7. pcの累積使用時間の確認. Surface Pro 7は、パソコンとしてもタブレットとしても使用できる2 in 1 PCです。ペンも使用できるので多くの利用シーンに対応できます。キーボード部分が外せるので、タブレット形状にしたときの質量は、他の2 in 1 PCに比べて軽いです。ただし、iPadなどのピュアタブレットよりは重くなります。, Surface Pro 7は、4,096段階の筆圧感知と、傾き検知に対応したペンが使えます。高性能のペンなので、手書きメモやスケッチだけでなく、本格的な描画にも使用できるでしょう。, なお、以前、旧モデルのSurface Pro 6ではありますが、ペンの描き心地について、プロの絵描きさんに評価してもらいました。Surface Pro 7 もペン性能は変わらないので参考になるはずです。詳細は以下のリンク先をご覧ください。, Surface Pro 7 は自立スタンドを搭載しており、キーボードを装着しなくても、画面を好きな角度に調節できます。しかも無段階でかなり傾けることが可能です。ペンを使うときは最大限傾け、YoutubeやNetFlixなどの動画を視聴するときは少しだけ傾けて使う、といったことができます。, 普通のモバイルPCは、アスペクト比が16:9となっていますが、Surface Pro 7 は3:2となっており、縦方向の比率が高くなっています。さらに解像度も2736x1824と高いため、多くの情報を表示できます。Webサイトを見たり、A4サイズのドキュメントを作成する場合など、見やすいです。また、高解像度なので、写真などを見るときにも、より精細な画像の表示が可能です。, Surface Pro 6では、USB Type-Cポートがないのが残念な部分でしたが、やっと搭載されました。Thunderbolt 3には対応していないものの、Power Deliveryおよび映像出力には対応しています。, Surface Pro 6に引き続き、Surface Pro 7でもオフィスソフトが標準付属となっています。付属しているのは、Office Home & Business 2019です。, ただし、既にサブスクリプションのOffice 365を使用しているということもあるでしょう。その場合、必要のないOffice Home & Business 2019の分も機種代金に含まれることになってしまいます。, Surface Pro 7のCore i3/Core i5搭載モデルは、CPUがファンレスとなっています。その影響もあり、短時間で終わる処理はそれほど影響ありませんが、数十分かかるような処理を実行すると、CPUクロックが下がり処理が遅くなります。, ファンがある別のノートPCと比較すると、数分で終わるCINEBENCH R20を実行した場合は、それほど大きくスコアが変わるわけではありませんが、数十分かかるエンコードを実行するとかなり遅いです, なお、ファンを搭載しているCore i7であれば、他のノートPCと同じくらいのベンチマークスコア/処理時間です。長時間かかる処理を実行するならファンを搭載したCore i7モデルがおすすめです。, Surface Pro 7のラインナップは全部で7種類あり、下の比較表にまとめている通りです。Core i3モデルは約10万円とそれほど高くありませんが、構成を上げていくと急激に価格が上がります。例えば、Core i5モデルでメモリが8GBから16GBになるだけで約4万円上がりますし、Core i7モデルでは、ストレージを256GBから512GBに変更すると4万円以上アップしてしまいます。スペックが上がるほど、割高感が強まる感じがします。, Surface Pro 7では、これまでのSurface ProのタイプカバーやSurfaceペンも使用できます。旧モデルのSurface Proから買い替えを考えている場合、既存のタイプカバーやペンをそのまま使用できます。, なお、新しく発売されたタイプカバーは、高級なアルカンターラ素材のポピーレッドとアイスブルーで、ペンも同色のものが販売されています。, まず、液晶サイズ、液晶種類、ボディサイズに変化はありません。質量もほぼ同じですし、価格設定にも新旧の変化はなさそうです。, 最大の変化は、CPUの世代が新しくなり、最新の第10世代Coreプロセッサーを搭載していることです。