『中古 VEPOX 金庫 重さ約40kg』はヤフオク!で2,706(99%)の評価を持つworth1221から出品され、4の入札を集めて9月 6日 22時 33分に落札されました。決済方法は銀行振込に対応。神奈川県からの発送料は落札者が負担しました。PRオプションはでした。 > 防災、セキュリティ 金庫のエキスパートがあなたをサポートします。 取扱商品数約1,000点以上の豊富な品揃え。あらゆるお客様のニーズにお応えできます。 家庭用小型金庫から重さ数百キロの業務用大型金庫まで、あらゆる金庫の導入実績があります。 *搬入設置をご希望のお客様は、ご清算時に『その他の項目』→『搬入設置をご選択のお客様へ(設置場所をお選びください。屋外から設置場所までの搬入経路も含みます。)』より詳細をお選びください。, 鍵 金庫 錠前 神戸 榎本金庫 〒652-0046 神戸市兵庫区上沢通4-1-1 TEL078-521-4561, http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P62674015. 金庫の内部が 故障していたり、番号が違っていたりしなければ 、このやり方で開きます。 『右21 4』『左79 3』など2桁の番号と1桁の番号が書いてある場合は、 1桁の数字=ダイヤルメモリを通過させる回数 > セキュリティ この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本セーフ・ファ, ニチュア協同組合連合会(FJSF)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日, 本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日, これによって,JIS S 1037:2006 は改正され,この規格に置き換えられた。, この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意, を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実, この規格は,1966 年に制定され,その後 7 回の改正を経て今日に至っている。前回の改正は 2006 年に, 行われたが,その後,検査方法及び試験方法をより明確にする必要が出てきたため改正した。, この規格は,火災を想定した高温雰囲気中において庫内を所定温度及び相対湿度(以下,湿度という。, 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの, 塗料一般試験方法−第 5 部:塗膜の機械的性質−第 6 節:付着性(クロスカット法), 庫内の許容温度 177  ℃以下の条件下で,一般紙(新聞紙など)に記載の情報又は資料を保管するもの。, 庫内の許容温度 52  ℃以下で,かつ,湿度 80 %以下の条件下で,主にフレキシブルコンピュータディス, 一般紙用耐火金庫の中に,あらかじめ組み込んだもの又は追加して組み込む容器で,主にフレキシブル, 錠が,符号錠又は電子錠(テンキー錠など)である場合,錠を庫内側に打ち抜いて破壊すると,戸締り, 種類は,保管物及びリロッキング機能による区分と性能による区分との組合せで,次による。, 主としてフレキシブルコンピュータディスクを保管するもので,許容温度 52  ℃以下のもの, 二次庫にも適用する。この場合には,一般紙用耐火金庫の中に入れた二次庫の保管物(許容温度)と, 4 時間耐火・急加熱・耐衝撃 4TKS 3 時間耐火・急加熱・耐衝撃 3TKS 2 時間耐火・急加熱・耐衝撃 2TKS 1 時間耐火・急加熱・耐衝撃 1TKS 30 分耐火・急加熱・耐衝撃 0.5TKS 4 時間耐火 4T 3 時間耐火 3T 2 時間耐火 2T 1 時間耐火 1T 30 分耐火 0.5T, 4 時間耐火 4T 3 時間耐火 3T 2 時間耐火 2T 1 時間耐火 1T 30 分耐火 0.5T, 扉の開閉が円滑に作動する。 