無断転載禁止, 税込30,800円でクアッドカメラを搭載する「OPPO A73」が11月20日より発売, 極上のXperia。SIMフリー版「Xperia 1 II XQ-AT42」レビュー, NTTドコモ、4万円以下で買える「AQUOS sense5G」など5Gスマホ6機種, モトローラ、トリプルカメラ搭載の高コスパスマホ「moto g9 play」「moto g PRO」を10月30日より発売, 《2020年》おすすめWi-Fiルーター10機種、古いルーターを使い続けている人は必見!, 【2020年11月】格安SIM人気12回線の通信速度を比較 速い/遅いMVNOは?, 「iPad Air(第4世代)」レビュー。iPad Proより速くて安い万能モデル, 【動画】どれだけ小さい?どれだけ大きい? 「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」, アイコス、グロー、プルーム、パルズ を比較! 加熱式タバコの現状まとめ《2020年最新》, HP Slim Desktop S01-aF0103jp 価格.com限定 (Celeron/1TB HDD/8GB/DVD搭載/キーボード&マウス) ベーシック モデル, CPU:インテル Celeron Dual-Core J4005(Gemini Lake) メモリ容量:8GB ストレージ容量:HDD:1TB OS:Windows 10 Home 64bit, 2枚のSIMカードを自在に使い分けられる、DSDV対応スマホカタログ(2020年10月更新), 12GBのメモリーと256GBのストレージを備えたSIMフリー版「Xperia 1 II」, 大容量バッテリーや高精細ディスプレイを搭載する「moto g8」シリーズのミドル機, AI処理の強いハイエンドSoC「Kirin980」を搭載する高コスパスマートフォン. 答え ひとりが持つことのできる記名式Suicaの枚数は1枚までです。ひとりで2枚以上つくることはできません。 解説 記名式Suicaはひとり1枚と決められています。複数を使い分けることはできないので、1枚に集約して利用し […] そのため、2枚目以降に登録したsuicaカードをエクスプレスカードに設定したい場合には、利用者が設定アプリの「WalletとApple Pay」設定画面で、手動でエクスプレスカードの設定変更を行う必要があります。 2-1.suica定期券がある場合にはエクスプレスカード設定変更を行う. 答え ひとりが持つことのできる記名式Suicaの枚数は1枚までです。ひとりで2枚以上つくることはできません。 解説 記名式Suicaはひとり1枚と決められています。複数を使い分けることはできないので、1枚に集約して利用し […] 実際はiphone7に2枚のsuicaが別々に登録されたということなっていました。 複数登録した場合は使用前にメインで使用するsuicaを選ぶ必要がある。 これが僕の失敗した原因です。suicaを複数登録した場合に定期券の適用範囲内での使用なら自動的に定期を登録してあるsuicaを使用してくれる … 5 mm重量:約198gSoC:Kirin 990 5G(2.86GHz×2+2.36GHz×2+1.95GHz×4)RAM容量:8GBストレージ容量:256GB増設用メモリーカードスロット:NMカードスロット(256GBまで対応)OS:Android 10.0SIMカードスロット:nanoSIM×2(1基はNMカードスロットと排他利用)LTE対応バンド: B1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/415G(NR)対応バンド:n1/3/28(TX: 703 - 733 MHz, RX: 758 - 788 MHz)/38/41(2515-2690 MHz)/77/78/79VoLTE:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイル(MNO)Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:非搭載メインカメラ:約4,000万画素(広角カメラ)+約4,000万画素(超広角カメラ)+約800万画素(望遠カメラ)+3D被写界深度計測カメラフロントカメラ:約3,200万画素+3D被写界深度計測カメラバッテリー容量:4,500mAhUSB:USB Type-C(USB3.1 Gen1), モトローラの製品ラインアップでは主力となる「moto gファミリー」。本機はその最新エントリーモデルで、直販価格が25,800円(税込)という低価格ながら、AIシーン認識機能を備えたトリプルカメラや、クアルコムのミドルレンジ向けSoC「Snapdragon 655」を搭載するなど価格性能比の高さが魅力だ。