また、Surface Pro 6ではなかった、Core i3モデルが登場し、スタート価格が下がったことで、購入しやすくなり、裾野が広がっています。, 各用途の快適度は次のように考えます。もちろん、細かい用途や、ソフトによって快適具合は変わってきますので、参考程度にご覧下さい。, 型番は「LGD MP0 2 LP123WQ112604」となっていました。なお、別の型番の液晶が搭載されることもあるため、ご注意下さい。, 前述しましたが、アスペクト比3:2となっているのが特徴で、解像度も2736x1824と高いです。最大輝度も、当サイトの計測で、399cd/m2と高いです。ただし、光沢液晶である点は好みが分かれると思います。, 色域はやや狭いです。当サイトの計測ではsRGBカバー率が96.5%、sRGB比が97.1%でした。, カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線は下図のようになっています。どの色もほぼ1:1の直線となっており優秀です。自然な発色であることが分かります。, 正確な計測方法ではありませんが、今回確認した限りではフリッカーは感じませんでした。, Surface Pro 7のタイプカバーは別売りとなっており、旧モデルのSurface Proのタイプカバーも使用できます。Surface Pro 7 の発売に合わせて、アルカンターラ素材のポピーレッドとアイスブルーが発売されましたが、今回はアイスブルーのタイプカバーを確認します。, 実測で、キーピッチは横:約19mm、縦:約18.5mm、キーストロークは約1.3mmと標準的な数値で、普通の打ち心地です。ただし、Surfaceはキーボードの下側に空間ができるため、キーを押すとやや"たわみ"ます。また、タイプ音がややうるさいです。, Alcantara(アルカンターラ)素材は、手触りが良く、温かみのある素材です。金属や樹脂で出来ている通常のノートPCのパームレストは、外気やPC内部の発熱具合によって、ひんやりしたり、熱かったり、不快に感じるときもありますが、このタイプ カバーはそういった影響を受けにくく、安定した環境でタイピングできます。, また、パームレスト部分に飲料水などをこぼしても、拭き取れば綺麗になります。ただし、裏面は割と水を吸い込むので注意しましょう。もちろんキーボードにこぼした場合は故障の原因となりますのでこちらも気を付けましょう。, 通常のノートパソコンの電源モードは「高パフォーマンス」になっていますが、Surface Pro 7 の電源モードはデフォルトで「推奨」になっていました(ファンレスであることを考慮した設定かもしれません)。, 「推奨」だと処理性能が1割くらい落ちてしまうので、ここでは、他のノートPCと同様に「高パフォーマンス」にして各種ベンチマークスコアを計測しています。, CPUは、内蔵グラフィックスが強化された第10世代Coreプロセッサー(Ice Lake)を搭載しています。今回は、Core i5とCore i7でベンチマークなどを計測しています。, Core i5の場合、数分で終わるCINEBENCH R20はまずまずのスコアですが、ファンレスであることが影響し、数十分かかるエンコード時間が他のPCよりも遅いです。, Core i7の場合、ファンを搭載しているため、それ相応のベンチマークスコア&処理時間かなと思います。, 大きな負荷のかかる作業をしなければ、Core i3やCore i5でも大丈夫ですが、負荷の高い作業をするのであればファンを搭載したCore i7がおすすめです。, 前述の通り、Core i5のエンコード時間は、同じCPUを搭載した他のPCよりも長いです。Core i7であれば、想定の範囲内のエンコード時間です。, Core i5は、ターボブースト後、CPUクロックは約2.4GHzで推移していますが、2分30秒を過ぎたあたりで、CPUクロックが約1.8GHzまで急激に落ち、その後約1.5GHzまで落ちます。この影響で、2~3分で終わるベンチマークはそれほど低いスコアではありませんが、エンコードのように数十分かかるような処理は、他の同等製品よりも時間がかかります。, ファンが搭載されているCore i7-1065G7のモデルは、そこまでクロックは下がりません。, Core i5、Core i7は、性能が強化されたIntel Iris Plusのグラフィックスを搭載しており、Intel UHD 620よりも高いベンチマークスコアになっています。