開閉時に扉と本体枠との隙間が正常に保たれている。 錠及び戸締り機構が正常に作動する。, 開閉時に引出しと本体枠との隙間が正常に保たれている。 錠及び戸締り機構が正常に作動する。 本体及び引出し内部に変形,緩み,溶接外れなどの異常が, 引出し力及び押込み力は,39.2 N 以下で,使用上支障のある破損,変形などがない。, 加熱試験中及び炉内冷却中,内部温度がいずれも 52  ℃以下及び内部湿度80 %以下。, テンキー錠などの電子錠の場合は,テンキー式,カード式,指紋照合式などの方式は問わない。, 投入れ口付き耐火金庫の投入れ口には,鍵違いが 100 種以上の錠を 1 個以上取り付ける。, 両開き,片開き並びに投入れ口付き耐火金庫の扉及び本体枠,引出し耐火金庫の引出し,本体枠の見, えがかり部分との隙間は,左右及び上下の隙間寸法の合計が,それぞれ 3.2 mm 以下とする。ただし,, 引出し耐火金庫の各引出しには,ラッチその他の引出しの飛出し防止装置を付ける。また,ストップ, 耐火充塡材は,充塡後化学変化などによって耐火金庫本体及び保管物に悪影響を及ぼさない。, 塗装は,JIS K 5531 若しくは JIS K 5572 に規定する自然乾燥エナメル又はこれと同等以上の性能をも, めっきは,JIS H 8610 又は JIS H 8617 に規定する 2 級以上とする。, アルミニウム及びアルミニウム合金の表面処理は,JIS H 8601 に規定する処理又は同等以上の処理を, 棚板の強度試験は,耐火金庫に棚板を取り付けた状態で,砂袋などを用いて,棚板上に棚板面積 1 cm, 当たり質量 10 g のおもりをほぼ等分布に載せて,棚板前縁中央部のたわみ量を測定する。同様に 1 cm, たり質量 30 g のおもりをほぼ等分布に載せ,10 分間経過した後,このおもりを取り除き,各部の異常の有, 扉の強度試験は,耐火金庫を剛性のある水平な台上に置き,耐火金庫の本体を支え,扉を 90゜開き,扉, のほぼ中央に扉の自重の 3 倍の質量のおもりを載せ,10 分間経過した後,このおもりを取り除き,各部の, 引出しの強度試験は,耐火金庫を剛性のある水平な台上に置き,全ての引出し内に砂袋などを用いて, に示すおもりをほぼ等分布に載せ,引出しを閉め,24 時間放置後,おもりを入れた状態で引出し正面板, 引出し及びランナの強度試験は,次による。ただし,試験中は耐火金庫が床上を動かないように,脚又, は底部の回りにストッパを取り付け,全ての引出し内に砂袋などによって,引出し 1 個当たり有効内容積, 引出しを,その内側長さ(奥行き)の 3 分の 1 又は少なくとも 100 mm が耐火金庫の内側に残る位置, N の垂直力を,引出しの前板上部の一つのかどに加える。力を加える手段は,引出しが変形する, なお,力(おもり)は,構造を補強したり,又は応力を再分布させたりすることがないものとする。鉛, の小球などを入れた袋を用いる場合は,内容物が試験中に移動することがないように,袋は小さな区分室, に分けて収納しなければならない。引出しの開閉速度は,載荷なしのときは,1.2 m/s とし,, 急速に開閉するための力は,引出しが移動端に到達する約 10 mm 前の位置で取り除く。, 力は取手に,又は取手が二つある場合はその中間点に加える。取手がない引出しについては,ランナ, 引出しの開閉耐繰返し試験は,耐火金庫を剛性のある水平な台上に置き,足車をストッパなどを用いて, )を減じたものとする。毎分約 20 回の速さで 30 000 回繰り返した後,おもりを載せたま, まで,各部の異常の有無を調べる。ただし,衝撃力が前方ラッチ部分及びストップ機構にかからないよう, なお,試験の初回及びその後 10 000 回ごとに止めて,引出し力及び押込み力を測定する。測定方法は,, 扉の開閉耐繰返し試験は,耐火金庫を剛性のある水平な台上に置き,足車をストッパなどを用い固定す, る。次に,扉の開閉繰返し操作は,開閉角度 90゜以上になるように設定し,毎分約 20 回の速さで 30 000, なお,試験の初回及びその後 10 000 回ごとに止めて,開閉力を測定する。