Twitterもやってます。というかそっちの方が主戦場かも。 以下のコマンドを実行してみてください。, 2017/04/07 11:33 My Documents C:\Users****\Documents 私が経理の実務経験で培ったディープなExcel知識を、Excelの使い方の常識に立ち向かっていくくらいのつもりで書いていきます。 ルールから教えることは考えてないってことです。, そこらのサイトで得られるExcel情報を教科書的・体系的に書いていくのは性に合わないし、それじゃ対象読者の方々の為にもならないと思ってます。 ****は、実際にはユーザ名が入る。 サブフォルダを含めてファイル一覧を取得する(Dir関数の再帰呼び出し) 次の場合うまくいかない. 指定したファイルの日時の取得から、指定したフォルダ内のファイル全ての日時を取... 今回はVBAで「FileSystemObject(ファイルシステムオブジェクト)」を使用して、ファイル数を取得する方法についてご説明します。 ファイルが大量にあるとき、処理が遅延する。 Documentフォルダな … ステムファイル(Macintoshでは使用できません), ボリュームラベル(Macintoshでは使用できません), エイリアスファイル(Macintoshでのみ使用できます), Book2.xls … 読み取り専用ファイル, Dir関数の第二引数にvbDirectoryを指定する, 返り値にvbDirectory属性が設定されているかをGetAttr関数で調べる. このブログでは、Microsoft Excelのことをメインに扱います。 今回は「FileSystemObject」オブジェクトを使用してフォルダをコピーする方法をご説明します。 詳細については下記記事をご覧ください。 今回は、Dir関数の使い方を説明いたします。Dir関数の主な使い方は、ファイルやフォルダーを検索する時に、指定したファイル名などを簡単に探しだす事ができます。ひとつのフォルダーに大量のファイルが有る時など、該当するファイルを探し出す時は、とても簡単に検索する事ができます。 また、拡張子を指定してファイル数を取得する方法についても併せてご説明したいと思います。 /> explorer . Why not register and get more from Qiita? 今回は指定したフォルダ内のサブフォルダを全て取得して、サブフォルダ内のファイルをすべて1つのファイルに読み込む方法をご説明します。, 年や月、日別に分けられて管理されているデータを1つのファイルにまとめることで、集計が非常に楽になります。, 読み込むことで、他のファイルを集計する際などに、別ファイルを操作するよりもVBAが書かれたファイルのみで操作が出来るため、処理のコードが簡素になります。, サブフォルダ内のファイルを読み込むには、直下のフォルダを指定して、それからサブフォルダを取得します。, サブフォルダの取得方法については、直下のメインフォルダを指定してサブフォルダを取得するという処理となります。, ダイアログで指定する方法や、直接コードで指定する方法などフォルダの指定方法がいくつかありますので、順番に説明します。, フォルダを指定するには「CreateObject(“WScript.Shell”)」で指定します。, 本来カレントフォルダの指定は「ChDirプロパティ」を使用しますが、共有ネットワーク上のフォルダに対応できるように「CreateObject(“WScript.Shell”)」を使用しています。, ダイアログボックスで取得する場合は「Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker ).Showと書きます。, 指定したフォルダが存在しないとエラーとなるため、「.Show <> 0 」で指定されたフォルダ名が存在するか判定して、存在する場合は取得します。, フォルダの指定ができましたので、次に指定したフォルダ内のサブフォルダを取得する方法です。, フォルダ内のサブフォルダを取得する方法は「FileSystemObject」を使用します。, 「FileSystemObject」はフォルダやファイルを操作する際に使用するオブジェクトです。, FileSystemObjectは参照設定をするか「CreateObject」で使用できるようにします。, 他のPCでコードを使いまわしても問題ないように今回はCreateObjectを使用します。, サブフォルダを取得するにはGetFolderで取得したフォルダ内「SubFolders」コレクションで取得できます。, GetFolderは指定されたフォルダーがない場合にエラーとなりますので、エラー処理が必要です。, 次のコードはダイアログボックスで取得出来たフォルダ内のサブフォルダをすべて取得します。, 今回は次のような「Sampleフォルダ」内に「2016〜2019」のサブフォルダを用意しました。, サブフォルダを取得出来ましたので、次はサブフォルダ内のフィアルを全て読み込む方法です。, もしシート名が同じである場合は、すでに同じシート名が存在する場合は2つ目以降のシートは自動的にナンバリングされますので、シート名を分岐条件にするなどの処理を組み込む以外は基本的にそのまま読み込んでも問題ありません。