結果を得ることができません。 上記の通りの質問をさせていただきたいです。   j = sh3.Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row + 1 '最後の行を探します。 VBAでの一例です。 例えば「表2作成」というボタンを押したら・・ [定価番販売実績]であれば・・ i = ws1.Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row 今日もどこかで誰かがオートフィルターの魔の手にかかっています。, Endは最終行以外だとめったに使いませんが、 ようなものなのです。, さて、↑の☆アイテムを取ったあなたは、どんなRangeオブジェクトの最終行も持ってこれる無敵状態です。, この便利なRangeオブジェクトの代表として、 Dim sh2 As Worksheet  Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★ ここまで、完成したのですが、また、次のデータを入力していき、最後のSh3「データ」の最終行の下(空白行)に次々データを追加していくためのコードが解りません。   I = I + 1   LASTROW = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row, MsgBox LASTROW & " 行目が最終行です。" End If Sub コピー() やりたいこととしましては、 Sub Sample()  Dim I As Long Set ws1 = Worksheets("sheet1") [SHEET1:データのみを記載] Rows(i).Insert   End If 使用する Excelシートは「変数に代入する実践的使用例」で使用したものと同じとします。, Range(Cells(3, 1), Cells(LASTROW, 4)).Select '複数ある場合(パターンを使った方法) [sheet1]にある表1をC1からC??の最終行までREADしてC?   For Each a In sh1.Range("D26:H26,D28:H28,D30:H30,D32:H32").Areas よろしくお願い致します。 End Sub ?の文字列が .Range("C6:D6").Copy   Dim sh2 As Worksheet: Set sh2 = Worksheets("確認画面") いつでも使える汎用関数にしたのがこちらです↓, 関数も中身はたった1行で、 .Range("C9:D9").Copy Next i .Range("C17").Copy   ",D20:J20,L22,D22:J22").ClearContents 「Ctrl + Shift + :」 にショートカットがセットされています。, 途中「すべて空の行」が挟まると、途切れてしまう弱点がありますが、 *Sheet1のB列の入力済みのセルの行数は毎回変わります。 End Sub 5 かれい 1050 1200 -150 ここまで、試行錯誤した内容です。 モータ  U-1325-L   モータ  U-1325-L   Dim i As Long, k As Long 宜しくお願い致します。, No.1です! どうか宜しくお願い致します。, >Range("A65536").End(xlUp).Offset(1) ホルダ  R-134256 一例です。(ループは不要なので削除しました) Rows("1:1").Copy やりたいこととしましては、 1つだけ覚えて帰るのであれば、こちらをおすすめします。, 冒頭の通り、「最終行の取得」にはいろいろな書き方があり、どれがいいというわけではなく一長一短です。, このとき、UsedRangeは「10」と、 書式が設定されている最終行を持ってきてしまいます。, 他には、この表の↓や→に、別のデータや注釈のテキストなどがあっても、 または、「罫線」ツールバーの「表の挿入」ボタンを使用すると「表の挿入」を始めいろいろな挿入を指定できます。 コードを読みやすく、書きやすくしてくる効果は十分にあります。, まずは「指定したセル範囲の最終行」を取得しましょう。 ’貼り付け先列 6 さわら 300 150 150 省略 If Cells(i, 1) = Cells(i - 1, 1) Then やりたい事は添付図の表1を処理ボタンを押せば自動で表2のようにしたいのです。 Sh1「入力画面」を入力し終えると。画面下のコマンドボタンで、Sh2「確認画面」へ画面が変わります。 Sheet3(データ)では、一行に集約しています。 どういう結果を求めたいかというと、たとえば、 下のような Excelシートがあったとします。, '*********************************************************  Dim xlBook .Range("D4:K4").ClearContents VBAで [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示させ、選択したファイル名をテキストボックスに表示させるまでを解説。GetOpenFilenameメソッドを、使用例もサンプルコードを公開! 「その関数を外人さんが読むことがあるか」を、 '---------------------------------------     MatchCase:=False)   Dim FirstAdd As String Application.CutCopyMode = False ただ、今は、もう参考にする本もなくなってしまいました。   