福島大学共生システム理工学類 当サイトはウェブ閲覧の利便性向上のために、クッキーを使います。クッキーには2つのタイプがあります。一つは必要不可欠なタイプ、もう一つは選択可能なものです。, WordPress更新のためのPHPとMySQLのバージョンとアップデート・サイクル(まとめ), Search Consoleエラー解決法「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」. 参考:CentOS 7 に MySQL 5.7 を yum インストールして初期設定までやってみた Yesterday I decided to upgrade the database server of lefred.be running the latest Wordpress to MySQL 8.0. I am able to install MySQL 8 manually, but then there doesn’t seem to be a way (documented, that I can find) to get WordPress to work with it. 最終更新日: 2020/08/22. PHPのバージョンで mysqli と mysql ・・・i 付きか付きじゃないか決まります。PHPのバージョンの人(ver4,5)は mysql を(PHP5.5以降では非推奨)PHPのバージョンの人(ver5,7)は mysqli を(PHP5以降の人はこちらを)もし、古いバージョンを使っている人がそのまま学習したい時は気を付けてください。, ショートコードの作成方法は前の記事で「始めてのPHPコード実行」で学習しているのでもし不明なら参考にしてください。MySQLと接続するPHPコードの説明です。, global $wpdb;$db_user = $wpdb->dbuser; //データベース接続ユーザーの取得$db_passwd = $wpdb->dbpassword; //データベース接続用パスワードの取得$db_host = $wpdb->dbhost; //データベースホストの取得$db_dbname = $wpdb->dbname; //データベース名の取得, wpdbと言うクラスから接続情報を入手しています。データベースを作成する際に事前に設定する項目ですのでその時に覚えておいても良いですし、設定ファイル wp-config.php で確認しても良いのですが、上の方法が便利です。, これは、mysql_connect()と言うMySQLと接続してくれる関数に必要な引数(接続情報)を与えて、MySQLに接続を依頼します。接続に成功した場合は リンクIDを、失敗した場合にFALSE を返してきます。, 引数:hostMySQLサーバーを指定します。レンタルサーバの場合、MySQLを同じサーバーに立てたり他のサーバーに立てたり、レンタルサーバ会社の自由なので、予めMySQL データベースを作った時に接続サーバーの情報も表示されるはずなので確認しておきましょう。レンタルサーバのデータベース情報を確認すれば出てきます。, 上の方法で良いと思いますが、もしどうしても知りたい場合は、レンタルサーバのWordPressの入れたディレクトリにwp-config.phpと言う名のファイルが有るのでそこでも確認できます。, 上の画像の /** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */ の下の行の define(‘DB_HOST’, ‘*************’);が host 名になります。, 引数:usernameMySQL の接続可能なユーザー名これもレンタルサーバでデータベースを作成する際に入力したものを覚えておきましょう。上の wp-config.php ファイルで確認しても良いです。, 引数:passwordMySQL のユーザー名に設定したパスワードこれもレンタルサーバでデータベースを作成する際に入力したものを覚えておきましょう。上の wp-config.php ファイルで確認しても良いです。, 引数:dabnameMySQL に作成したデータベースの名前これもレンタルサーバでデータベースを作成する際に入力したものを覚えておきましょう。上の wp-config.php ファイルで確認しても良いです。, mysqli_connect(‘localhost’, ‘username’, ‘password’, ‘dbname’) 関数でMySQLに接続するとMySQLからリンク IDと言うデータが返ってきます。PHPプログラムとMySQLが接続されてその識別コードがリンク ID になります。その識別コードのリンク ID を $link と言う変数に格納して、MySQLへのアクセス時に利用します。, この処理は、ちゃんと接続されたかの判定を行います。正常に接続できなかった場合はメッセージを出力して終了します。, $link(リンクID)には、接続に成功した場合は リンクIDを、失敗した場合にFALSE が格納されているので。if 構文を使って判定しています。この場合、False が入っている時にエラーメッセージを返したいのでif (!$link) としています。「!」が必要ですよ。, 良くPHPのプログラムのページで、接続失敗時にdie()関数を使用しています。die()関数は、「メッセージを出力し、現在のスクリプトを終了する」とマニュアルには出ています。WordPressに組み込む際は、その後の処理も考えられるので、私の場合はreturnでエラーメッセージを返しています。実際にはもっと丁寧にエラーメッセージを書く必要があると思いますが、学習用なので問題ないと思います。, 接続に成功したら、データベースにアクセスして必要な情報を取得して、表示する処理を行います。今回は接続までの確認ですので、, 上のようにWordPressの中には call_MySQLConnect とショートコード呼び出しを書いていますが、表示はどのようになっているでしょうか?「接続成功です」と表示されていると良いのですが。, ピンバック: mysqli の 手続き型 と オブジェクト型 | WordPressでブログ, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, WordPress ページビュー数を確認するプラグイン「 WordPress Popular Posts 」. 動くところまで行きつけたのでログを残しておきます。, 更新できるものはしておいて動作確認しておきましょう。もともとおかしくなってしまうのか、バージョンアップによっておかしくなるのか、問題の切り分けができます。あと「PHP Compatibility Checker」というプラグインも入れておいてチェックしておきましょう。, WordPressとMySQLのバックアップを取っておきます。 どうやらlibphp7.soが入らず動かなかったようです。 この記事ではレンタルサーバーを借りて自分でPHPやMySQLをアップグレードできる人向けのものです。 MySQL Installerを実行し,右側の[Add…]ボタンをクリックしてから,MySQL Server はバージョン8.0以上のものを追加し,ApplicationsはMySQL Workbench 8.0の中から一つ選んで追加し,MySQL Server 8.0.xとGUI管理ツールMySQL Workbench 8.0.xをインストールします。 