WordPressが多くの企業に選ばれる理由の一つとしてSEOプラグインが豊富であることが挙げられます。しかし、種類が多くて選べないとお困りの方もいらっしゃるでしょう。今回は、WordPress利用者におすすめのSEOプラグインを5つ紹介します。 年額39ドルというコストパフォーマンスの良さも魅力です。, いずれのプランであっても対応サイト数は無制限、また有料版は1年間のサポートサービス付きです。, 有料版は、無料版よりもさらに機能数が増え、より充実したSEO対策を実施できるようになります。, もちろん、無料であっても基本的なSEO設定がカバーできるため、まずはコストを抑えてSEO対策を行ってみたいという方は無料版から使い始めてみるのも良いでしょう。, SEOPressに関しても、WordPressの管理画面内メニューからインストールします。 2020 All Rights Reserved. 『鬼滅の刃(きめつのやいば)』はなぜ人気?『ONE PIECE(ワンピース)』を超える異例... OneNote(ワンノート)の活用したい便利機能10選|共有、PDF、エクスポート、動画埋... ガントチャートのフリーツール12選|スケジュール、プロジェクト、工数管理に最適【テンプレー... 「成果の出ない外注」をいつまで続けますか?Webマーケティングを外部委託する時のポイントとは. '/toc.js』には、jsファイルがある部分までのパスを記述します。テーマファイルの直下にテンプレートを追加している場合はそのままでOKです。, 目次を記事内に追加する方法は複数ありますが、ベースは『
』という記述を加えるだけです。, 記事ごとに直接追加する場合は、記事を編集する際にエディタをテキストモードにして『
』を記述します。この方法は、各記事ごとにコードを挿入していく必要があります。, single.phpに『
』の記述を追加することで、全ての記事に自動で目次を追加することができるようになります。, single.phpの目次を入れたい任意の場所に記述を追加しましょう。ただし、この方法では記事本文の中に挿入することができません。, 目次を挿入しているブログに一番多いのが、最初のh2タグの前だと思います。目次を最初のh2タグの前に自動で挿入するようにするためには、function.phpに目次を挿入するための関数を定義します。 インターフェースに優れた操作画面で、その使いやすさと充実の機能から世界中で利用されています。 【ランキング】ガンダムのプラモデルで最も高いのは〇〇だった! - IT坊やだからさ。. Table of Contents Plus. SEOの内部施策に関するあらゆる設定が可能で、初心者でも使いやすい仕様となっています。 しかし、テーマの中にはSEOプラグインのような便利な機能を搭載しているものも多くあり、組み合わせによっては不具合が発生してしまうこともあるのです。, 実際に、「+JIN」や「SANGO」といったテーマでAll in One SEO Packを使用し、設定した項目が上手く反映されないといった事例も起きているため、導入する際には既にインストールしているテーマの中に重複するような機能がないかを確認しておくと、エラーのリスクを抑えられるでしょう。, Yoast SEOは、All in One SEO Packと同じく、世界中で利用されているSEO対策用のプラグインです。 しかし、WordPressのサイト内にあるサポートフォームで問い合わせをすることが可能なため、操作時に不具合が生じた際には活用してみてください。, また、他のSEOプラグインのように、追加することでエラーが生じてしまう場合があることを覚えておきましょう。, SEOPressは、シンプルかつ素早いSEO対策を実施できるプラグインです。 それぞれのSEOプラグインを深く理解し、自社に最適なSEOプラグインを選びましょう。, All in One SEO Packは、SEO対策を幅広くカバーできるWordPressのプラグインです。 Copyright© 質問内容を読むことで解決策が見出せることもあるため、活用してみてください。, SEOプラグインを使うことで、WordPressで構築したWebサイトのSEO対策が一気に効率化できることがイメージできたのではないでしょうか。, ただし、SEOプラグインはあくまでもSEO対策を補助してくれる機能にすぎません。 特に、他のSEOプラグインにはない、独自かつ高度な機能が搭載されている点で人気があります。 function.phpに記述を行う際は、必ずバックアップをとってから慎重に記述してください。, 上記のソースコードの2行目の『get_template_directory_uri() . つまり、インストールしたWordPressにSEOプラグインを追加することでより効率的なSEO対策ができるようになるのです。, 現在はWebサイトづくりでWordPressを活用する企業が増えており、それに伴いSEOプラグインの数も充実してきています。, 具体的には、SEO対策に関する設定を一括で管理できる機能や、XMLのサイトマップを自動的に生成・送信できる機能、SNSのシェア・フォローボタンを表示できる機能など様々です。, SEOプラグインは、SEO対策が欠かせないWebサイト運用担当者にとって心強い味方だと言えるでしょう。, ここからは、WordPressで使うべきおすすめSEOプラグインを5つ、特長や機能、価格、使い方、使用する際の注意点に分けて詳しく紹介します。 コンテンツマーケティングを行うにあたって、自社のWebサイトをWordPressで運用しているという企業も多いでしょう。Webサイト制作時にWordPressが選ばれる理由の一つとして、HTMLやCSSに関する知識や経験が浅くてもWebサイトを簡単に構築できるという点が挙げられます。, 加えて、WordPressは提供されているプラグインが豊富にあり、コーポレートサイトやメディア、ECサイトなど幅広く対応できるCMSです。しかし、プラグインの種類があり過ぎてどれを選べば良いのかわからないとお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。, 今回は、WordPress利用者におすすめのSEOプラグインを5つ紹介します。WordPressでのSEO対策を極めたい方はもちろん、これからWordPressでWebサイト制作を検討されている方も参考にしてみてください。, プラグインとは、ソフトウェアの機能を拡張できるプログラムのことです。 SEO設定を幅広くカバーするというよりも、「シンプルかつ効率的にSEO対策を実施したい」という方向けの機能が備わっています。, The SEO Frameworkの大きな特長は、コンテンツの最適化を自動で実施できる仕組みです。, システムにはAIが組み込まれており、タイトルやディスクリプション、タグの設定からXMLサイトマップの生成など、SEO回りの様々な設定を自動で実施してくれます。, 機能はシンプルですが、設定できる項目は100以上もあるため、基本的なSEO対策としては十分だと言えるでしょう。, また、改善すべき点を色別のバーで表示するなど、視覚的なわかりやすさも特徴の一つです。, 追加料金も発生しないことから、「まずはコストをかけずにSEO対策を始めてみたい」という方におすすめです。, The SEO Frameworkは、WordPressの管理画面左にあるメニューから【プラグイン】を選択し、【新規追加】の検索窓で「The SEO Framework」を検索しインストールします。, SEOに必要な基本設定をはじめ、SNSシェアに関する設定(OGP、Twitter Cards設定)や、カテゴリ・ページ・サブドメインなどに関するエラー防止、404エラーページをインデックス登録されないようにするなどの設定もできます。, The SEO Frameworkは画面の項目名に沿って必要なものを設定していくだけでSEO対策ができる、シンプルな構造のプラグインです。, 簡単な操作性も魅力の一つですが、利用時には日本語に対応していないプラグインである点を留意しておきましょう。