測定方法は取手の位置をプッ, 両開き及び片開き耐火金庫を剛性のある水平な台上に置き,本体を支えず,全ての扉を約 90゜開き,, 扉のほぼ中央に扉の自重の半分の質量のおもりを載せ,本体の安定性を調べる。ただし,本体内部に, に載せ,引出しをストップ機構が働く位置まで引き出し,本体の安定性を調べる。ただし,, 定する引出し以外にはおもりを入れず,かつ,引出しは,閉めた状態にしておく。また,転倒防止装, 試験片は,長さ約 150 mm,幅約 50 mm の大きさとし,製品から採取するか又は製品と同一生産条件で, 試験方法は,9.4.1 に規定する試験片に鋭利な刃物で鋼板に達するように各対角線にきずを付け,, 示すように 3 %食塩水(15  ℃〜25  ℃)をビーカーに深さ約 70 mm 入れたものにきずを付けた試験片を約, 半分浸し,100 時間経過後,浸せきしたまま,きずの両側 3 mm の外側の膨れの有無を調べ,引き上げて, 塗膜の付着性試験は,JIS K 5600-5-6 のクロスカット法によって,塗膜の剝がれの有無を調べる。, 金属部めっき厚さ試験は,JIS H 8610 の 9.3(厚さ試験)又は JIS H 8617 の 9.4(厚さ試験)の規定によ, 形状,構造,材料及び壁厚が同じの場合,その種類のうち最も大きな寸法のものを選ぶ。ただし,, 最大寸法と最小寸法の容積比とが 50 %以上の差異のものがある場合には,中間寸法の試験体を選ん, 試験体は,9.7.5 に規定した標準加熱試験に 1 台使用し,9.7.6 に規定した急加熱・衝撃落下併用試験, 試験実施前に少なくとも 12 時間以上,扉を開放した状態で温度 18  ℃〜24  ℃,湿度 65 %以下の恒温, 試験体を加熱炉内に入れた場合は,その底部に支えを設けるなど,試験体が転倒しないようにする。, 一般紙用耐火金庫は,庫内の天井を除く,各面へ新聞紙をアルミニウムはく(箔)テープなどで,全, 面に貼り付ける。各区画にも新聞紙を軽くもみ,その容積の 25 %〜50 %を入れる。, 30 分耐火・急加熱・耐衝撃 30 分標準加熱試験及び急加熱・衝撃落下併用試験 4 時間耐火, 538 704 760 795 821 843 862 878 892 905 916 927, 130 140 150 160 170 180 190 200 210 220 230 240, 加熱炉は,9.7.3 に示す温度の時間的変化を,試験体の底以外の全面にほぼ一様に与えられるようなも, 標準加熱試験は,9.7.1 に規定した試験体を 9.7.4 に規定した加熱炉内に設置し,c)  に規定した熱電対, に規定した加熱時間に達するまで加熱する。加熱終了後,耐火金庫の内部温度が f)  に達するまで炉内, 4 時間標準加熱試験 240 3 時間標準加熱試験 180 2 時間標準加熱試験 120 1 時間標準加熱試験 60 30 分標準加熱試験 30, 加熱温度は,JIS C 1602 に規定するクラス 2 以上の性能をもつ素線径 1.00 mm の K 熱電対によって, 熱電対は,内径 1.0〜1.4 cm の先端を封じた石英,鉄又は磁器保護管に入れたものを用い,保護管の, 加熱温度の標準温度曲線に対する許容差は,温度時間面積で 1 時間までは±10 %,2 時間までは±, 内部温度は,JIS C 1602 に規定するクラス 2 以上の性能をもつ素線径 0.65 mm の K 熱電対又は素線, 熱電対は,試験体底面にあけた小孔から挿入し,挿入後,小孔は一般紙用耐火金庫の場合には,, 耐火材で埋め戻し,フレキシブルコンピュータディスク用耐火金庫は,耐熱性のあるシール材でシ, 箇所にも熱電対の熱接点を設置する。投入れ口付耐火金庫の場合は,シュート[かばん(鞄)の出, 口]が邪魔をして熱電対の熱接点を上記の箇所に設けることが不可能のときは,シュート出口を配, 慮して設置してもよい。