スバルの魅力~ca-catalog.net~にお越しいただき、ありがとうございます。 2019/11/29 「【本日納車】subaru wrx sti vab f型 最終モデル 2019年12月9日納車されました! その他タイプRA-Rのスペック・販売価格・装備を紹介します。, 2018年6月にE型となるWRX STIには、新たにメーカーオプションとしてサンルーフが設定されます。「STI Type S アドバンスドセーフティパッケージ」のみメーカーオプションとして選択することができ、ベースグレードの「STI」や「アドバンスドセーフティパッケージがついていないType S」には設定がありません。, WRX STI Type S アドバンスドセーフティパッケージに設定されているメーカーオプションで、サンルーフがあるパッケージは2種類あり、違いは本革シートかRECAROシートにあります。, 共通する項目は「アドバンスドセーフティパッケージ」「ウェルカムライティング」「運転席&助手席パワーシート」「サンルーフ」の4つで、価格帯は本革シートは19.4万円・RECAROシートは28万円、その差は86,400円になります。, 2014年から販売されているWRXはスバルが販売するスポーツセダンで、元々はインプレッサのスポーツモデルについていた名前です。インプレッサ WRX STIの名前は、3代目インプレッサ WRX STIの2010年モデルから外れて現在の「WRX STI」という名前に変更になっています。, 日本のほかに北米仕様と豪州仕様が販売されていて、トランスミッションにCVTが搭載されている「WRX S4」は日本専売モデルです。, 搭載しているエンジンは、2.0Lの水平対向ターボエンジンで型式は「EJ20」です。CVTのS4には「FA20」エンジンが搭載されています。トランスミッションはSTIに6速マニュアル、S4にはCVTが搭載されていて、燃費はS4のほうがいい数値になっています。, ボディサイズは全長4,595mm、全幅1,795mm、全高1,475mm、ホイールベース2,650mmで、STIとS4どちらも同じ数値です。違うところは「最低地上高」「車両重量」の2つになります。, ほかにも、駐車ブレーキ形式がSTIは機械式後2輪になっているのに対し、S4では電気式のパーキングブレーキになっている点など様々あります。, CVTを搭載しているWRX S4には安全装備の「アイサイト」が標準装備されていて、マニュアルトランスミッションのSTIには搭載されていません。S4の「2.0GT-S Eye Sight」には、アイサイトのほかに運転支援と視界拡張のセイフティプラスが標準装備されています。, 標準グレードの2.0GTアイサイトにはメーカーオプションになりますが、運転支援のセイフティプラスには後方死角に隠れている車両を教えてくれる「スバルリヤビークルディテクション」と、自動防眩ルームミラー付きの「ハイビームアシスト」、フロントカメラやサイドカメラを使った「フロント&サイドビューモニター」が追加できます。, スポーツセダンのWRXは2018年の年次改良でE型になり、STIにサンルーフが設定され、S4にはアイサイトの機能が向上しました。サンルーフが設定されたことにより、明るい車内と開放的な走行フィーリングを体験することができます。, STIはトランスミッションに6速マニュアルを装備しているので、安全装備のアイサイトを搭載していませんが、ツインスクロールターボのEJ20型エンジンを搭載しパワフルな走りを実感できます。S4よりスポーティなセッティングが施されたWRX STIのE型は2018年6月1日に発売されました。. スバルのクルマ, スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。, このサイトでは、スバルの魅力が最大限に伝わるようなサイトを目指し、運営しています。, スバリストの方にも、これからスバルを考えている方にも、少しでも参考になれば幸いです。, 今回は、WRX STI(VAB型)の5回目のマイナーチェンジモデルとなるF型について紹介します。, WRX STI(VAB F型)では、エンジンについては変更が行われず、EJ20型ターボエンジンが搭載されています。, WRX STIに搭載されるEJ20型ターボエンジンは、標準モデルのスバル車の中では最大となる、308馬力を発揮。, 初代レガシィから搭載されている伝統のEJ20型ターボエンジンは、カスタマイズ性や耐久性において、信頼性の高いエンジンです。, DCCD-AWDは、ドライバーが任意にAWDシステムを調整できるものであり、モータースポーツの中で磨かれたスバル最高性能のAWDシステムとなっています。