1.アカウントの登録 おわりに とても身近な存在になってきた「Web会議システム」。ただし、日々の仕事で必ず使うツールではないので、知らないことも意外と多い。その一つが、無料で使えるシステムと有料のシステムとの違いである。その点をクリアーにしておかないと、Web会議システムを正しく選び、活用することは難しい。ということで、Web会議システムの無料版と有料版の違いについて一から確認する。, Web会議システムは、インターネットを介して音声・ビデオによる会議を可能にするシステムことである。本記事では、無料と有料のWeb会議システムの違いにフォーカスを当てる。 ということで、まずは、無料で使えて、評判の高いWeb会議システムを6つほどリストアップしてみたい。, Zoom Meetingsは、マルチデバイス対応のビジネス向けビデオ会議&チャットツール。アカウントを作成することなく、URLの発行のみで、誰とでも手軽にビデオ会議やチャットが行える点を特徴とする。, 無償の「基本(ベーシック)」版と、有償の「プロ」版、その上位の「ビジネス」版、最上位の「企業(エンタープライズ)」版をラインアップ。無償版でも、HDビデオをサポートし、ローカルディスクへの会議のMPEG-4録画をサポートするほか、100人の参加者までのホストが可能。SSL 暗号化やAES 256ビット暗号化による通信内容の保護も実現している。, ただし、無償版ではグループミーティングの時間が40分までに制限されているほか(プロ版以上は実質無制限)、ユーザー管理(ロールの追加、削除、割り当てなど)の機能や使用状況レポートの生成、高度なミーティング管理機能、クラウドへのMPEG-4/M4Aムービー記録といった機能はサポートされていない。, Whereby(旧称appear.in)とは、Zoom Meetingsと同様に、URL発行のみでビデオチャットができるWeb会議ツールだ。ホストがアカウント登録を行えば、ゲストはURLをクリックするだけで会議に参加できる。, また、画面共有、マイクとカメラのオン/オフ、テキストチャット、部外者が参加しないためのLock機能、画面上にスタンプを表示させるStickerなど、Web会議システムの標準的な機能も網羅的にサポートしている。, 無料版の「Free」と有料版の「Pro」「Business」の3つのライセンス形態があり、無料版では1対1でのミーティングのみが行え、グループでのWeb会議が行いたい場合には、Pro以上のライセンスが必要とされる。なお、Proではグループミーティングの参加者が4人までに制限されているが、Businessでは、参加者に制限はない。, Cisco WebEx Meetingsは、アプリのダウンロードやプラグインが不要で、デバイスに関係なく、いつでも誰とでも会議が行えるWeb会議システム。画像の滑らかさやノイズを低減した音声の聞き取りやすさを特徴とする。Zoom Meetingsと同じく、会議のMPEG-4録画もサポートするほか、資料の共有、ホワイトボード機能、アンケート機能を備える。, 無料版と小規模チーム向けの「Starter」、中規模チーム向けの「Plus」、大規模チーム向けの「Business」という4つのライセンス形態があり、無料版でも通信内容・録音ストレージのAES 256 ビット暗号化、「Personal Room 」のロックといったセキュリティ機能を持つ。, ただし、無料版では会議参加者の数が最大50名までに制限されているほか、使用可能なクラウドストレージが1GBまでにグループミーティングの時間も40分にそれぞれ制限されている。有料版のStarterでも、会議参加者の数は50名までとなっているが、グループミーティングの時間に実施的な制限はなく、クラウドストレージの容量も5GBまで利用できる。さらに、Cisco WebEx Meetingsでは、Business版で200名参加の会議が催せるほか、オプションで最大1,000名参加の会議が催せるという拡張性も特徴としている。, ハングアウトMeetは、Googleが提供するWeb会議システムで、グループウェア「G Suite」を構成する機能の1つ。会議を設定して、URLを参加メンバーに共有するだけでビデオ会議が行える。会議への参加メンバーにはアカウントやアプリは必要ではなく、Webブラウザを通じて、誰でも会議に参加できる。, G Suiteは有料のサービスで、無料版は用意されていない。無料試用も14日間とどちらかといえば短い。ただし、無料の Google アカウントから、ハングアウトMeetの基本機能は使いことができ、最大10人までのビデオ会議(ビデオ通話)が行える。とはいえ、無料のGoogleアカウントでは、管理機能(ユーザー管理やセキュリティ管理など)は使うことはできない。あくまでもパーソナル、あるいはビジネスパーソナルでの用途を想定した仕様になっている。