Set r1 = sh2.Range("C2:E2,C3:C5,C6:D9,C10:C14, C17") Sheets("データ").Range("H2:I2").PasteSpecial xlPasteValues, xlPasteSpecialOperationNone, False, False みたいな感じでできませんか?, お世話になります。 「ちゃんとした形の表データ」を取得する場合は、 その最終行を返すプロパティを追加出来た」   For Each c In r1.Cells ワークシートで一意に定まるという「コードの頑丈さ」が売りです。, 弱点は「すべて空の行が入ると途切れる」ことですが、 A列     B列     C列       A11:   =SHEET1!$A10 End Sub, こんばんは。    '//-- (1)[定価販売実績]の上の行に[定価販売予定]という行を挿入 Dim...続きを読む, VBAで指定列からAを検索し、発見したら隣のセルに0を入れるマクロを組みたいのですが、組み方がVBA初心者の為わかりません。 .Range("L20").ClearContents 2列を範囲指定 → Sheet2のA列もしくはB列の最終行以降に貼り付け!という操作では シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。     a.Value = Datas(k)  Dim I As Long  Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").Find(What:=MYTXT, _ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); つぎは、最終行の次の行を選択する コードです。 「Rangeオブジェクトを渡せば、その情報を返してくれる関数」 どこに最終行の下(空白行)の記述をいれられますでしょうか? >処理ボタンを押せば自動で・・・ A1セル:   =SHEET1!$A1 ←コピー元の行 1048576という数値を覚えていなくても、正確にMAX数でコーディングできます。, 先ほどの「Ctrl + ↓」で、空白で止まってしまう仕様を、 Sheets("データ").Range("B2:D2").PasteSpecial xlPasteValues, xlPasteSpecialOperationNone, False, False 大変困っているので、ご教授頂けないでしょうか? そのマクロ自体は、正しく動いたのですが、コピー元の1行目に 出来れば、そのままマクロに出来るコードを教えて頂けないでしょうか? #3さんのおっしゃっていることも、もっともなのですが、気になる点がありましたので、自分のことを踏まえて、書かせていただきます。 画像を拝見するとA列は結合してあるようですね!  dim LastRow as long 取得したセル.Rowで、その行番号を取得すれば最終行取得は完了です。, 「2003年版のExcelだと行数が足りずにエラーで止まる」という実害もありますし、  c = 7 ’G列 Sheets("データ").Range("P2:T2").PasteSpecial xlPasteValues, xlPasteSpecialOperationNone, False, True ちなみに最終行はその時によって代わります。 2列を範囲指定 → Sheet2のA列もしくはB列の最終行以降に貼り付け!という操作では (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); つぎは、VBAを使ってデータの入力された最終行の行番号を得たことによって「できること」をいくつか紹介します。, データエリア、つまり データの先頭行から最終行までを選択する コードです。   Datas = Array(90, 80, 5, 5) A1:D6のうちピンクの部分を、横一列に並べ替えながら、 文字Aを検索し、発見したら隣のI列に値0を入れるというマクロです。 Sub TestFind3() それなのに、Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row と、コードを書いても動きません。 被っている1行を引いて完成です。, UsedRangeはプログラムの動きが分かりやすく、落とし穴があまりないので、  for each h in worksheets("Sheet1").range("B2:D6") ’コピー元 今回は「コピペ」の「ぺ」に注目します。 「コピペ」は Copy & Paste (コピーと貼り付け) の略ですが、「ぺ」を皆さんほぼ条件反射的に操作していませんか? 実はエクセルの「貼り付け」 ... クイックアクセスツールバーが消えた!? ってか「クイックアクセスツールバー」ってナニ? 便利なの? このような方々のために、今回の h1r0-style.net は エクセルの「クイックアクセスツール ... 今回は エクセルで設定した テーブルを解除する方法 です。 前回の記事 では、見やすい表の作り方 のひとつの手法として テーブルの使い方 を紹介しました。 しかし、テーブルを設定すると見た目はきれいに ... エクセルの「エラーインジケータ」をご存知でしょうか? 前回の記事 で触れた「#REF!」や「#DIV/0!」「#NAME?」といった エラー値 のことではありません。 トップ画像をご覧のとおり、セルの ... 今回は VBAでシート数を取得する方法の解説です。 シート数が毎月、あるいは不定期に増えていくような場合、VBAを使って各シートに同じ作業をさせる場合は流動的に変化するシート数を取得しておく必要があり ... 突然ですが、表の縦軸と横軸が交わる左上のセル、どう処理してますか? 空白のまま? 斜線を引いただけ? 理想としては、斜線を引いたセルに縦軸と横軸の項目名(文字)を入れたいですね。(トップ画像) 今日は ... 