また,試験体の内部の内のり高さが 30 cm 未満の試験体にあっては,内の, mm の 1 か所の合計 3 か所に熱電対の熱接点を設置する。その他の引出しは,引出し前, る。また,試験体の内部の内のり高さが 30 cm 未満の試験体にあっては,内のり寸法の 1/2 高さの, 内部湿度の測定は,フレキシブルコンピュータディスク用耐火金庫の内部の中央部に,天井及び地か, ら 460 mm の箇所へ各 1 個(合計 2 か所)とする。内部の高さが 920 mm 以下のものは,1 か所とし(耐, のは,最上段と最下段との中央へ湿度計を設置する。また,湿度計設置のときに,指定寸法どおり設, フレキシブルコンピュータディスク用は,加熱終了後 30 分以内に内部温度の最高温度を示した測定, に規定する加熱時間及び炉内冷却が終了後,内部温度(全ての耐火金庫)及び内部湿度(フレキシ, 内部に入れた新聞紙については,炉内冷却が終了後,試験体を加熱炉から取り出し,自然(大気)放, に規定した加熱炉をあらかじめ 1 090 ℃以上に加熱する。加熱炉内の加熱温度の測定は,9.7.5, 試験体を入れた後,30 分耐火用金庫は 20 分間,また,1 時間耐火用金庫以上のものは 30 分間加熱を, 維持する。この場合の加熱温度は,平均値で 1 090  ℃以上,最高温度 1 200  ℃以下とする。, 2 時間耐火以上のものは,30 分間急加熱後,炉ののぞき窓から観察し,試験体に破裂がなかったこと, を確認した後,9.7.3 に規定する標準温度曲線の 30 分経過時点の温度まで下げ,引き続き標準温度曲, 4 時間耐火・急加熱・耐衝撃 30 3 時間耐火・急加熱・耐衝撃 30 2 時間耐火・急加熱・耐衝撃 15 1 時間耐火・急加熱・耐衝撃, 2 時間耐火以上のものは,e)  の加熱時間終了後,30 分及び 1 時間耐火のものは,d)  の急加熱時間終, 了後,試験体を加熱炉から引き出し,9.1 m の高さまで引き上げた後,前後左右の振れがないことを, 確認し,コンクリート基盤の上に古いれんが,半砕及び原形のものの高さ(深さ)500 mm 以上ほぼ, 4 時間耐火・急加熱・耐衝撃 60 3 時間耐火・急加熱・耐衝撃 60 2 時間耐火・急加熱・耐衝撃 45 1 時間耐火・急加熱・耐衝撃 30 30 分耐火・急加熱・耐衝撃 20, 及び g)  の加熱の場合,加熱温度の標準温度曲線に対する許容誤差は±10 %とする。, に規定する加熱時間及び同一構造,同一寸法の試験体が,9.7.5 に規定する標準加熱試験で実施し, た炉内冷却と同じ時間,炉内冷却を実施した後,試験体を加熱炉から取り出し,取扱いできる程度に, 湿度測定を行った場合は,湿度測定の値及びその測定位置(フレキシブルコンピュータディスク用, 耐破壊試験は,耐火金庫の種類が一般紙用,フレキシブルコンピュータディスク用で,開閉方式が両, 投入れ口付き耐火金庫においては,投入れ口を除く部分の構造,形状,材料及び壁厚が同じで,同一, フレキシブルコンピュータディスク用耐火金庫においては,二次庫を除く部分の構造,形状,材料及, 耐破壊試験の試験実施者は,破壊技術に依存するため,一定水準の破壊技術をもつものとする。, 試験体は,戸締り機構破壊,扉・本体枠破壊の試験にそれぞれ 1 台ずつ同じ大きさの製品を合計 2 台, 用意する。ただし,戸締り機構破壊の試験後に,試験体の本体に損傷がない場合には,扉を新しいも, 同一種類の製品については,形状,構造,材料及び壁厚が同じの場合,通常,その種類のうち最も大, きな寸法のものを選ぶ。ただし,この系列の最大寸法と最小寸法との容積比が 50 %以上の差異のもの, 表 16 に示す工具は,全て市販の形状,寸法及び材質のまま使用するものとし,その形式に特別の制限, 錠を平たがね,チス,片手ハンマなどで庫内に打ち抜き,施錠機構を破壊し,扉の開放を試みる。た, 丁番軸を金切りのこで切断した後,丁番側の扉及び庫体の隙間をバールなどで攻撃し,隙間を大きく, 戸締り機構破壊試験及び扉・本体枠破壊試験の実施時間は,それぞれ 15 分間とする。