この記事に書かれていることを全て試したのですが、やはり同様のエラー, ご回答ありがとうございます。 この場合、「パラメータ」プロパティを利用してPowerShellのスクリプトのパラメータを指定することができます。 04:23:49.9974 => [ERROR] [UiPath.Studio.exe] [11] $LoadAssembly: UiPath.CV, Version=19.10.1.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null: System.IO.FileNotFoundException: ファイルまたはアセンブリ ‘Emgu.CV.World, Version=3.4.1.2984, Culture=neutral, PublicKeyToken=null’、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。指定されたファイルが見つかりません。 この場合、「パラメータ」プロパティによるスクリプトによるパラメータの設定はできないようなので、「コマンドテキスト」プロパティのスクリプト名に続けてスクリプトに与えたいパラメータを記載します。, スクリプトの内容をあらかじめ読み込んでおいて、実行することも可能です。 確かにセレクターの部分で検証エラーが出ておりました。 Powershellで入力を待ちうけるにはどのように書くかをメモしておきます。....見ての通り入力した文字列は伏字で表示されています。この時入力した文字列は暗号化されているため、このままではこの後の処理で扱うことができません。そのため、以下のようにして SecureString から平文に変換します。 場所 ActiproSoftware.Text.Languages.DotNet.Reflection.Implementation.AssemblyRepositoryBase.Load(Assembly assembly, IAssemblyName assemblyName) 移動元のフォルダにaというファイルを設定して、移動先フォルダ内に移動元フォルダを設定したところ、仲間のaファイルだけ出力されました…, こんな感じにしたいということでしょうか? はじめに UiPathでPowerShellを起動することを考えてみます。 アクティビティの一覧を見ていると2つほど案が思いつくと思います。 1つ目はStartProcessアクティビティでプロセスを開始する方法 2つ目はInvokePowerShellアクティビティで実行する方法です。 今回は以下のようなPowerShellを実行する方法 … ファイル名 ‘Emgu.CV.World, Version=3.4.1.2984, Culture=neutral, PublicKeyToken=null’ です。‘Emgu.CV.World, Version=3.4.1.2984, Culture=neutral, PublicKeyToken=null’ ・何のアクティビティでエラーが発生するのでしょうか? ・始めは正常に動いていたのでしょうか? ワークフローからバッチファイルを実行する方法を紹介します。 簡単な方法から順に以下4つの方法を紹介します。 ①start process ②invoke powershell ③バッチ直接ダブルクリック ④コマンドプロンプトから実行 You can run the process in powershell or in the command prompt. When changing the argument type, the content of this activity is deleted. デバイスでのパフォーマンス分析を自動化する新しいツールArm Mobile Studio, https://forum.uipath.com/t/make-start-process-wait-until-the-end-of-the-command-in-cmd/15551, @"C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell", @"-ExecutionPolicy RemoteSigned -File C:\share\test\list.ps1 C:\share\", 案3:PowerShellのWait-Process を使用してプロセスの終了を検知する。, you can read useful information later efficiently. Frequently Encountered Orchestrator Errors 改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。, 対話型ワークフローを起動 (Launch Workflow Interactive), 繰り返しをコンティニュー (Continue)/現在の箇所をスキップ (Skip Current), Orchestrator への HTTP 要求 (Orchestrator HTTP Request), アセットを取得 (Get Asset)/Orchestrator のアセットを取得 (Get Orchestrator Asset), トランザクション アイテムを延期 (Postpone Transaction Item), トランザクションの進行状況を設定 (Set Transaction Progress), トランザクションのステータスを設定 (Set Transaction Status), ストレージ ファイルをダウンロード (Download Storage File), OCR で検出したテキストをダブルクリック (Double Click OCR Text), ActiveX メソッドを呼び出し (Invoke ActiveX Method), 要素属性変更トリガー (Element Attribute Change Trigger), 要素ステート変更トリガー (Element State Change Trigger), HTML pages: Extract and Manipulate Information, FlexiCapture 分類子 (FlexiCapture Classifier), FlexiCapture 抽出子 (FlexiCapture Extractor), 検証ステーションのデータを準備 (Prepare Validation Station Data), Active Directory Domain Services アクティビティ パッケージについて, Active Directory スコープ (Active Directory Scope), オブジェクトの識別名を取得 (Get Object Distinguished Name), フィルター処理してオブジェクトを取得 (Get Objects by Filter), LDAP でフィルター処理してオブジェクトを取得 (Get Objects by LDAP Filter), オブジェクトがグループのメンバーか確認 (Is Object Member of Group), オブジェクトのプロパティを更新 (Update Object Properties), コンピューターをドメインに参加させる (Join Computer to Domain), コンピューターをグループから削除 (Remove Computer from Group), コンピューターのドメインへの参加を解除 (Unjoin Computer from Domain), パスワードの有効期限を取得 (Get Password Expiration Date), アマゾン ウェブ サービス スコープ (Amazon Web Services Scope), インスタンスを起動テンプレートから作成 (Create Instance from Launch Template), バケットのログ記録を設定 (Configure Logging for