, Chat&Messengerは、G Suiteと同様の統合型グループウェアで、機能の一つとしてWeb会議の機能を提供している。この機能はモバイルデバイスにも対応し、ビジネスチャットと連携したビデオ通話、デスクトップ画面共有などの機能を備えている。また、クライアントユーザーの自動認識機能もサポートされている。, Chat&Messengerは大きくオンプレミス版とクラウド版に分かれ、ともに無料版と有料版が用意されている。クラウド版では、無料版と、有料の「Standard」「Enterprise」「Ultimate」という計4つのエディションが用意され、無料版でも、ビジネスチャット、ビデオ通話、ファイル共有・文書管理、掲示板、回覧板などの機能が利用できる。, ただし、無料版では、1対1でのビデオ通話にしか対応しておらず、3人以上の人数でのビデオ会議には有料版の使用が必要とされる。また、チャットルームについても、無料版では合計 5 つまでしか利用できない。このほか、ユーザー管理・施設予約、暗号化キー指定、IPアドレス制限などの機能も有料版からのサポートとなる。, Blizz Collaboration Companionは、パソコンやモバイルデバイスにアプリをインストールして使うタイプのWeb会議システムである(会議に参加者するだけであれば、アプリは不要)。ビジネスチャットと一体化されており、会議のスケジューリングや会議における4K画質での画面共有といった機能を備えている。国際標準規格のISO2001の認証を受けており、AES256ビット暗号化による通話内容の保護も実現している。, ライセンスの形態は、無料版と有料の「CORE」「CREW」「COMPANY」の4つに分かれている。無料版ではグループミーディングの人数が5名までに制限され、ユーザー管理の機能も有料版のみにサポートされる。, ご承知の通り、物事には全て理由があり、無料のWeb会議システムが無料で提供されているのにも、もちろん理由がある。その理由を考えていくと、無償のWeb会議システムを選び、使ううえでの留意点も見えてくる。, 言うまでもなく、Web会議システムの開発・提供元は、ほぼ全てが営利企業であって、非営利団体ではない。ゆえに稼がなければならず、Web会議システムを無料で提供するにしても、それが収益につながらなければ意味はない。そのため、無料のWeb会議システムは、多くの場合、有料版の“試供品”といえるような作りになっている。要するに、有料版の良さを訴求しつつ、有料版に移行したくなるような機能制限がかけられているのが通常ということである。逆にそうだからこそ、有料製品/サービスの無料版には、一定の機能・性能も期待できる。理由はシンプルで、無料版の機能・性能が劣悪であれば、有料版に移行しようという利用者の意欲は喚起できず、それどころか、有料版の評価も落とし、無料版の提供が逆効果をもたらす結果になるからである。, もちろん、無料版はあくまでも“試供品”なので、それをビジネスに本格的に使おうとすると、さまざまな機能の不足や問題に気付くはずである。, では、無料版のWeb会議システムには、総じて、どのような機能の制約や問題があるのだろうか。次にその辺りを確認しながら、有料版を使うメリットについて考えていきたい, 無料版のWeb会議システムに共通して見られる制約の一つは、会議人数の制限である。なかには、1対1のビデオ通話の機能しか提供していないものもある。また、ビデオ会議の時間についても制約を設けているシステムもある。, Web会議システムを使うそもそもの利点は、場所や時間の制約を受けずに会議をしたいメンバーと自由にビジネスミーティングが行えることにある。その意味で、無料版のWeb会議システムを使い続けている限り、そうした利点をほとんど活かせないことになる。, さらに、無料版のWeb会議システムの場合、ユーザー管理の機能を持っていないのが一般的である。, Web会議システムを利用するユーザーの登録/削除、ID/パスワードの管理といたユーザー管理の機能は、システムの使い勝手を増すものではないが、会社がシステム利用の統制やセキュリティを確保するうえでは大切な仕組みといえる。例えば、ユーザー管理の機能がないと、会社を辞めた人間のアカウントを消去し忘れるといった管理上の単純な漏れやミスも起こりやすくなる。ゆえに、有料のWeb会議システムの大多数は、ユーザー管理の機能を備えているが、無料版ではその機能が提供されていないことが通常なのである。, ちなみに、社内に設置されたリアルなミーティングスペースや会議室は、物理的に外部から切り離され、特にルールを設けなくても、利用者は自ずと従業員に限定され、第三者が勝手に出入りすることはほぼ不可能で、会議の内容が盗聴されたり、盗み見されたりするリスクも低い。ところが、Web会議システムによって仮想的に創られたインターネット上のミーティングスペースは、暗号化やユーザー認証による情報の保護策を講じないと、第三者による侵入・盗聴のリスクが大きくある。