攻撃は連続して, 行う必要はない。破壊攻撃,横転及び刃先の脱着と摩耗した用具との取替えに要した時間の合計を実, 施時間とする。準備及び試験途中での休憩,安全予防又は破壊手順の検討によって要した時間は,実, 施時間に含まない。また,作業手違いによる刃先の欠け,ハンマの柄のはずれなどが生じた場合も,, 取替え時間は実施時間に含まない。ただし,試験体への攻撃の開始から,最後の攻撃が終了するまで, に規定する試験工具で試験体を横転させることができる場合には,試験体は自由に姿勢を変えて, 試験中に試験体が動いて危険な場合には,床面に敷物,当て板(2 面)などを用いて試験体を固定し, 表 17 に示す試験実施者 4 名で行う。ただし,耐破壊試験担当の交代要員を 1 名含む場合には,, 試験は,同時に耐破壊試験担当 2 名での攻撃を可能とし,自由に交代要員と交代できる。ただし,同, 目視によって検査したとき,箇条 5,箇条 6 及び箇条 12 に適合したものを合格とする。, 既に形式検査に合格したものと同じ設計・製造による製品の受渡しをする場合,必要と認める, 例 1  一般紙用耐火金庫リロッキング機能付き  2 時間耐火・急加熱・耐衝撃又は PR・2TKS, 例 2  一般紙用耐火金庫リロッキング機能付き  3 時間耐火  又は PR・3T, 例 3  フレキシブルコンピュータディスク用耐火金庫リロッキング機能なし  2 時間耐火又は FN・, 例  フレキシブルコンピュータディスク用区画をもつ一般紙用耐火金庫リロッキング機能付き 1 時, 一般紙用耐火金庫リロッキング機能なしへ追加し,組み込む二次庫の呼び方は,次の例による。, 例  フレキシブルコンピュータディスク用二次庫,一般紙用耐火金庫リロッキング機能なし 2 時間, この規格の全ての要求事項に適合した耐火金庫には,次の事項を表示しなければならない。, 同一耐火金庫内で区分の異なる保管物を保管するものについては,その区分及び領域を明確, にする。箇条 11 c)  の追加タイプの容器で取外し可能なものは,基本となる一般紙用の適用, 耐火金庫には,次の事項を記載した取扱説明書を添付する。ただし,耐火金庫によって該当しない事項, 軽い(空の)引出しは,重い(保管物が入った)引出しより必ず速い速度で閉じられるが,摩擦は,閉, これらの条件を模擬的に作り出すためには,摩擦ができるだけ小さい,標準の 空 (載荷なし)引出し, 表 8 の質量のおもりを載荷した)引出しを用いる。これらの引出しを用いて,引出しの急, 引出しを,最大 300 mm 引き出すか,又は,その内側長さ(奥行き)の 3 分の 1 又は少なくても 100 mm, 引出しを,完全開位置から 300 mm 押し込む(最大移動距離が 300 mm 未満の場合は,完全に閉じる), 引出しの急速開閉試験用装置の適切な装置の一つは,空気圧で作動する低摩擦のピストン・シリンダ機, 構及び空気タンクから供給される空気の圧力を調製する手段によって構成する。ピストン・シリンダ機構, と空気タンクとの間の空気の流れは,方向制御弁(空気操作弁)によって制御し,その方向制御弁は,操, 作されたときに空気タンク内の空気を急速にピストン・シリンダ機構によって接続できるものとする。こ, 〜25 N の標準引出しを 2 個用い,9.1.5 に規定する開閉速度が得られるように装置を校正する。, 注記  質量が 0 kg から表 8 の質量のおもりを載荷したものまでの引出しについては,質量と速度との. VEPOX VD-404タイプ 幅40.0cm×奥行38.5cm×高さ32.5cm VEPOX VD-501タイプ 幅48.0cm×奥行39.5cm×高さ35.0cm ≪主な金庫鍵の番号作成≫ 金庫鍵 VEPOX (ベポックス) 鍵番号 W印 W 金庫鍵 VEPOX (ペポックス) 鍵番号 E印 E 塗装されたものとする。 9.4.2 試験方法 試験方法は,9.4.1 に規定する試験片に鋭利な刃物で鋼板に達するように各対角線にきずを付け, 図 3 に *ご入金確認には、1〜4日程度かかる場合がございます。 *お振込み確認後に発送となります。, 【不良品について】 *振込手数料は、お客様にてご負担ください。, 【お支払い期限について】 日本で現在最も普及している金庫のダイヤルは4個の数字を合わせなければいけませんが、それより前に普及していたダイヤルは数字が3個し … *配送をご希望のお客様は、配送車が横付け可能な場所まで、車上お渡しとなります。(商品の受入れには、お客様の協力をお願い致します) *ご入金が確認でき次第、発送いたします。 *商品が不良品の場合 日本で現在最も普及している金庫のダイヤルは4個の数字を合わせなければいけませんが、それより前に普及していたダイヤルは数字が3個し … > 住まい、インテリア *パソコン上の色は実際とは多少異なりますので、ご了解の上ご購入下さい。, 【配送費・搬入設置費について】 > 金庫, ●セントリー SENTRY 1100 ポータブル金庫/手提げ金庫/耐火金庫/保管庫●鍵付, 【 VEPOX 】ダイヤル錠 耐火金庫 34kg 金庫 保管庫 防犯 セキュリティ カギ2個付き KA, 【直接引取限定】KUMAHIRA 熊平製作所 一般紙用耐火金庫 MS-30d P-S・3TS, (60)SentrySafe セントリー セーフ 耐火金庫 H2100 鍵付き 金庫 セーフティボックス, E918◆訳あり 先染めフェイスタオル 綿100% ポルトガル製 33.5x42cm チェック柄 レッド系 送料200円, 美心MJ9912 美品 SENTRY SAFE 1100 耐火金庫 MADE IN USA 本体 鍵 BL-334178 保管庫 ポータブル, 限定価格 金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイル 現金収納ケース 防水 防炎 耐高温 手提げ 集金袋, zlC743l ◆▼ NBブラック S2H-QT金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイ, 35*25*6cm 耐火バッグ 書類保管ケース 金庫耐火防水バッグ 二重層 防炎 安心保管袋 手提げ (35*25*6cm), 【大特価!】 金庫耐火バッグ 38*28CM 書類保管 現金収納ケース 二重防火 繊維防爆 最防炎 防水 安心保管袋 耐高温 耐火 集金袋, 金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイル 現金収納ケース 防水 防炎 耐高温 手提げ 集金袋, 未使用 即決にて 金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイル 現金収納ケース 防水 防炎 耐高温 手提げ, 耐火バッグ 書類保管ケース 金庫耐火防水バッグ 二重層 防炎 安心保管袋 手提げ (27*17.5cm), 金庫耐火バッグ 貴重書類保管ケース 防爆 ファイル 現金収納ケースA4 防水 防炎 手提げ 35*25*5CM, 【●目玉商品●】 : 35*25*6cm 耐火バッグ 書類保管ケース 金庫耐火防水バッグ 二重層 防炎 安心保管袋 手提げ (3, ≪期間限定です≫ 金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイル 現金収納ケース 防水 防炎 耐高温 手提げ, 【大特価!】 金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイル 現金収納ケース 防水 防炎 耐高温 手提げ 集金袋, [K11.7] SENTRY セントリー FIRE SAFE ファイアセーフ 耐火・防水保管庫 H2300 A4サイズ収納可 鍵付 金庫 防災 セキュリティ 1円スタート♪, !新品 金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイル 現金収納ケース 防水 防炎 耐高温 手提げ 集金袋, 27*17.5cm 耐火バッグ 書類保管ケース 金庫耐火防水バッグ 二重層 防炎 安心保管袋 手提げ (27*17.5cm), おすすめ!