Bucket), バケットへのパブリック アクセスを設定 (Configure Public Access to Bucket), オブジェクトをファイルにダウンロード (Download Object to File), 繰り返し (バケットの各オブジェクト) (For Each Object in Bucket), オブジェクトをファイルからアップロード (Upload Object From File), オブジェクトをフォルダーからアップロード (Upload Objects From Folder), PowerShell コマンドを実行 (Run Power Shell Command), BLOB をファイルにダウンロード (Download Blob To File), 繰り返し (各 BLOB コンテナー) (For Each Blob Container), 繰り返し (コンテナー内の各 BLOB) (For Each Blob in Container), BLOB コンテナー一覧を取得 (Get Blob Containers List), BLOB をファイルからアップロード (Upload Blob From File), ストレージ アカウント キーを取得 (Get Storage Account Key), ストレージ アカウント一覧を取得 (Get Storage Account List), ストレージ アカウント キーを再生成 (Regenerate Storage Account Key), 仮想マシン カスタム イメージ一覧を取得 (Get VM Custom Image List), 発行者を指定して仮想マシン イメージを取得 (Get VM Image By Publisher), ネットワーク インターフェイスを作成 (Create Network Inerface), ネットワーク インターフェイスを取得 (Get Network Interface), ネットワーク インターフェイスを削除 (Delete Network Interface), 繰り返し (各セキュリティ アラート) (For Each Security Alert), 繰り返し (各ネットワーク インターフェイス) (For Each Network Interface), NSG ネットワーク インターフェイス一覧を取得 (Get NSG Network Interface List), セキュリティ アラートのステートを設定 (Set Security Alert State), 仮想マシン ネットワーク インターフェイス一覧を取得 (Get VM Network Interface List), Azure AD スコープ (委任アクセス許可) (Azure AD Delegated Scope), Azure AD アプリケーション スコープ (Azure AD Application Scope), 繰り返し (ロール内の各ユーザー) (For Each User in Role), グループをライフサイクル ポリシーに追加 (Add Group to Lifecycle Policy), ライフサイクル ポリシーを作成 (Create Lifecycle Policy), ライフサイクル ポリシーを削除 (Delete Lifecycle Policy), 繰り返し (各ライフサイクル ポリシー) (For Each Lifecycle Policy), ライフサイクル ポリシー内のグループか確認 (Is Group in Lifecycle Policy), グループをライフサイクル ポリシーから削除 (Remove Group From Lifecycle Policy), ライフサイクル ポリシーを更新 (Update Lifecycle Policy), 繰り返し (グループ内の各グループ) (For Each Group in Group), 繰り返し (グループ内の各ユーザー) (For Each User In Group), 繰り返し (グループ所有者内の各ユーザー) (For Each User in Group Owners), ストレージ リポジトリを取得 (Get Storage Repositories), 仮想マシンのスナップショットをすべて削除 (Delete All VM Snapshots), 仮想マシンのスナップショット一覧を取得 (Get VM Snapshot List), 仮想マシンをスナップショットに戻す (Revert VM to Snapshot), テンプレートから仮想マシンを作成 (Create VM From Template), IBM Watson NLU テキスト分析 (IBM Watson NLU Text Analysis), IBM Watson テキスト分析 (IBM Watson Text Analysis), Microsoft テキスト分析 (Microsoft Text Analysis), StanfordNLP テキスト分析 (StanfordNLP Text Analysis), StanfordNLP コンポーネントを取得 (StanfordNLP Get Components), StanfordNLP OpenIE リレーションを取得 (StanfordNLP Get OpenIE Relations), StanfordNLP 文のセンチメントを取得 (StanfordNLP Get Sentence Sentiment), エンティティ レコードを ID で取得 (Get Entity Record By Id), エンティティ レコードにクエリを実行 (Query Entity Records), ファイルをレコードのフィールドにアップロード (Upload File to Record Field), ファイルをレコードのフィールドからダウンロード (Download File from Record Field), ファイルをレコードのフィールドから削除 (Delete File from Record Field), Document Understanding ML アクティビティ パッケージについて, マシン ラーニング抽出子 (Machine Learning Extractor), マシン ラーニング抽出子トレーナー (Machine Learning Extractor Trainer), Excel アプリケーション スコープ (Excel Application Scope), ピボット テーブルのデータ ソースを変更 (Change Pivot Data Source), 繰り返し (Excel の各シート) (For Each Excel Sheet), 名前を付けて Excel ファイルを保存 (Save Excel File As), Excel ファイルを PDF として保存 (Save Excel File As PDF), Exchange Server スコープ (Exchange Server Scope), メールボックスのアーカイブを無効化 (Disable Mailbox Archive), メールボックスのアーカイブを有効化 (Enable Mailbox Archive), GSuite アプリケーション スコープ (GSuite Application Scope), ドキュメントのバッチ更新スコープ (Batch Update Document Scope), Activities (UiPath.OCR.Contracts.Activities), DataContracts (UiPath.OCR.Contracts.DataContracts), Contracts (UiPath.DocumentProcessing.Contracts), Classification (UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Classification), DataExtraction (UiPath.DocumentProcessing.Contracts.DataExtraction), Dom (UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Dom), Extensions.TextProjection (UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Extensions.TextProjection), Results (UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Results), Taxonomy (UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Taxonomy), Training (UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Training), キーワード ベースの分類子トレーナー (Keyword Based Classifier Trainer), インテリジェント フォーム抽出子 (Intelligent Form Extractor), インテリジェント キーワード分類子 (Intelligent Keyword Classifier), インテリジェント キーワード分類子トレーナー (Intelligent Keyword Classifier Trainer), ドキュメント検証アクションを作成 (Create Document Validation Action), ドキュメント検証アクション完了まで待機し再開 (Wait for Document Validation Action and Resume), 分類ステーションを表示 (Present Classification Station), ドキュメント分類アクションを作成 (Create Document Classification Action), ドキュメント分類アクション完了まで待機し再開 (Wait for Document Classification Action and Resume), SMTP メール メッセージを送信 (Send SMTP Mail Message), POP3 メール メッセージを取得 (Get POP3 Mail Message), IMAP メール メッセージを取得 (Get IMAP Mail Messages), IMAP メール メッセージを移動 (Move IMAP Mail Message), Outlook メール メッセージを取得 (Get Outlook Mail Messages), Outlook メール メッセージを移動 (Move Outlook Mail Message), Outlook メール メッセージを送信 (Send Outlook Mail Message), Outlook メール メッセージに返信 (Reply To Outlook Mail Message), Exchange メール メッセージを削除 (Delete Exchange Mail Message), Exchange メール メッセージを取得 (Get Exchange Mail Messages), Exchange メール メッセージを移動 (Move Exchange Mail Message), Exchange メール メッセージを送信 (Send Exchange Mail Message), IBM Notes メール メッセージを削除 (Delete IBM Notes Mail Message), IBM Notes メール メッセージを取得 (Get IBM Notes Mail Messages), IBM Notes メール メッセージを移動 (Move IBM Notes Mail Message), IBM Notes メール メッセージを送信 (Send IBM Notes Mail Message), デスクトップ版 Outlook アプリを使用 (Use Desktop Outlook App), Configuring the Azure AD for Outlook 365 Automation, MA-DBP-028 - 空の [Outlook アカウントを使用] アクティビティ, About the Microsoft Office 365 Activities Pack, Microsoft Office 365 スコープ (Microsoft Office 365 Scope), PDF ページを画像としてエクスポート (Export PDF Page As Image), ジョブを開始し参照を取得 (Start Job And Get Reference), キュー アイテムを追加し参照を取得 (Add Queue Item And Get Reference), キュー アイテム完了まで待機し再開 (Wait For Queue Item And Resume), フォーム タスク完了まで待機し再開 (Wait for Form Task and Resume), 外部タスクの完了を待機して再開 (Wait For External Task and Resume), Salesforce アプリケーション スコープ (Salesforce Application Scope), Bulk API ジョブの結果を取得 (Get Bulk API Job Results), Bulk API ジョブを開始または中止 (Start or Abort Bulk API Jobs), Lightning REST API 要求 (Lightning REST API Request), SAP アプリケーション スコープ (SAP Application Scope), 式を演算子で検証 (Verify Expression with Operator), テスト データのキュー アイテムを追加 (Add Test Data Queue Item), テスト データのキュー アイテムを取得 (Get Test Data Queue Item), アプリケーション/ブラウザーを使用 (Use Application/Browser), プロジェクト設定 (Project Settings) (v20.6.0-preview), アプリケーション/ブラウザーを使用 (Use Application/Browser) (v20.6.0-preview), VMware Tools インストーラーをマウント (Mount Tools Installer), VMware Tools インストーラーをアンマウント (Unmount Tools Installer), Word アプリケーション スコープ (Word Application Scope)/Word ファイルを使用 (Use Word File), ドキュメントにデータテーブルを挿入 (Insert DataTable in Document), Microsoft Vision スコープ (Microsoft Vision Scope), PowerPoint プレゼンテーションを使用 (Use PowerPoint Presentation), スライドにデータ テーブルを追加 (Add Data Table to Slide), スライドに画像/ビデオを追加 (Add Image/Video to Slide), プレゼンテーション内のテキストを置換 (Replace Text in Presentation), プレゼンテーションのマクロを実行 (Run Presentation Macro), 名前をつけて PowerPoint ファイルを保存 (Save PowerPoint File As), プレゼンテーションを PDF として保存 (Save Presentation as PDF), About the Computer Vision Local Server Pack.