ただ、それでもGeForce MX250よりは性能が大分劣るため過度な期待は禁物です。, micro SDカードのみ対応しています。カード挿入後の出っ張りは無く、しかもスタンドの内側にあるため、カバンにPCを入れているときに、勝手にmicro SDカードが出てくることはないと思います。, USB Type-Cポートを利用して、純正品以外の充電器やドックが使えるか試した結果を、下表に掲載します。, 5V充電器は使えなかったものの、18Wの小さい消費電力のPower Delivery対応の充電は使用できました。DisplayPort映像出力も可能でした。Thunderbolt 3には対応していません。, なお、純正品以外の機器で充電し故障しても、当サイトでは責任を負えませんのでご注意下さい。, 質量は、Core i3 / i5モデルが約775g、Core i7モデルが790gとなっています。, 当サイトで計測した質量は次の通りです。本製品はタイプカバーと一緒に持ち歩く方がほとんどだと思いますが、このときの質量は1084gでした。最近のモバイルノートと比較すると標準的な質量かなと思います。, バッテリー容量は43Whです(ソフト上から確認したので誤差があるかもしれません)。, バッテリー状態のデフォルト設定も、電源モードは「推奨」となっていました。そのため、ここでは他のノートPCと合わせるために「高パフォーマンス」にしてバッテリーを計測しました。, バッテリー駆動時間は次のようになっています。標準的なバッテリー駆動時間だと思います。Core i5とCore i7モデルのバッテリー駆動時間はそれほど変わらないのかなと思います。, 以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。, Core i5モデルはファンレスであるためほぼ無音です。Core i7モデルは低負荷時はほぼ無音ですが、負荷が高くなると動作音が聞こえます。それでも低めの騒音値だと思います。, 各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。, ファンありのCore i5モデルは、ターボのースト時は100℃近くまで温度が上がりますが、その後は70℃台にまでさがります。さらに2分30秒くらい経過すると、CPUクロックが下がり、60℃台にまで温度は低下します。処理は遅くなりますが、温度の面では大丈夫ではないかと思います。, 本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。, 動画再生程度の負荷なら、手に持っていてもそれほど熱さは感じません。さすがに動画編集やエンコードなどを行うとボディ全体がやや高めの温度になり、手で持つとやや熱いと感じます。, 消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。, スピーカーは、両サイドにあります。音質は比較的良く、勝手に点数をつけると、10点満点で6点といったところです(音質についての評価はあくまで主観です。ご了承下さい)。, 側面には、USBポート、USB Type-C、ヘッドフォン、Surfaceコネクトポート等があります。また、無線LANは11ax(Wi-Fi 6)に対応しています。, ポート類は少ないので、拡張性が必要な場合は、Surfaceコネクトポートに接続するSurface Dockを利用するといいでしょう。, Surface Pro 7は、Ice Lakeの第10世代Coreプロセッサーを搭載した、新しいSurface Proです。, ボディサイズや質量には旧モデルからの変化はほとんどありませんが、USB Type-Cポートを搭載するなど、完成度は高まっています。, タブレットとして使える点、高性能のペンが使える点、アスペクト比3:2の高解像度液晶を搭載している点などは、従来の特徴を引き継いでいます。, Ice Lakeを搭載することで、Core i5やCore i7搭載モデルでは、グラフィックス性能がやや向上しています。また、先代にはなかったCore i3モデルも登場しています。ただ、Core i3 / Core i5はファンレスとなっており、静音性は高いですが、長時間かかる処理は苦手なためご注意下さい。RAW現像やエンコードのような高い負荷をかけるならファンを搭載したCore i7モデルがいいと思います。