メインカメラは約800万画素の超広角カメラ、約1,600万画素のメインカメラ、約200万画素のマクロカメラという組み合わせのトリプルカメラ。超広角カメラは118°のワイド画角を持ち、マクロカメラは被写体に2cmまで近寄ってマクロ撮影が行える。, 2基のnanoSIMカードスロットを備え、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)のVoLTEに対応している。moto gシリーズと言えばトリプルスロットというイメージがあるが、本機のmicroSDXCメモリーカードスロットはnanoSIMカードスロットと排他利用となっている。, 画面サイズ(解像度):約6.4インチ(720×1,560)サイズ(幅×高さ×厚さ):約75.8×161.3×8.95 mm重量:約188gSoC:Snapdragon 665(2.0GHz×4+1.8GHz×4)RAM容量:4GBストレージ容量:64GB増設用メモリーカードスロット:microSDXCメモリーカードスロット(512GBまで対応)OS:Android 10.0SIMカードスロット:nanoSIM×2(microSDXCメモリーカードスロットと排他利用)LTE対応バンド: 4G:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41VoLTE:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイル(MNO)Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHz帯)NFC:非搭載FeliCa:非搭載メインカメラ:約1,600万画素(広角カメラ)+約800万画素(超広角カメラ)+約200万画素(マクロカメラ)フロントカメラ:約800万画素バッテリー容量:4,000mAhUSB:USB Type-C, 「moto g8」の上位モデル。5,000mAhの大容量バッテリーを搭載して、より長時間の駆動に対応しているほか、より高精細なフルHD+表示対応ディスプレイや、クアッドカメラを搭載している点が大きな違いだ。「moto g8」と同じSoC「Snapdragon 655」を搭載しており処理性能に違いはない。メインカメラは約1,600万画素の標準カメラ、約200万画素のマクロカメラ、約800万画素の広角アクションカメラ(動画用)、約800万画素の望遠カメラという組み合わせのクアッドカメラで、光学2倍のズーム撮影が行える。, 2基のnanoSIMカードスロットを備え、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)のVoLTEに対応している。なお、microSDXCメモリーカードスロットはnanoSIMカードスロットと排他利用となっている。, 軽量ボディに、有機ELディスプレイを組み合わせたシャープのハイエンドスマホ「AQUOS zero」シリーズの第2世代モデル。先行発売中の通信キャリアモデルはシングルSIM機だが、SIMフリーモデル「SH-M13」は、DSDV対応のデュアルSIM機となる。, 基本的なスペックはキャリアモデルから変更はなく、前モデル「AQUOS zero」よりもディスプレイが約0.2インチ拡大されながら、約5g軽くなった約141gという軽量ボディが特徴だ。なお、ディスプレイは、4倍速(1コマごとに黒い画面が差し込まれる)駆動の自社製の有機ELであるうえに、タッチパネルのリフレッシュレートも4倍速の240Hzに高められており、タッチ操作のダイレクト感にもすぐれている。こうした性能は、アクションゲームなどで効果を発揮するだろう。, そのいっぽう、ボディは防水・防塵対応なうえに、FeliCaポートや超広角+広角のデュアルカメラも搭載しており、機能性も高い。また、ビジネスシーンでも違和感のない落ち着いたデザインなので、ユーザーや状況を選びにくい。なお、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイル(MNO)の国内4キャリアすべてのVoLTEに対応している。, 画面サイズ(解像度):約6.4インチ(2,340×1,080)サイズ(幅×高さ×厚さ):約74×158×8.8mm重量:約141gSoC:Snapdragon 855RAM容量:8GBストレージ容量:256GB増設用メモリーカードスロット:非搭載OS:Android 10.0SIMカードスロット:nanoSIM×2LTE対応バンド:B1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/18/19/20/28/38/39/41/42VoLTE:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイル(MNO)Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:搭載メインカメラ:約1,220万画素(標準カメラ)+約2,100万画素(超広角カメラ)フロントカメラ:約800万画素バッテリー容量:3,130mAhUSB:USB Type-C, モトローラの主力モデル「g」シリーズの最新機種。