参考:CentOS6.xでEPELリポジトリ入れたときのエラー対処, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, CentOS7のPHPを5.6/7.0/7.1/7.2/7.3系にバージョンアップする, CentOS 7 に MySQL 5.7 を yum インストールして初期設定までやってみた, MySQL バージョン 5.6 以上、または MariaDB バージョン 10.1 以上。. AdminWeb ©2006-2020 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. 参考:CentOS7にPHP7.2.xをインストールする, この時点ではまだ動かず。。 WordPressのバージョンアップすべきかの判断は多くの担当者の方が迷われるポイントかと思います。そこで、本記事ではWordPressのバージョンを確認する方法と、バージョンアップの方法に絞って解説 … いろいろ調べた結果、php73-phpもインストールすることでlibphp7.soも作成され正常に動くようになりました。 福島大学共生システム理工学類董研究室,Dong laboratory, Cluster of Science and Technology, Fukushima University, WordPress(ワードプレス)は、世界で圧倒的なシェアをもち,無料で使えるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。無数のテンプレートとプラグインを活用すれば,やりたいと思ったことはなんでも実現できます。しかし,UbuntuやCentOSなどのLinux系のサーバー上でWebサイトを構築するのが多く,Windows系のWebサービスIISとWordPressを活用してWebサイトを構築するのがまだ少なく,インターネット上で公開された情報も不足です。, Windows Server の標準WebサーバーIISにWordPressを追加する際,マイクロソフトの標準ツールWeb Platform Installer(Web PI)または「XAMPP」(ザンプ)というツールを利用した方が楽です。けれど,2020年4月現在,この二つのツールでインストールできるWordPress,MySQLまたはPHPのバージョンが低くて,最初からセキュリティ上の不安を抱えてしまうため,以下の手順に沿って,Windows Server 2019のWebサービスIISにWordPressを手動で追加した方が望ましいです。, Windows Server をインストールしてから,[サーバー マネージャー]を開き,[役割と機能の追加]のリンクをクリックして,[Web サーバー (IIS)] の項目のチェックボックスをクリックすればインストールできます。詳しい操作は以下のサイトをご参照ください。, Web サーバー (IIS)のインストールが正常に終了したら,「windows管理ツール」から「インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー」をクリックし,インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを立ち上げます。, そこで,Webサイトを新規に追加します。それから,Webサイトの「バインド」設定を開いて,WebサイトのIPアドレスとドメイン名を設定します。, PHPのインストールは様々な方法があるが,一番わかりやすい方法はWeb Platform Installer(Web PI)を使う方法です。これはマイクロソフトのすべての無料 Web 製品を簡単にダウンロードおよびインストールするためのツールです。, Web Platform InstallerはマイクロソフトのHPからダウンロードしてインストールします。, Web PIをインストールしてから,インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを立ち上げて,作成されたWebサイトをクリックすると,右下の「展開」のところ,「アプリケーションをギャラリーからインストール」という項目が表示されます。これをクリックして,Web Platform Installerが立ち上げられます。Web Platform Installerの画面上で「php」を入力し,検索すれば,「PHP 7.4.1 (x86) for IIS Express」および他のバージョンのPHPが表示されます。バージョンが7.2以上,「for IIS Express」つきのPHPを一つ選んで「追加」でインストールします。, Web Platform Installerを使てっもWordPressをインストールできますが,最新版ではないので,WordPress 公式ページhttps://ja.wordpress.org/download/からWordPressの最新版パッケージをダウンロードします。, ダウンロードしたパッケージを解凍して,wordpressフォルダにあるすべてのファイルおよびフォルダを,前に作成されたIISのWebサイトのフォルダにコピーするだけで,WordPressの最新版を配置できます。, wordpressのファイルを配置する際,IISのWebサイトのフォルダに「wordpress」というサブフォルダを作成の上このサブフォルダに配置することはお勧めできません。サブフォルダに配置する場合,Webサイトをアクセスするとき,http://localhost/wordpressのように「/wordpress」をつける必要があります。直接Webサイトのrootフォルダに配置する場合,HPのアクセスに「/wordpress」をつける必要がありませんから便利です。, MySQL データベースを管理するツールとして,MySQL Workbench 8.0.xを利用できますが,英語のGUIで初心者向けの者ではありません。Webブラウザで動作可能な「phpMyAdmin」をインストールした方がよいです。, ブラウザでhttp://localhost/wp-admin/(WebサイトのIPアドレスまたはドメイン名が設定された場合,localhostの代わりにIPアドレスまたはドメイン名を入力)にアクセスすると,WordPressのインストール画面が表示され,MySQLのデータベース名,ユーザー名とパスワードを入力し,WordPressの管理者IDとパスワードを指定します。, IISで全ページをSSL暗号化通信で保護するhttpsのサイトを作成するために,サーバーのSSL証明書を取得する必要があります。有料のSSL証明書を取得できれば便利ですが,無料のものを活用してもhttpsサイトを構築できます。, お勧めの方法はLet’s Encryptを利用します。win-acme のWebサイトにアクセスし,最新のwin-acmeをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを展開してから,「win-acme.v2.1.5.742.x64.pluggable」のようなフォルダが現れ,このフォルダにあるwacs.exeを右クリックして,「管理者として実行」すれば,画面のとおりに番号を選択し必要な入力をすればhttpsのサイトを簡単に作成できます。, 〒960-1296   福島市金谷川一番地 注意点は image: mysql:5.7 の部分です。MySQLは 8.0 バージョンもありますが、こちらは何やら面倒なことになるようで、バージョンを 5.7 に指定する方が無難なようです。 参考サイト:MySQL 8.0 で、WordPress に接続できなくなった.