, 「Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)」でフォルダを指定するダイアログを表示します。, 「myFolder = .SelectedItems(1)」で選択されたフォルダを取得しています。, 「Set GetFolder = Fso.GetFolder(myFolder)」で取得したフォルダをObjectへ格納しています。, 「For Each Fol In GetFolder.SubFolders」の「GetFolder.SubFolders」で格納したフォルダのサブフォルダをコレクションとしてループしています。, 「.CurrentDirectory = Fol」でコレクションから取得したフォルダをカレントフォルダにして、フォルダ内のファイルをループで取得しています。. Excel VBAにて指定したフォルダ内とサブフォルダ内全てのファイル名を取得し、Excelのシートに書き出せ . /> cd "%USERPROFILE%\My Documents" More than 1 year has passed since last update. /> echo hello > tmp.txt Excel PowerQuery シートの値をデータ絞り込みに利用できるようにする, Excel PowerQuery インデックス(行番号) 項目ごとに振り直される連番を付ける, Excel VBA PowerQueryで作ったテーブルのフォーマットを調整するマクロ, 前回の記事で述べたが、Excel VBAのDir関数は、たとえばDir(“D:\ダウンロード\普通のファイル.xlsx“)としたなら「普通のファイル.xlsx」とファイル(・フォルダ)名そのものを返すものだ。, だから、ファイル・フォルダの名前を指定して、それが本当に存在するのかを調べるという用途に使える。VBAの中で、特定のファイル名とかを指定する時に、それの存在を事前チェックするのに使えるわけだ。, しかしDir関数が力を発揮するのは、*(長さゼロも含む任意の文字)? エクセルでファイル一覧を作成します、サブフォルダ以下も全て取得し、一覧表示します、先にまず、完成イメージです。前回のプログラム ファィルの一覧は取得出来ましたが、サブフォルダが取得できていません。実は、Dir関数には、第2引数があります。 サブフォルダ、ファイル一覧を取得. Dirに関しては1068秒→220秒で4.85倍高速なようです。 環境が違えば多少は変わるかもしれませんが、極端には改善されないでしょう。 補足 Dirに関して. 要は、スポーツのルールやっと覚えたくらいのExcelの知識で、仕事で使ってもいるけど、そこから伸び悩んでる方が対象ってことですね。 指定したファイルの作成日時や最終更新日時を取得したい場合に使用する関数です。 Dir関数は、最初の1回は引数を指定する必要があるが、2回目以降は引数を指定すれば直前の検索動作を繰り返し実行する, If (attr And vbDirectory) = vbDirectory Then 'フォルダか, いちばんやさしいExcelピボットテーブルの教本 人気講師が教えるデータ集計 が一瞬で終わる方法 (「いちばんやさしい教本」シリーズ), 【Amazon.co.jp 限定】Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術 (特典: 厳選ショートカットキー データ3種). と実行しても「ファイルが見つかりません」となりtmp.txtは生成されず、 を実行するとエラー無く「My Documents」というフォルダに移動できてしまいます。 参考: Dir関数で全サブフォルダの全ファイルを取得|ExcelマクロVBAサンプル集 beatdjam 2016-11-29 20:53 【VBA】Dir関数で指定パスのサブフォルダを全て取得する VBAについて、僕が学んだノウハウを記事にしていきますので、宜しくお願いします。 ... 今回は、ファイルを開く4つの方法を7つのひな形でご紹介します。 ちなみに私は現在、福岡市博多区の会社で経理の仕事をやっています。 「FileSystemObject」オブジェクトとは、ドライブ、フォルダ、ファイルを操作する事ができるオブジェクトです。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. ... 今回は「FileSystemObject」オブジェクトを使用してファイルを移動する方法をご説明します。 Dirについては調査の過程で気になる記事も見かけたので貼っておきます。 教えてGoo - GetAttrが原因? Help us understand the problem. /> dir エクセルvbaで使うコードの備忘録。vbaで指定フォルダ内のすべてのサブフォルダのパスを取得するコード。サブフォルダ内に含まれるすべてのフォルダもすべて網羅的に取得できるようにしています。 を実行しても「場所が利用できません アクセスが拒否されました。」というエラーダイアログが表示されるだけで、エクスプローラが開くこともありません。 