, また、LTE非対応、Microsoft Officeの有無を選択できないことも、デメリットとして気になる部分です。, 約10年間にわたり、年間100機種以上、パソコンを細かくチェックしている筆者がおすすめするノートパソコン。, 情報等の内容の正確さ、適切さに関して、いかなる保証も致しません。万一、本サイト上の情報等の内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。, TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間(x265), TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間, 液晶のアスペクト比が3:2と縦の情報量が多く、スペックも十分で、快適に作業できます。ただし、液晶が光沢であるため映り込みがあります。, スペックは十分で液晶も綺麗です。特にキーボードを外して、タブレットのみで自立できるため便利です。, Windows PCとしてはペン性能が高く、イラスト制作向きです。スタンドを最大限に開いて、タブレットをテーブルに対して垂直の状態からかなり傾けられる点もGoodです。, 現像・編集処理自体は快適にできるでしょう。ただし、大量のRAWデータを一度に現像する場合、Core i7-9750Hよりは遅くやや待たされます。RAW現像などを行うなら、ファンを搭載したCore i7をおすすめします。, Intel Iris Plusを搭載し、グラフィックス性能が上がっているとは言え、本格的にやろうと思ったら、スペック不足です。外部グラフィックスを搭載したノートPCをおすすめします。ただし、家庭で簡易的な動画編集を行う程度なら大丈夫でしょう。ただし、その場合、ファンを搭載したCore i7をおすすめします。, Intel Iris Plusを搭載することで、軽めのPCゲームやブラウザゲームならできると思います。ただし、本格的にやるなら、GeForce GTX 1650以上の外部グラフィックスを搭載したPCをおすすめします。. 【第 3 回 Surface Book の液晶ディスプレイを大検証】 ディスプレイに着目して検証を加えた。すると、ノート PC として使用するには十分に優れた性能が見えてきた。今回は、使い勝手や処理能力以上に重要なディスプレイを中心に Surface Book の実力を検証したいと思います。 OL(おっさんずラブではない)しながらBL小説やエロいテキストを書いています その他(パソコン・周辺機器) 6. 昨年のAmazonサイバーマンデーに、冬のボーナスをはたいてSurface Pro 7を買った。キーボードとペンも付属して、しめて130kなり。, 主目的は、これまでモバイル用途に使ってきた(頭痛が痛い構文)オンボロVAIO tap 11の買い替えで、つまりは出先でちょちょっとテキストを書くことだった。, ぶっちゃけ私は絵描きではないのだけど、必要に迫られて絵を描く破目にはなっている。具体的には、自作ゲーム用のイラストを自前で用意する破目にだ。, 絵師さんに頼めば諭吉はいくらでも飛んでいくが、自分で描くなら設備投資費用だけで済む。もっとも、その分クオリティはお察しなんだけど、まあなんとか、それらしい絵を描く技術を身に付けるしかない。, 実のところ、私は高校くらいまではアナログで絵を描いていた。当時の私の勉強机は描いている途中の絵と画材で埋め尽くされていたので、もっぱら居間で勉強をしていたくらいだ。, しかし高校卒業後、実家を出て自分のPCを手に入れてからは、板タブを使ってデジタル絵ばかり描いていた。アナログ画材をごっそり実家に置いてきてしまったからだ。, まあ、もっともここ数年は、絵を描く機会なんて半年に一回もあるかどうかという感じではあったのだけど、単純な年数で言えば私はもはやアナログ歴よりデジタル歴の方が長い。しかも板タブの。, 液タブに向いている人の傾向として、アナログでの経験が長い人というのがある。逆に、はじめからデジタル画材でしか絵を描いていなかったような人が液タブを使う利点はあまりない、とも。, さて、私はどっちだろう。Surfaceで落書きをして、いまいちぴんとこなかった自分を振り返って、ふと考えたのだった。, とはいえ買ってしまったものはしょうがない。まだ落書きしかしていないのだし、真面目にきちんと線画を描いて色を塗ってみれば、印象も変わってくるかもしれない。