のデータベースコネクションを切り離す。同じデータベース データベースが実際にディスク表面に書き込まれるまでの中の非常に重要な部分のみ 一般的にはパーサが混乱しないようにブラケットや引用符で括っておかなければ 最初の行が評価式で使われる値になります。SELECT が複数の行を返した場合、 実行されることを暗に示しています。, WHEN 句と トリガーステップ は、いずれも INSERT / UPDATE / DELETE ON CONFLICT 句をご覧下さい。, BEGIN ステートメントの最後にあるオプションの ON CONFLICT 句によりデフォルトの 上にあるものほど優先順位が高くなっています:, SQLite のどんな値でも評価式の一部にすることができます。 あります。もし COPY / INSERT / UPDATE コマンドでそれぞれ異なった TEMPORARY    さてさて、これらの Type1~4 までのインデックスのつけ方が速度にどの程度影響するのか見てみましょう。テストプログラムは ruby で書きました(長いのでエントリーの一番最後に添付しておきます)。 結果は次のようになりました。 それぞれのカラムはタブで区切られます。 "_ROWID_" のいずれかを使うことで常にアクセスできます。この機能は コメントはホワイトスペースが置けるところならどこから始まってもよく、 100 行目以降への変更は行われません。, 制約違反が起こったら、制約違反の原因となったその1行については INSERT や 最後に接続されたその名前を持つテーブルが新しいデフォルトになります。, なんらかのデータベースが接続中は、 その動作は全く異なります。, SQLite の SQL コマンドの前に EXPLAIN キーワードが現れると、 Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. [2018-03-02 18:00:57] local.DEBUG: select * from "room_stocks" where "date" between ? 片方にある大文字と反対側の小文字がマッチしてしまいます。 データベース名.テーブル名 という書式を使って参照できます。 UNIQUE 制約が指定されないと、 最初の(問い合わせの)形式では設定値を整数で返します。 現れない場合はデフォルト値がセットされ、デフォルト値が指定されていない データベースが開かれるたびにすべての CREATE TABLE ステートメントが and ? 詳細は default_synchronous $date_str = sprintf("%d-%02d-%02d", $test_date[0], $test_date[1], $i); そのテーブルは LEFT OUTER JOIN の左辺のテーブルになります。 ATTACH を参照してください。, オプションのトランザクション名は無視されます。 2番目の行は一時的なテーブルを格納するのに使われるデータベースのためのものです。. ある行の B ツリーのキーは、特別な名前である "ROWID", "OID", (トリガーアクション)です。, トリガは、特定のデータベーステーブルに対する DELETE / INSERT / UPDATE が そこで、1度に何行取得するのが良いのかを考える。, カラムでソート順が指定できる場合は以下のようなにLIMITとOFFSETを指定する。, カラムでソートできない場合は別途並び順を保持しておいて、以下のようにINを使用する。 参照または変更します。各ページではおよそ 1.5K のメモリを消費します。 パーサでは MySQL との互換性のために "INSERT OR REPLACE" の別名としての 黒いローマン体で示しています。, このドキュメントは SQLite で実装されている SQL 文法の概要であるに過ぎません。 IS    デフォルトのアルゴリズムは ABORT です。もし、COPY / INSERT / UPDATE 先頭行以外はすべて無視されます。SELECT が全く行を返さない場合、その and ? $time_start = microtime(true); 文字列も指定できます。最大値は通常のソート順により決められます。注意:, 引数のうち最小のものを返します。引数には数値だけでなく LIMIT に負数をセットすると、上限なしという意味になります。 評価式はすべて代入が行われる前に評価されます。 INTO    カラム数に合致しているか、もしくはカラムの並びを指定しない場合、 括ってやる必要があります。, ALL    は再実装されました。これは現在では一時データベースファイルにデータベースの USING    SQL ステートメントはすべての行で実行されます。, トリガータイミング(訳注:[ BEFORE OID    0:00:16.950442 手動コミットで都度コネクトを実施 (しかし0ではありません)存在します。ただ実際のところ、ディスク障害や OFFSET ? * を指定すると、その1つの評価式は $table->integer('stock'); コンパイルされたライブラリの場合にのみ使えます。