ここで紹介されている方法はexcelからフォームを前提としないものに書き換える。 以前お話しした. だからといって Win+Rから"%USERPROFILE%\My Documents\My Videos"といれても拒否される。, VBA版のDirStartバージョンは外付けのディスクなどのシステム領域、ゴミ箱をフォルダ名を指定して回避するようにしています。しかしこれでもドキュメントフォルダは失敗します。. Dir関数は指定したファイルまたはフォルダの名前を返します。構文Dir ) ] 引数の一覧は以下です。引数定数(値)説明備考pathnameー取得したいフォルダ名やファイル名を入力ワイルドカードを使用可能attributesvbNorm.. 「Excelを3年くらいやって日常的に触ってるけど、からきし上手くならないわー。もう素質がないのかなー。」くらいに思ってる方が読まれると良いかと思います。 お行儀よく勉強しても身に付けにくかった、最短経路の楽なやり方だけを紹介して、努力しない努力をしてもらいたいと思っています。 (1文字)という、ワイルドカードを使った検索だろう。, とすると、「D:\ダウンロード\」フォルダの中にある拡張子「.xls」のファイルが何か見付かる。(なんか以前のExcelでは、xlsという3文字の拡張子を指定すると、xlsxとかxlsmとか4文字の拡張子まで検索に引っかかったらしいが、今はそんな挙動は確認できなかった), 何か見付かるという書き方をしたわけだが、本当に何か1つのファイル・フォルダが見付かるだけなので、それで終わっても何の役にも立たないだろう。, このワイルドカード*を使った検索は、フォルダやファイルを片っ端から全部検索していくといった用途に使えるものであり、そのためにはループ処理を掛けることになる。, そこで大事なことだが、Dir関数は、最初の1回は引数を指定する必要があるが、2回目以降は引数を指定すれば直前の検索動作を繰り返し実行するということだ。, とすると、2行目以降の単なるDirは、1行目のDebug.Print Dir(“D:\ダウンロード\*.xlsx”)を繰り返し実行していることになり、拡張子xlsxのファイルを繰り返し検索しているわけだ。, そしてDir関数では、全てのExcelファイルを検索したいといった使い道が多いはずなので、Dir関数でそういう目的のファイルが見付からなくなるまでループを掛けるという処理を記述すれば良い。, VBAのループ文となると通常はForだが、このDir関数については、検索結果が品切れするまで繰り返すということなのでDo~Loopで良いだろう。, だから、「D:\ダウンロード\」フォルダ内のExcelファイル=拡張子に「xls」文字を含むファイルを全て書き出すマクロとなると、次のような感じになる。, 同様に、フォルダを片っ端から検索する場合には、Dir関数の属性にvbDirectoryを指定すれば良いのだが、ファイルの場合とは違う点がある。, とすれば全てのフォルダを検索できるのだが、フォルダだけでなくファイルまで全て検索されてしまうのは前回述べた通りだ。, しかもこの場合、「.」「..」という訳の分からない2つのものも抽出されてしまう。これは以前の記事で少し述べたが、「.」なら自フォルダ「..」なら1つ上のフォルダを示す。, ということで、まずファイル・フォルダが両方見付かる中から「フォルダ」属性のものを見付けるが、これは以前に紹介したGetAttr関数で行う。そして「.」「..」の2つを除く処理はストレートに記述する。, うん、とても面倒だ。Dir関数はこのように、属性を指定できる割に別途GetAttr関数を併用しないといけなかったりで、どうにも不便なことが大きい。, これなら、FileSystemObjectというやつが、多機能で便利なことが多いんじゃないかと思う。FileSystemObjectについては、内容が多くなるけど、また今度書いてみようと思う。, Dir関数も、前回述べたようなファイルの有無を調べる簡易的用途なら、普通に使えるんだけどね。, こんにちは。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ExcelVBAとアウトドアとゴルフが趣味の30代のおじさんです。 Dirの再帰呼び出しによりファイルを一覧を作る方法の検討 参考にするサイト. [VBA]サブフォルダ含むファイル一覧を再帰的に取得する ... VBAの「FileDateTime関数」の使い方についてご説明します。 ネットワーク上のフォルダにも対応した記述となっており、ファイル名は指定せずフォルダのみを指定して同一フォルダ内のファイルを、すべて開きたい場合に便利な方法です。 難しいことを知らないがゆえに内容も難しくないと思います。. (一応、本名ですけど、苗字は非常に珍しくて覚えにくいこともあり、フルネーム公開予定は今の所ありません)。 Windows10には何のためにこのような変な動作になる"%USERPROFILE%\My Documents"が存在するのですか?, cmd.exeがディレクトリジャンクションを正しく扱えていないために発生している現象です。 