それゆえに、Web会議システムでは、無料版においても通信の暗号化といったセキュリティ機能を提供しているものが多いが、有料版との間で相応の機能差があるシステムもある。その意味でも、無料版ではなく、有料版のWeb会議システムを導入したほうが安全であり、安心といえるである。, ITreviewでは、そうした点を踏まえたうえで、Web会議システムのカテゴリーページでは、人気の高いシステムと、そのレビュー情報を豊富に紹介している。これからもぜひ、ご活用いただきたい。, Web会議システム「無料」「有料」の違いとは?有料のシステムを活用したほうがいい本当の理由, マーケター必見、法人向けITのレビューマーケティングの真価を体感できる1日――国内の最新取り組み事例も紹介, ▼ITreviewの「Blizz Collaboration Companion」.   と記載されていますが、これは、50分以内に開催するものしかスケジュールできないのではなく、ミーティングの時間が50分以内ということを指しています。 契約期間、最少契約ライセンス数、超過料金設定、音声接続料金設定など、サービス/プランにより異なります。詳しくは営業部までお問い合わせください。, Web会議をより快適にお使いいただくために、マイクやスピーカーフォンの販売も行っております。詳しくはこちらをご覧ください。. 次に、ミーティングを開始するをクリックすると、ミーティングが開始します。 というのも、Zoomの創始者エリック・ヤンは、元Webexの技術者だそうです。 手順. 5.アプリの設定(任意) 次の画面が表示されるので、つながっているマイク、スピーカーを確認します。 ・ 主催者権限を持つユーザを指名し(Named)、その人数分のライセンスを ご購入いただきます。 1.アカウントの登録 料金プランは次のサイトのとおりです。 出席者にメールでミーティングのアクセス先を送る場合は、出席者のメールアドレスを入力します。       4.会議開催 Webexの7月1日からの変更点「50分制限」に対応が必要 . 次の画面が出てきますので、ミーティングの議題、パスワード、日時を設定します。 PGi (プレミアコンファレンシング)が提供・サポートするWeb会議サービス、Cisco Webexの料金プランを紹介します。定額制や従量課金プランなど、お客様の利用方法に応じた料金プランを提供します。 しかし、数十人規模の大規模な会議となると、最大利用可能人数に大きな違いが出てきます。最大何人までの利用を想定して導入するのかも考えた上で、システムを導入しましょう。, ZoomとWebEX、Microsoft Teamsの、それぞれの特徴とメリットとデメリットを解説します。, Zoomは、アメリカのZoomビデオコミュニケーションズが提供しているビデオ会議システムです。無料プランと有料プランがあり、無料プランでも十分に利用に耐えられるということで、仕事でも多くの方に活用されています。, Zoomのメリットは、画質や音質の良さと、会議への参加方法がとても簡単な点です。以前は通信量が少なくて済むとも言われていましたが、ここ最近セキュリティ面を強化したことで、通信量の節約のメリットはあまりなくなってきました。 | 3.ミーティングスケジュールの設定 下記のサイトにアクセスし、サインアップをクリックし、指示の通りアカウントを登録します。 おわりに 時間があれば、あらかじめアプリをダウンロードしておきましょう。 ブログを報告する. また、outlookでも会議をスケジュールすることができます。 www.webex.com Zoomの無料版で3人以上の会議を行う場合は、40分の時間制限があります。仕事で利用する場合は、無料版では時間制限がある点を、デメリットと感じる方も少なくありません。, Cisco WebEXも、世界的に利用者が多いビデオ会議システムです。OSやデバイスを選ばずに、Web上から簡単にアクセスできる、使い勝手の良さが評価されています。, Cisco WebEXを使うメリットとは、場所を選ばず、PCでもスマホでもインターネットに接続できる環境があれば、すぐにWeb会議を開催できる点です。Cisco WebEXを導入したことで、場所を選ばずに会議を開けるようになった方は、便利さを感じています。, Cisco WebEXのデメリットは、映像や音声が途切れやすい点です。自分や相手の通信環境が少しでも不安定になると、すぐに映像や音声が切れてしまい、Web会議に支障が生じます。また、初めて使う人には導入の仕方が分かりにくい点も、デメリットとして挙げられています。, Microsoft Teamsは、ビデオ会議システムというよりも、ChatworkやSlackと比較されるビジネスチャットツールです。