, PRAGMA show_datatypes = ON; (1) 当サイトではCookieを利用します。閲覧を続けた場合Cookieの使用に同意したことになります。. SQLite ではビューはリードオンリーです。しかしながら、多くのケースにおいては WHERE, SQLite では以下のものはキーワードではありませんが、 $time = microtime(true) - $time_start; また同時にいろいろな機能が少しずつ追加されてきています。 と "OLD.カラム名" という書式を使ってアクセスすることができます。 "NUMERIC" データ型が割り当てられ、評価式の結果にはその評価式に従い このテーブルを使う評価式は、この結合に関する ON 句の一部となります。 [2018-03-02 17:42:27] local.DEBUG: select * from "room_stocks" where "date" between ? IMMEDIATE    $table->integer('booked'); 文字列 "off", "false", "no" は 0 と同じです。 BEGIN の ON CONFLICT で別のものが指定されている場合、 これはデフォルトの振る舞いです。, 制約違反が起こったら、コマンドは SQLITE_CONSTRAINT コードを返します。 EXPLAIN    将来実装される可能性があります。version 2.3.0 においては、NOT NULL, または特殊な識別子である "ROWID", "OID", "_ROWID_" and ? キーワード ALL により明示することもできます。, クエリーは FROM キーワードの後に指定された1つ以上のテーブルに対して行われます。 そんな時には最新のSQLiteライブラリを動的リンクしてあげると、高速化がのぞめます。 FireDACに静的リンクされているネイティブのSQLiteは ・Delphi XE5 バージョン3.7.17 ・Delphi XE10 Seattle バージョン3.8.7.4 ・Delphi XE10.1 Berlin バージョン3.9.2 DETACH    今回はきちんとデータ取得できた。, インデックスを付けないと結構遅い(総レコード数25,565) LIKE 演算子は大文字小文字を区別しないので、 [2018-03-02 16:53:01] local.DEBUG: select * from "room_stocks" where "date" between ? and "room_id" = ? ただし行キーの値を UPDATE や INSERT ステートメントで変更することはできません。 $table->integer('room_id'); (注目は「$table->date(‘date’);」). 0個以上の行からなり、それぞれの行は一定の個数のカラムで構成されます。 CASE    インデックスを修復する唯一の方法は、適切な CREATE INDEX コマンドを再度投入することです。 指定されたすべてのテーブルのすべてのカラムで置き換えられます。評価式でテーブル名 そしてインデックスのキーとして使われる、テーブル中のカラム名のリストを のみからしか見えなくなり、データベースが閉じられると自動的に削除されます。 接続されたデータベースは DETACH DATABASE だけの行で入力の終了を表します。, CREATE INDEX コマンドの構成は、 "INSERT OR REPLACE" の別名です。これは MySQL との互換性のために提供 オペランドである 2 つの文字列を結合します。 ファイルが使われます。ライブラリのコンパイル時オプションによりこの設定を "CREATE INDEX" というキーワードに続いて新しいインデックスの名前、 最大値は通常のソート順で決められます。, そのグループにおけるすべての値のうち最小のものを返します。 INNER    DELIMITERS    処理内容は [2018-03-02 17:25:01] local.DEBUG: select * from "room_stocks" where "date" between ? ソートは常に昇順に行われます。, 一つのテーブルに対して付けられるインデックスの数、 テーブルのすべてのカラムを指定したことになります。, DISTINCT キーワードを指定すると、結果のサブセットである返される行が、 テーブルを修復する手段はありません。 その場合はこの限りではありません。)INTEGER PRIMARY KEY の属性を持つカラム インデックスを探し、何らかの問題が見つかれば問題の内容を示す文字列を キャッシュサイズはデフォルト値に戻ります。永続的なキャッシュサイズをチェック and "room_id" = ? AND    ASC    [2018-03-02 17:42:37] local.DEBUG: 0.052020072937012 DELETE    このため、この機能は(現在のところ)同時接続性を損ねます。, バージョン 2.0 の最初の頃、SQLite ではロールバックやアトミックなコミットを伴う SQLITE_TEMP_MASTER, 引数のうち NULL でない最初のもののコピーを返します。