4.1 VBAのDir 関数とは; 4.2 Dir ... ファイル名やサブフォルダ名の一覧を取得する場合にDir関数の引数を省略するとお伝えしました。これに関してエラーが発生する場合があります。 最初に呼び出すとき. このサブフォルダ「tanaka」と「tanaka2」を取得するために、次のようなコードではうまくいきません。 理由は上記と同じです。 Sub Sample3() Dim buf As String, msg As String buf = Dir("*. What is going on with this article? 以前はテーマが定めきらず、Excel以外のコンテンツを多く書いた雑記ブログになっていたのですが、そのブログ方はこちらに残し、引き続き時々更新していきます。, このサイトで扱うExcelコンテンツは、最初に言っときますが、「Excel初めてやるよ」って段階の人はほぼ門前払いです。 ステムファイル(Macintoshでは使用できません), ボリュームラベル(Macintoshでは使用できません), エイリアスファイル(Macintoshでのみ使用できます). コマンドプロンプトを開いて Documentフォルダについて以下のマクロを起動するとアクセス禁止フォルダがスキップされる, https://qiita.com/Q11Q/items/20d3fe910e84293f8880, Window10の"%USERPROFILE%My Documents"の存在理由は?, Windows10 Pro Version 1703を使っています。 Excel VBA dir. 「FileSystemObject」オブジェクトとは、ドライブ、フォルダ、ファイルを操作する事ができるオブジェクトです。 *", vbDirectory ) Do While buf > "" msg = msg & buf & vbCrLf buf = Dir() Loop MsgBox msg End Sub コマンドプロンプトで「dir /on /s > a.txt」と入力するとa.txtにそのフォルダ配下のサブフォルダも含めたファイルの一覧が取得できます。 これと同様にVBAでも指定フォルダ配下のサブフォルダに含まれ … 前回の記事で述べたが、Excel VBAの Dir関数 は、たとえば Dir(“D:\ダウンロード\ 普通のファイル.xlsx “) としたなら「 普通のファイル.xlsx 」とファイル(・フォルダ)名そのものを返すものだ。. Dir関数の第2引数にvbDirectoryを指定すると、ファイルとフォルダの名前を取得することができます。 これを利用してサブフォルダ名とファイル名のリストを取得してみましょう。 サンプルコードは次のとおりです。 'https://www.moug.net/tech/exvba/0060088.html, 'Dim WSH As New IWshRuntimeLibrary.WshShell, DocumentフォルダなどでAccessが禁止されるフォルダ。My Musicなど。これはFilesystemObjectを使っても同様の現象が起きる。, you can read useful information later efficiently. ... 今回は指定したフォルダ内のファイルをすべて開く方法をご説明します。 Excelを使い倒し、改造・カスタマイズばかりしている(と自負している)、しょうたです。 コードのひな形ですので、説明は極力省略します。 ファイル名を指定してファイルを開く方法ダイアログでファイルを指定して... Excel VBA サブフォルダ内の複数ファイルを1つのファイルの1シートにまとめる方法, Excel VBA 複数のファイルのデータを1つのファイルの1シートにまとめる方法. しかし そして、指定したファイル・フォルダが存在 … /> cd "%USERPROFILE%\My Documents", ディレクトリジャンクションとして、"%USERPROFILE%\My Documents"が存在しており、本体は"%USERPROFILE%\Documents"ディレクトリであることがわかります。昔のWindowsが、"%USERPROFILE%\My Documents"を標準ドキュメントディレクトリにしていて、最近のWindowsが"%USERPROFILE%\Documents"ディレクトリを標準ドキュメントディレクトリにしていることによる非互換の緩和のために作られているものですが、実際には書き込みをするときにはいいのですが、読み込もうとすると不具合でうまく扱えないことが多いです。通常不可視属性になっていますし、数セクタしか消費していませんので存在を無視すれば目くじらを立てるようなものではありません。, ディレクトリジャンクションは、シンボリッ****ンクやハード リンクとは異なり、他のドライブにあるディレクトリであっても、そのドライブにあるかのように偽装するリンクです。mklinkコマンドで作成できます。ディレクトリジャンクション自体は便利な機能なのですが、ディレクトリジャンクションがあることを想定していないアプリケーションでは不具合が発生することも多いです。, まずCmd.exeを管理者権限で起動し Dir /ahをやる