Microsoft Teamsというビジネスチャットのプラットフォームの中の一つの機能として、ビデオ通話機能を利用できます。, Microsoft Teamsのメリットは、Office 365を利用しているのであれば、追加料金なしですぐに導入できる点です。Office 365の中に、Teamsも含まれています。  マイページの右下の?をクリックし質問事項を記入すると、関連サイトが表示されます。 スピーカーやマイク、カメラのCisco Webex会議の接続状況を確認するためには、会議開催中にメニューバーの「・・・」をクリックし、スピーカー、マイク、カメラを選択します。 料金プラン, 月額参考価格:51,000円   ただし、音声が聞こえるか、参加者に聞こえているかというテストができません。   製品一覧 ・Zoomは参加者が会議に入れない、マイクがつながらないというトラブルがほとんど起こらない。   パスワードまで設定が終わると、次のような画面になります。 マイクとカメラの許可を求められますので、許可をクリックします。 Webexの会議の開催方法は、割と簡単で、Zoomに似ています。 無料の Webex Meetings オファー. ここを設定しておかないと、スケジュールのたびに時間を選択する必要があります。 Zoomをパソコンにダウンロードしたら偽アプリだった、という被害が多発しています。Zoomを... Zoomは、アプリをダウンロード・インストールすることで利用できます。この記事では、Wind... 無料版のZoomでは、3人以上のミーティング時間が40分に制限されています。有料版にせずに、... 皆様のお役に立てる情報をお届けするために日々精進していきます。どうぞよろしくお願いします。, Zoom・Cisco WebEX・Teamsの違い!ビデオ会議アプリの機能を比較!, Zoom・Cisco WebEX・Teamsのそれぞれの特徴とメリット・デメリット, セキュリティ面での対策がしっかりとなされているかどうかも、選ぶ際の大切なポイントです。. 時間が50分以内であれば、無料プランでも大きな問題はなさそうです。 1.アカウントの登録; 2.会議の基本設定; 3.ミーティングスケジュールの設定 (ナレッジワーカ1,000名の場合)(プランによる), ・ Webexの小規模展開や、スモールスタートを考えているお客様に適したプランです。   サポート 3.ミーティングスケジュールの設定 会議時間の上限が50分となる制限が発生します。 CiscoのWebexチームから、突然のメールで知った方も多いのではないでしょうか。 2020年7月1日からの会議運営について、注意したいものです。 しかし、これまでの経験上、ブラウザから参加しようとした参加者がエラーではじかれたという報告があることから、アプリの方が安定的に開催できそうです。 ・Zoomではマイク・スピーカーのテストができるのに対し、Webexではマイクのテストができず、実際に声が向こうに聞こえるかはやってみないとわからない   GlobalMeet コラボレーションなら、基本機能やDolby音声もリーズナブルな定額制で使い放題!. 2.会議の基本設定 ・メールから設定したスケジュールのアクセス先   Zoomに似ているので、すぐに操作に慣れることもできました。 Web会議システムは、インターネットを介して音声・ビデオによる会議を可能にするシステムことである。本記事では、無料と有料のWeb会議システムの違いにフォーカスを当てる。 ということで、まずは、無料で使えて、評判の高いWeb会議システムを6つほどリストアップしてみたい。   Webex Meetings と Webex Teams の無料版の機能をお知りになりたい方は、この記事を参照してください。 Webex Meetings; Webex Teams; 基本.  ミーティング情報は、自分のメールアドレスに送信されますので、必要に応じカレンダーに登録しておきます。 今後は、セキュリティ関連会社の買収などで、対策を強化していくようですが、セキュリティ面で不安な場合は、Zoomの利用は避けたほうが無難でしょう。, ビデオ会議では、ビデオ通話の品質や通信の安定性も重要なポイントです。画質が悪すぎて、相手の顔がよく見えなかったり、資料の字が見えなかったり、映像や音が頻繁に止まるようでは困ります。 (次の画面でミーティングアクセス先が出てきますので、アクセス先をコピーして参加者に連絡することも可能です) ただ、WebEXは初めての方の初期設定が難しい部分があるようです。ITスキルが低い方が参加する場合は、WebEXではスムーズに参加できるように配慮しましょう。, この記事では、ビデオ会議システムはどれを使えばいいのかといった疑問のために、Zoom、WebEX、Microsoft Teamsを比較しました。どれも無料プランもあり、導入のしやすさなどもそれほど大きな違いはありません。