水滴状の小型ノッチを持つ2,280×1,080のフルHD+表示に対応する約6.3インチの液晶ディスプレイを備える。メインカメラは、約1,600万画素の超広角カメラと、約4,800万画素の広角カメラ、そして被写界深度を計測するTOFカメラのトリプルカメラだ。広角カメラは、フォトダイオードを4個1組にまとめることで感度特性を4倍向上させる「クアッドピクセルテクノロジー」を搭載するほか、暗い場所での正確で高速なピント合わせが行えるレーザーオートフォーカスも搭載しており、高感度撮影機能にすぐれている。, また、同梱の充電器は、独自の急速充電「18Wターボパワーチャージャー」に対応しており、4,000mAhの内蔵バッテリーを15分で最長約8時間分、急速充電が行える。38,800円(直販サイトにおける税込価格)で購入できるコストパフォーマンスの高さも大きな魅力だ。NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)のVoLTEに対応している。, 画面サイズ(解像度):約6.3インチ(2,280×1,080)サイズ(幅×高さ×厚さ):約75.8×158.4×8.27mm重量:約188gSoC:Snapdragon 665RAM容量:4GBストレージ容量:64GB増設用メモリーカードスロット:microSDXCメモリーカードスロット(512GBまで対応)OS:Android 9.0SIMカードスロット:nanoSIM×2(1基はmicroSDXCメモリーカードスロットと排他利用)LTE対応バンド:B1/2/3/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41VoLTE:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:非搭載メインカメラ:約4,800万画素(広角カメラ)+約1600万画素(超広角カメラ)+TOFカメラフロントカメラ:約800万画素バッテリー容量:4,000mAhUSB:USB Type-C, 人気の高い「AQUOS sense3」の上位モデル。約6.0インチのIGZO液晶を備えるほか、グレードの高いSoC「Snapdragon 636」や6GBのメモリー、ステレオスピーカーや立体音響技術「Dolby Atmos」対応、高性能になったカメラなど、性能全般に余裕がある。なお、「AQUOS sense3」が対応する米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810H」に対応していない。, 「AQUOS sense3 Plus」は、さまざまな販路で発売されているが、そのうちDSDVに対応するのは、家電量販店やMVNOで扱われる「SH-M11」のみに限られており、通信キャリア向けモデルはいずれもシングルSIM機となっている。VoLTEは、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイルの4キャリアに対応している。, 画面サイズ(解像度):約6.0インチ(2,220×1,080、IGZO液晶)サイズ(幅×高さ×厚さ):約75×160×8.7mm重量:約175gSoC:Snapdragon 636RAM容量:6GBストレージ容量:128GB増設用メモリーカードスロット:microSDXCメモリーカードスロット(512GBまで対応)OS:Android 9.0SIMカードスロット:nanoSIM×2(1基はmicroSDXCメモリーカードスロットと排他利用)LTE対応バンド:B1/2/3/4/5/8/12/17/18/19/28/41VoLTE:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイルWi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:搭載メインカメラ:約1,220万画素(標準カメラ)+約1,310万画素(広角カメラ)フロントカメラ:約800万画素バッテリー容量:4,000mAhUSB:USB Type-C, 中国の家電メーカーであるシャオミ(小米)の日本初参入モデル。2,340×1,080のフルHD+表示に対応する約6.47インチの曲面有機ELディスプレイを搭載した大型のミドルハイモデルだ。