経理データや 統計データなど「詳細データ>小計>合計」のように作表した場合、中項目の合計だけ、あるいは大項目の合計だけなど、必要に応じて表の見せ方を変えたいときがしばしばあります。 そんな時どうしてい ... エクセルの フィルターの範囲が表の途中の行までしか かからない。 こんな経験はありませんか? この フィルター、とりわけオートフィルタ―は曲者(くせもの)で 特徴をきちんと理解しておかないと思わぬミス ... エクセルで資料を作成していると、レイアウト上の理由で文字列を「縦書き」にした方がよい場合があります。 さらに、上の画像のように縦書きでも 数字だけは横書き が適している場合もあります。 今回の h1r ... エクセルで シート を コピー・移動する方法とエラー対策についてまとめました。 基本的な手順はもちろん、エクセルでシートのコピーができない、という方の参考になるように、エラーのパターンもいくつかピック ... 最近、エクセルを使って描かれた絵画がよく話題になります。 それらを見てみると、どれも 超絶技巧 が駆使された、普通の人には簡単に描けないような作品が多いようです。 でも、絵を描くってもっと簡単で誰にで ... エクセルでタスク管理などをしていると、完了したタスクの行は グレーアウト したい。 こんなことありませんか? 今回は、完了フラグの列に「済」マークを入れるだけで、そのタスクの行全体をグレーアウトする方 ... 今回の h1r0-style.net は、『エクセルで地図作成』です。 小中学生のお子さんをお持ちの方はこの時期(4月です)、最寄駅から自宅までの地図を描いて学校に提出する時期ですがなかなか骨が折れま ... Copyright© h1r0-style.net , 2020 All Rights Reserved. Excelのデータ処理をマクロで自動化しようと思ったら、 end sub, 教えてください。ド素人です。(参考書読み始めたところ) その中の代表格が、この「Find」 です。 EXCEL VBAを使用して自動で行の挿入処理を実施したいと思っております。 メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。 For i = 2 To Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row Range("G2").End(xlUp).Offset(1).Select ws2.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Offset(1).Select .Range("D28:H28").Value = "80" こんなに癖がある割に、この世界では不動のスタメンです。, 「最終行 vba」で検索すると、UsedRangeよりはるかに多くの記事が出てきます。, そのため現世のVBAユーザーの多くがEndを採用し、 Sh1「入力画面」を入力し終えると。画面下のコマンドボタンで、Sh2「確認画面」へ画面が変わります。 さきほどのコードを応用すればいつでも的確にデータエリアを選択することが可能です。 空白セルが出来てしまうと思います。 これによってExcelはデータベースとしての容量をパワーアップしました。, このコードの意味するところは、赤字の Rows.Count の部分が Excelシート全体の行数を表します。            LookIn:=xlValues, _ 覚えておきましょう。, 冒頭で紹介した一番基本となる「UsedRange」は、 単純に前回の操作を2回繰り返すコードにしてみました。 のようにして、全部、置換で、.Offset(i).   sh1.Range("D6:K6,D8:K8,D4:K4,D10:K10,D12:J12" & _ ws2.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Offset(1).Select このVBE画面でも構いません Sub test2() j = ws1.Cells(Rows.Count, 3).End(xlUp).Row VBA・ダイアログボックス   Worksheets("シートA").Activate With sh2 Priva...続きを読む, VBAで以下の作業を教えて下さい。 VBAを使って空白行の削除方法を解説します。Unionメソッド を使用して空白行を高速で一括削除する方法をサンプルコード付きで解説。ぜひ参考にしてください。, VBA カレントフォルダの取得と設定・変更|Excel VBA その中の代表...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 方向の指定には、以下の定数を使用します。, 見出しのセルから「Ctrl + ↓」の方が自然に感じますが、     Do '-----------------<< End of Source >>------------------. 「ある列の最終行を取ってきたい」ときに限定した使用をおすすめします。, もし使用する際はオートフィルターをクリアしてから実行しましょう。 Rows(ActiveCell.Row & ":" & ActiveCell.Row + myR - 1).Select 逆に利用したい場面もあります。, 予期せぬデータや空白に引っ掛かって途中で止まるというのが、 最終行に追加できないので、割り込まれた行(最終行)の内容をひとつ前の空白の行にコピーし(安全のためです)、後から最終行の内容を削除することで回避しています。       Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").FindNext(c)  dim h as range .Range("C2:E2").Copy 部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む, こんにちは。 ①Sheet1の品番とSheet2の品番が一致すれば、Sheet2の日付に本日を入れる②Sheet1の品番がSheet2に存在しなければ、Sheet2の最終行をコピーして、Sheet2の最終行+1に貼り付けるSheet1の品番、名称、コメントをSheet2の該当列に上書きする※数式をコピーしたいので *Sheet2のA列には一番最初は何も入力されていない状態です。 Worksheets("入力画面").Activate  Set xlBook = Workbooks....続きを読む, Worksheets("シート名").Activate Excel2003で表から表への転記を行いたいのですが、 For i = 1 To myR  dim c as long いずれ、また、同じようなケースが出会うと思います。こんな原則を考えてみたらどうでしょうか?それは、私も自身も同じなのですが、ワークシートのコマンドで行われるものは、記録マクロから作ってみるということです。他にも、「統合」とか、「置換」とか「オートフィルタ」「フィルタオプション」とかは、みんなパターンが決まっています。 という作業を全商品に対して実施したいのです。 ただ、商品一覧のすぐ下の行に挿入されてしまい求めているものができません。。, 「商品 一覧」に関するQ&A: エクセル2010 オートSUMで合計が0になる, excelで、セル内に文字が入力される毎に行が自動挿入される仕組みを作りたいのですが…, Exel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について, EXCEL、WORD、PowerPointの行、列どれでも共通です。            MatchCase:=False, _ [得売販売実績]であれば・・  If Not c Is Nothing Then だいたい、以下のTestFind2 ぐらいまでに、省略は、とどめたほうがよいです。 .Range("D24:H24").ClearContents Dim ws1, ws2 As Worksheet 非常に強力なプロパティですので覚えておきましょう。, オートフィルターがかかっている表では、 If A Is Nothing Then 「セル範囲の行数 + セル範囲のスタート行 - 1」で、最終行を求めます。, 「ExcelVBAの極意はRangeオブジェクトをいかに扱うか」 A12:   =SHEET1!$A10 '-----------------<< End of Source >>------------------. 出来上がった新しい表2は別シートに表示できれば最高です! 例えば「表2作成」というボタンを押したら・・ ActiveCell.Offset(0, 1).Value = 0 ActiveSheet.Paste 画像が一枚しかのせられなかったので、Sheet2(確認画面)だけ添付致しました。 .Range("C10:C14").Copy があるととても便利なのです。, その証拠に、今回1番最初に紹介したUsedRangeの最終行を、   c = c + 1 ’右の列に A12:   =SHEET1!$A12 ?の文字列が   Rows("1:1").Copy #3さんのおっしゃっていることも、もっともなのですが、気になる点がありましたので、自分のことを踏まえて、書かせていただきます。 '-------------------------------------- Dim i, j As Long For i = Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row To 2 Step -1 他のシートを参照する関数が入っていた場合、想定どおりの End If 「日本語の変数でプログラミングすれば、みんなが幸せになれる」 Application.DisplayAlerts = True 覚えておきましょう。, この2つはこれから一生使うと思います。 End Sub と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。   Rows("1:1").Copy このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。            LookAt:=xlPart, _ Range("B2:E8")という範囲から、8を求めるシンプルなコードです。, なんてことはない、さっきのUsedRangeと同じ理屈のコードです。 表2の黄色部分が自動挿入させたい部分です。 変数を日本語にすればプログラミングが上達する, LimeCodeさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog L列に、A、B、C、D、E、Fとランダムに文字が入っていて、   Dim sh3 As Worksheet: Set sh3 = Worksheets("データ") ws2.Activate End sub を割りこませればよいでしょう。 End Sub, 「商品 一覧」に関するQ&A: アマゾンマーケットプレイスに出品中の商品一覧を作成したい。, ありがとうございます。  Application.ScreenUpdating = False Dim sh3 As Worksheet With Range("A65536").End(xlUp).Offset(1)       If c.Address = FirstAdd Then Exit Sub 挿入するマクロを作りました。 ワークシートの最終セル(最終行、最終列)を取得する… vbaをはじめた人は誰しも最初に引っかかる問題ではありますが、幸いにもインターネットで検索するといくつもの解決法が見つかります。 