即決 金庫耐火バッグ JUNDUN 貴重書類保管ケース 防爆バッグ パスポート ファイル 現金収納ケース 防水 防炎 耐高温 手提げ, DW34-4 新品 小型耐火金庫ダイヤセーフ カギ式耐火金庫 家庭用耐火金庫 本州/四国/九州限定 送料無料 マイナンバー/印鑑/重要書類の保管に, 送料無料 125EN88WR 耐水性能装備 新品 テンキー式耐火金庫 ディプロマットジャパン Diplomat 簡単操作 低価格 お買得 沖縄/離島は配送不可, ★新品 金庫 13kg 26L SQH-13T 非耐火金庫 テンキータイプ ホテル セーフティボックス 防犯 貴重品入れ●送料込, ETS110 新品 ダイヤセーフ テンキー式業務用耐火金庫 マイナンバー/印鑑/重要書類の保管に最適 ダイヤモンドセーフ 高齢者も使いやすいです, 限定 ダイヤセーフ D30-1 ダイヤル式小型耐火金庫 新品 家庭用耐火金庫 ダイヤモンドセーフ マイナンバー/印鑑/重要書類の保管/民泊に最適, 限定品 送料無料 DH52-DX 新品 テンキー式耐火金庫 家庭用耐火金庫 テンキー式耐火金庫 ダイヤモンドセーフ 本州/四国/九州限定価格, 送料無料 A530R3WR-RED 新品 テンキー式耐火金庫 / 耐水金庫 ディプロマットジャパン 家庭用耐火金庫 操作が簡単 沖縄/離島は配送不可, ETS70 ダイヤセーフ耐火金庫 テンキー式業務用耐火金庫 マイナンバー/印鑑/重要書類の保管に最適 ダイヤモンドセーフ 高齢者も使いやすい, 限定特別価格 D52-DX 新品 ダイヤル式大型耐火金庫 家庭用耐火金庫 本州/四国/九州限定 送料無料 マイナンバー/印鑑/重要書類の保管, DH30-4 新品 テンキー式耐火金庫 ダイヤセーフ 家庭用耐火金庫 高齢者に人気 ダイヤモンドセーフ マイナンバー/印鑑/重要書類の保管/民泊に, 限定特別価格 DW50-7 新品 カギ式耐火金庫 ダイヤセーフ 本州/四国/九州限定 送料無料 ダイヤモンドセーフ マイナンバー/印鑑/重要書類保管, ダイヤセーフ H30-4 新品 カギ式耐火金庫 家庭用耐火金庫 ダイヤモンドセーフ マイナンバー/印鑑/重要書類の保管に最適 低価格でお買い得, 38*28*2cm 金庫 家庭用 ビジネスバッグ耐火 貴重書類保管ケース 防災 耐火バッグ 耐火金庫A4 通勤 通学 手提げ (, DSF680-3K 新品 業務用耐火キャビネット ダイヤセーフ 業務用耐火金庫 マイナンバー/印鑑/重要書類の保管に最適 ダイヤモンドセーフ, 本島送料無料 日本製 マイン MINE カギ式耐火金庫 家庭用耐火金庫 日本アイエスケイ キング 新品 操作が簡単 使いやすい 小型耐火金庫, 送料無料 MEK52-8 新品 テンキー式耐火金庫 ダイヤセーフ 業務用耐火金庫 本州/四国/九州限定 マイナンバー/印鑑/重要書類保管/民泊に最適, 新品 DSF680-2K 業務用耐火キャビネット ダイヤセーフ耐火金庫 マイナンバー/印鑑/重要書類保管に最適 ダイヤモンドセーフ 業務用耐火金庫, 新品 即決 送料無料 ダイヤセーフ MEK52-DX 中型家庭/業務用耐火金庫 プッシュタイプ・テンキー式, 新品 即決 送料無料(車上渡し) ダイヤセーフ ETS90 大型業務用耐火金庫 プッシュタイプ・テンキー式 未使用, DS23-EK ダイヤセーフ 新品 家庭用耐火金庫 ホテルセーフ ダイヤモンドセーフ デジタルロックテンキー式耐火金庫 高齢者にも使いやすい, 黒 38*28*2cm 金庫 家庭用 ビジネスバッグ耐火 貴重書類保管ケース 防災 耐火バッグ 耐火金庫A4 通勤 通学 手提げ, ★新品 金庫 PHDI-50D 52kg 20L 耐火金庫 ダイヤルタイプ 防災 防犯 貴重品入れ 店舗 事務 オフィス ●送料込, DH52-8 新品 テンキー式耐火金庫 ダイヤセーフ 家庭用耐火金庫 ダイヤモンドセーフ 高齢者も使いやすい マイナンバー/印鑑/重要書類の保管.