なお「Mi Note 10」は6GBのメモリーと128GBのストレージを、「Mi Note 10 Pro」は8GBのメモリーと256GBのストレージを備える以外、基本スペックは共通している。, 大きな特徴は、5基のカメラで構成されたメインカメラだ。約1億800万画素の標準カメラ(約24mm)、約2,000万画素の超広角カメラ(16mm)約1,200万画素の2倍ズームカメラ、約500万画素の5倍ズームカメラ、約200万画素のマクロカメラという組み合わせで、1億800万画素の超高精細撮影から、望遠、超広角、マクロ撮影までを本機1台でこなすことができる。, また、5,260mAhという大容量バッテリーによるスタミナも魅力だ。大容量バッテリーで気になる充電についても、同梱される出力30WのACアダプターを使うことで約65分という短時間でフル充電が行える。, VoLTEは、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)の3社に対応している。, 画面サイズ(解像度):約6.47インチ(2,340×1,080、曲面有機ELディスプレイ)サイズ(幅×高さ×厚さ):約74.2×157.8×9.67mm重量:約208gSoC:Snapdragon 730GRAM容量:6GB(Mi Note 10)/8GB(Mi Note 10 Pro)ストレージ容量:128GB(Mi Note 10)/256GB(Mi Note 10 Pro)増設用メモリーカードスロット:非搭載OS:Android 9.0(MIUI 11)SIMカードスロット:nanoSIM×2LTE対応バンド:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40VoLTE:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:非搭載メインカメラ:約1億800万画素(標準カメラ)+約1,200万画素(光学2倍ズームカメラ)+約2,000万画素(超広角カメラ)+約500万画素(光学5倍ズームカメラ)+約200万画素(マクロカメラ)フロントカメラ:約3,200万画素バッテリー容量:5,260mAhUSB:USB Type-C, シャープの最新スマホ「AQUOS sense3」。その一般流通SIMフリーモデルである「SH-M12」は、国内メーカー製スマホとしては初のDSDV対応機となった。, AQUOSシリーズらしく、日本国内でニーズの高い機能が豊富で、FeliCaポートを備えるほか、ボディは防水・防塵に加えて、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810H」の19項目に対応しており、タフネス性能も備えている。加えて4,000mAhという大容量バッテリーと消費電力の少ないIGZO液晶を組み合わせることで1日1時間程度の使用であれば1週間の電池持ちを実現しているという(シャープ調べ)。メインカメラは標準カメラ(35mm換算の焦点距離で24mm)と、広角カメラ(35mm換算の焦点距離で18mm)という組み合わせのデュアルカメラに強化。従来からのAIシーン認識に加え、電子式手ぶれ補正と新画質エンジン「ProPix2」による被写体ぶれ補正機能により、手ぶれ・被写体ぶれを抑えた撮影が可能だ。, なお、VoLTEは、NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイルの国内4キャリアすべてに対応している。, 画面サイズ(解像度):約5.5インチ(2,160×1,080、IGZO液晶)サイズ(幅×高さ×厚さ):約70×147×8.9mm重量:約167gSoC:Snapdragon 630(2.2GHz×4+1.8GHz×4)RAM容量:4GBストレージ容量:64GB増設用メモリーカードスロット:microSDXCメモリーカードスロット(512GBまで対応)OS:Android 9.0SIMカードスロット:nanoSIM×2(1基はmicroSDXCメモリーカードスロットと排他利用)LTE対応バンド:B1/3/5/8/12/17/18/19/39/41VoLTE:NTTドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル)、楽天モバイルWi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:搭載メインカメラ:約1,200万画素(標準カメラ)+約1,200万画素(超広角カメラ)フロントカメラ:約800万画素バッテリー容量:4,000mAhUSB:USB Type-C, カメラ部分を切り抜いたパンチホールディスプレイを採用した、ファーウェイ「nova」シリーズの最新モデル。