余裕があれば、実際に無料で試してみて、最も使いやすそうなものを選ぶことをおすすめします。.   現在、企業で導入されているWeb会議システムの主なものは、Zoom、Cisco WebEX、Microsoft Teamsです。この記事では、ビデオ会議システムを導入する際の選び方のポイントをお伝えした上で、この3つのアプリのそれぞれの特徴や、違いを詳しく解説します。 Cisco WebEX: Teams: 無料プラン: 有 3人以上の会議は40分まで: 有 会議の回数・時間に制限なし: 有 : 有料プラン: プロ:月額2,000円; ビジネス:月額2,700円; 企業:月額2,700円; スターター:月額1,490円; プラス:月額1,980円; ビジネス:2,980円; Microsoft 365の料金で利用可能   Cisco WebEXに全くリスクがないかといえば、そういうわけではありません。しかし、他の2つを比べると断然高い評価が出ています。2番目にセキュリティ評価が高いのは、Teamsです。 ビデオ通話だけではなく、チームごとに、案件を管理して、資料の整理や進捗状況の確認などが同時進行で行える点は、ZoomやWebEXにはないメリットでしょう。, ビデオ会議システムとしても便利なツールですが、様々な機能があるために、初心者には使いにくいといったデメリットがあります。直感的に操作しにくい部分があり、PCスキルが低い人がメンバーにいる場合は、使いこなすのが難しい可能性があります。, ビデオ会議システムを導入するにあたって、どれがいいのか、Zoom・WebEX・Teamsの違いをそれぞれ解説します。, 気になるセキュリティ面での評価は、CASBというクラウドセキュリティの診断ツールでの評価の結果を参考にします。CASBの診断結果の中で、この3つの中で評価が最も高いのがCisco WebEXです。 ミーティングの開催に、アプリは必須ではありません。   例えば、 ・ 購入したライセンスが割り当てられた方のみが、会議主催者となれます。 サポート この点では、評価が高いのはZoomです。セキュリティ面が強化されたことで、低速でのビデオ通話は難しくなってしまったようです。しかし、他のアプリと比較すると、安定したビデオ通話が行えます。通話品質を求めるのなら、Zoomをおすすめします。, 会議に一度に参加できる人数を比較すると、ZoomとWebEX、Teamsでは次のような違いがあります。, 会議を主催する方の導入のしやすさは、ZoomとWebEX、Teamsでは特に大きな差はありません。アカウントの作成や、システムの使い勝手という点での大きな差は特にないようです。, 会議に参加する方の使いやすさでも、特にZoomとWebEX、Teamsに大きな違いはありません。どれも会議への招待状を受け取れば、アカウントなしでも会議に参加できる、「ゲストとして参加」の機能を持っています。 同じミーティングアドレスで複数回の会議を設定する場合は、繰り返し設定をします。 5.アプリの設定(任意) Cisco Webexでは、50分まで無料で会議をすることができます。(2020年7月23日現在), 手順 まずは、Web会議システムの選び方のポイントをお伝えします。, まず、ビデオ会議システムを導入する際に考慮すべき点は、Web会議に参加する人のITスキルに見合った使いやすさです。参加者全員がPCやアプリの操作に慣れていて、初めてのアプリであっても、問題なくすすぐに使いこなせるのであれば、この点で選び方に悩む必要はありません。 Cisco Webex 無料プランの機能 . ・ ナレッジワーカー全員を会議主催者として登録可能です。(+20%のバッファも付与) なお、会議開催について、Ciscoのオフィシャルサイトで、webexミーティングの機能も含め、詳しい解説がありますので、ご参照ください。   Cisco Webexでは、50分まで無料で会議をすることができます。 (2020年7月23日現在) Cisco Webexで会議を開催する方法についてまとめてみました。.    https://cart.webex.com/sign-up?locale=ja_JP 左のバーからダウンロードをクリックすると下の画面が出てきますので、こちらのダウンロードをクリックし、インストールします。   手順 (7月末より、スピーカーのテストができるようになりました) ・ 主催者アカウントの共有や変更は原則として禁止となります。 Webex Meetings. アクセス先の表記箇所は複数あります。 アカウント不要で、ワンクリックで会議に参加。 オンラインイベントにも Webex Events. ちなみに、 Cisco Webex により、ビデオ会議、オンライン ミーティング、およびウェビナーを簡単に行えます。HD ビデオおよび HD 音声。高速な画面共有。無料のオンライン ミーティングに今すぐサインアップしてく …