1個以上あった行が、「入力」最終行です。, ちなみにCOUNTIFでやると、「数式の結果が""」であるものも空セルと判定します。, 数式もない、本当の空のセルだけを判定したい場合は、COUNTBRANK関数で書き換えてください。, このコードをもってようやく、Endプロパティでは果たせなかった「オートフィルターがかかっているデータの、ある特定の列の最終行取得」が果たせます。, 冒頭にも書いた通り、どれがいいというわけではなく一長一短がありますので、 たぶん、私のコードは参考にはなりません。こんな考え方もあるのかなっていう程度にしてください。以下は、機械的に作られたものです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「最終行を取得できない」という方は、Excelシートのデータエリアの「列」をあらためてチェックしてみてはいかがでしょうか。, 例えば 下のようなシートの場合、データエリアはA列ではなくB列から始まっています。 UsedRangeで使った「.Rows」「.Count」「.Row」あたりは、 ダブらないようにコードをコピー&ペーストしてみてください。 ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3 ピンクの部分はその都度、値を変えて、 コマンドボタンでなくても 自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが… 処理を実行する範囲を決めないといけません。, 初心者向けのものから、複雑な処理に耐えうるものまで幅広くご用意いたしましたので、お好きなものをお持ち帰りください。, ↑で述べた通り、このUsedRangeはRange("B2:E8")を取得していますので、 コマンドボタンでなくても Windows XP SP3  Application.ScreenUpdating = True その入力済みのセルの値をコピーして、Sheet2のA列の入力済みの最終行のすぐ下の行に貼り付ける。 3 たい 1000 800 200 こんな関数でも非常にコードが読みやすくなります。, 関数は複雑な処理のためのものと思っている方がいらっしゃいましたら、 Sub 別ブックから貼り付ける() End Sub 聞き方も適切かわからないのですが、質問させてください。 [定価番販売実績]であれば・・ 例えば新規データを先頭行に挿入して、最終行(一番古いレコード)削除する、といった場合に使用します。, Rows(LASTROW).Delete Shift:=xlUp Cells(i, 1) = Cells(i + 1, 1) Rows(i + 1).Insert おそらくSheet1のB・C列の行数(データ量)が違うのが普通だと思いますので、 myR = Application.InputBox("挿入する行数を入れてください", , "1") .Range("D14:L14").ClearContents [スポンサーリンク] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); VBAでワークシートの行間に、新たに行を挿入する方法を解説します。IF文と組み合わせれば、対象レコードをグループごとに集計する小計行を作る時にも使えるスキルです。 データを確認する時に、レコードとレコ ... ワークシート上のレコードに対し、一行おきに着色するサンプルコードです。レコードのデータ確認をしやすくしたり、報告用の表の見栄えを良くしたりするのにも使えます。 データを目視で確認する際に、1行置きに着 ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); VBAコードの可読性・保守性向上に不可欠なサブルーチン化、ユーザ定義関数(Function)の基本的な使い方をご紹介します。また、サブルーチン、ユーザ定義関数を使う上で大切な引数の値渡しと参照渡しにつ ... 文字列の右側から一定の長さを取得するRight関数を使用して、セルの中の文字列から必要な情報を取り出します。右側2文字が共通する文字であることを利用した行削除のサンプルコードです。 では今回のサンプル ... SELECT文は、集計対象レコードのデータの値によって処理を分ける事ができるVBAの基本コードです。分岐条件が多い場合、同じ分岐処理をするIf文よりもコードがスッキリします。 また分岐条件の指定方法に ... 対象レコードの項目の値が、ある特定の範囲にある場合に行削除(レコード削除)をするサンプルコードです。最終的な集計をする前に、対象外の値を持つレコードをあらかじめ削除するような場合に利用します。 ではサ ... レコード一件ずつの任意の複数データを、MsgBox関数で表示させることで、データの目視確認を確実にするサンプルコードです。 元データが手書き資料の場合を想定して解説します。 なお、手書き資料を集計する ... For 〜 Next文は、繰り返し処理の代表的な構文です。個人的には、For Each文や、Do 〜 Loop文よりも頻繁に使うVBAコードです。 VBAコードの3つの基本構造の1つ、「繰り返し」構造 ... 集計対象レコードのうち、特定の値を含むレコードを削除するVBAサンプルコードをご紹介します。データクレンジングなどで、集計対象外のデータを含むレコードをあらかじめ削除しておきたい場合などにも利用できま ... VBAをショートカットキーで実行させる設定など、VBAをコーディングする上で、大変便利な「開発」メニューの表示の仕方と、付随するリボンの代表的な使い方をご紹介します。 VBAで集計業務をこれから始めよ ... Copyright© 集計用VBAサンプルコードをやさしく学ぼう , 2020 All Rights Reserved.