novaシリーズは高いコストパフォーマンスが特徴だが、本機は「P30 Pro」や「Mate 20 Pro」などに採用される、ファーウェイのハイエンドモデル向けSoC「Kirin 980」をはじめ、8GBの大容量RAMと、128GBのストレージを搭載しており、現状で最高レベルの処理性能とグラフィック性能を備える。なお、Kirin 980は、AI処理に特化したコプロセッサ「NPU」を搭載しており、カメラのシーン認識や、映像の認識などを高速に行うことも可能だ。, メインカメラは、約4,800万画素の標準カメラ、約1,600万画素の超広角カメラ、約200万画素のマクロカメラ、 約200万画素の被写界深度計測用カメラという組み合わせのクアッドカメラだ。ユニークなのはマクロカメラで、被写体からわずか4cmという近接撮影が行える。, 画面サイズ(解像度):約6.26インチ(2,340×1,080、TFT液晶)サイズ(幅×高さ×厚さ):約73.97×154.25×7.87mm重量:約174gSoC:Kirin 980(2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8GHz×4)RAM容量:8GBストレージ容量:128GB増設用メモリーカードスロット:非搭載OS:Android 9.0(EMUI 9.1)SIMカードスロット:nanoSIM×2LTE対応バンド: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41 (2545〜2655 MHz)VoLTE:auは後日配布のアップデートで対応Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:非搭載メインカメラ:約4,800万画素(標準カメラ)+約1,600万画素(超広角カメラ)+約200万画素(マクロカメラ)+約200万画素(被写界深度計測)フロントカメラ:約3,200万画素バッテリー容量:3,750mAhUSB:USB Type-C, OPPOの最新モデルである「A5 2020」は、人気の「Reno A」よりも安価なエントリーモデル。約75.6(幅)×163.6(高さ)×9.1(厚さ)mmで、重量約195gのボディに、720×1,600のHD+表示に対応する約6.5インチの液晶ディスプレイを搭載する。なお、NFCポートを備えるがFeliCaポートは非搭載。ボディはIP5X等級の防塵仕様には対応しているが防水仕様とはなっていない。バッテリーは5,000mAhの大容量だ。, 基本スペックは、ミドルレンジ向けSoCの「Snapdragon 665」に4GBのRAMと64GBのストレージ、256GBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットという組み合わせ。Snapdragon 665は、同社の「R11s」や「R15 Pro」などに搭載されていた「Snapdragon 660」の後継として、2019年上期に登場したばかりの最新SoCで、エントリーモデルとしては性能が高いSoCと言えよう。OSは、Android 9をベースにしたColor OS6だ。, メインカメラは、約1,200万画素の標準カメラ、約800万画素の超広角カメラ、約200万画素のポートレートカメラ(視差計測用)、約200万画素のモノクロカメラという組み合わせのクアッドカメラだ。モノクロカメラは、階調情報の記録に使い、陰影の強調に使われる。フロントカメラは約1,600万画素で、美顔機能「A.I.ビューティー」を使うことで見栄えのする自撮りが行える。, 画面サイズ(解像度):約65インチ(1,600×720、TFT液晶)サイズ(幅×高さ×厚さ):約75.6×163.6×9.1mm重量:約195gSoC:Snapdragon 665(2.0GHz×4+1.8GHz×4)RAM容量:4GBストレージ容量:64GB増設用メモリーカードスロット:microSDXCメモリーカードスロット(256GBまで対応)OS:Android 9.0(Color OS 6.0)SIMカードスロット:nanoSIM×2LTE対応バンド: B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/ 38/39/40/41VoLTE:au、ワイモバイル(ソフトバンク)Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4GHz帯/5GHz帯)NFC:搭載FeliCa:非搭載メインカメラ:約1,200万画素(標準カメラ)+約800万画素(超広角カメラ)+約200万画素(モノクロカメラ)+約200万画素(被写界深度計測)フロントカメラ:約1,600万画素バッテリー容量:5,000mAhUSB:USB Type-C, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。