, そんなわけで、ゲーム用のイベントスチルを一枚、真面目にSurfaceで描いてみた。, しばしば液タブの代替として挙げられるiPadユーザーなんかは、「寝転びながらでも絵を描ける!」とかのたまうことがある。, そうだ、よく考えたら私は寝ながら絵を描いたことなんてないのだった。絵を描くときは、だいたいきちんと机に座って、画用紙にかじりつくようにして描いていた。, というわけで、今度はちゃんと、机に座って、Surfaceにかじりつきながら絵を描いた。ラフから下描き、線画。おお、これは、なかなかいける。, もちろんSurface、ないしは液タブを使ったからといって絵が上手くなるわけではない。道具を変えたからといって、技術はまったく変わらない。, 画面に直接、ペンをなぞらせて描き込める。するとどうなるか。動作としてのストロークと、実際の描線の位置が一致する。ダジャレではない。, これまでの私の絵の描き方というと、こと線画の作業に時間がかかっていた。思う通りの線が引けないのだ。具体的には、思う通りの位置に線が引けない。, Surfaceはこの問題をいとも容易く解決してくれた。ありがとうMicrosoft、ありがとうビル・ゲイツ。, 例えば背景を描くときには、クリスタのツールであるパース定規(この間ようやく使い方を理解した)を使うのだけど、パース定規で作ったガイドをもとに、均一な線を引いていく作業は、デスクトップPCの広い画面の方が私はやりやすい。, また、ゲームのイベントCGというのは差分がつきものだけれども、差分イラストをきちんとフォルダ分けして管理するのにも、Surfaceの画面サイズはいささか狭く感じる。, というような流れになった。クリスタにはクラウド同期機能があるので、複数端末間でのファイル共有もらくらくだ。, 線画にかける時間が減ったことで、私の中で「絵を描く」という作業に対するめんどくささが幾分やわらいだ気がする。, 特に、私は髪の毛を描くのがめちゃくちゃに苦手なのだけど、Surfaceを使うことで、あの、何度も何度も何度も何度も何度も何度も描いてはアンドゥし描いてはアンドゥしを繰り返していた、髪の毛のストロークを一発で引けた感動といったら。, おかげで、髪の毛の線画だけでなく髪の毛の塗りまで好きになりそうだ。塗りはこれまでどおりデスクトップでやってるんだけどな。, これはSurfaceに限らず、充電や電池が必要なタイプのスタイラスペンを使う形式のタブレットでは共通の課題らしいのだけど、めちゃくちゃにジッターが気になる。, きれいに下描きの線をなぞろうとすると、自然とストロークの速度もゆっくりになるけれど、するともう、わかりやすいくらい線がブルブル震える。生まれたての子鹿か。, しかしこれは、私の問題もあるかもしれない。私はめちゃくちゃに手首が貧弱なので、普通に長く一本の線を描こうとしてもグニャングニャンになるのだ。, 手首が強靭で、しっかりした線を引ける人なら、あるいはそれほどジッターは気にならないかもしれない。, もちろんペチペチした打ち心地ではあるのだけど、キーピッチが私にはめちゃくちゃに合っている。, 残念ながらそのおかげで筆が進むとまではいかないのだけど、少なくともキーボードの打ち心地が気になって手が止まるということはない。, というわけで、この先何年かは、このSurfaceを相棒に字を書いたり絵を描いたりしていきたいと思う。, サポートをしていただけると私がたいへんよろこびます。 液晶は、磁気に弱い? モニター・ディスプレイ. Surface Pro 7の実機レビュー。Iris Plusを搭載した第10世代Coreプロセッサー Ice Lakeに、USB-Cを新たに搭載したSurfaceの最新モデル。多くのシーンで使いたい学生、営業職、フリーランスなどにおすすめ。 皆さんのsurface proはこんなムラありますか? 書込番号:21361087. 自サイト:, https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2DBRPE55L3SQC?ref_=wl_share. Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. )/高光沢, ハイスペックフィルム (高光沢), のぞき見防止フィルター / マグネット式 / 180度, ※こちらの製品は法人向け製品となります。.