, E型では、平面的なデザインとなっていましたが、F型では上下に2分割するようにラインが入っています。, フォグランプカバー自体がブラックなので違いが分かりにくいですが、デザインの細かい変更部分となります。, インテリアについては、トランクの操作性が改善された以外は、デザイン面において変更は加えられていないようです。, バケットシートはホールド性の高いシードですが、車内のユーティリティについては、普通のシートの方が優れています。, 車内空間を優先してなのか、WRX STI(VAB型)では、全モデルにおいて通常のシートとなっています。, WRX STI(VAB E型)には、E型から引き継いでいるアドバンスドセイフティパッケージが採用されています。, 冒頭でも紹介していますが、ハイビームアシストについては、作動車速が40km/h以上から30km/h以上に変更されており、夜間の視界確保に大きく貢献します。, スバルリヤビークルディテクションは、車線変更時に死角に入っている車両や、後退時に後方に存在する車両を検知して、インジケーターに表示するシステムです。, ハイビームアシストは、30km/h以上で走行中に自動的にハイビームになるシステムです。, 先行車や対向車を検知すると、周りのクルマの視界の妨げにならないようにハイビームを調整します。, フロント&サイドビューモニターは、運転席川はわかりにくいフロントと左サイドの映像をマルチファンクションディスプレイ内に移すシステムです。, ステアリング連動ヘッドランプは、カーブや交差点においてハンドルを切った際に、ヘッドライトの方向を進行方向に向けて、視界を確保するシステムです。, WRX STI(VAB F型)の価格は、3,866,400円からとなっており、かなり高額なクルマとなります。, ただ、最近ではスバル車全体が値上がり傾向があり、WRX S4 STI Sportやレヴォーグ 2.0 STI Sportのほうが車両価格が高かったりするので、現在のWRX STIには飛びぬけた硬貨か区間がありません。, 恐らく、伝統のEJ20型ターボエンジンを搭載しているので、開発費を抑えることができているのが、この価格設定の要因と言えるでしょう。, もしも次期型でFA20″DIT”エンジンが搭載されるとなれば、車両価格は一気に跳ね上がるのではないでしょうか。, まだ噂の域を抜けていませんが、次期型ではFA20″DIT”が採用される可能性も浮上しています。, 無料で中古車を探せるサービスです。 スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。 スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただきまして、ありがとうございます。 こ... WRX STI(GRB型、GVB型)についてまとめます。 エンブレムには「RA-R」とSTIの30周年を記念したバッヂも装着され、特別感満載の特別仕様車になっています。, 500台限定生産で2018年12月17日まで受け付けしていて、その前に500台に達した場合は販売終了になります。しかし発表・販売した初日に即完売したことをスバルが公式発表しました。 スバルの魅力~car-catalog.net~をご覧いただきまして、ありがとうございます。 このコン... みなんさん、こんにちは。 ハイパフォーマンスのスバル30周年記念モデルということで、今後は中古車市場でもプレミア価格で取引される可能性も高いです。試乗車や展示車もこれから市場に流れるので、近くのスバルディーラーで情報を集めるのも良いでしょう。, 通常販売されているWRX STIのボディカラーは6色ですが、今回販売されたタイプRA-Rは「WRブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「ピュアレッド」の4色になっています。, クリスタルホワイト・パールはオプションカラーで32,400円高になっています。WRX STIのハイパフォーマンスモデル「タイプRA-R」らしさを感じるWRブルー・パールは人気のボディカラーになるでしょう。, ハイパフォーマンスモデルのタイプRA-RにはS208にも採用されたEJ20型の水平対向4気筒のターボのBOXERエンジンが搭載され最大出力329psを発揮します。「軽さ」「速さ」「愉しさ」をテーマに製作されたタイプRA-Rを体現するパワーユニットです。 先代のWRX STI... レヴォーグは、レガシィツーリングワゴンの後継モデルとして登場したクルマです。 wrx sti vab e型にタイプra-r 2018年7月19日完売 「WRX STI VAB E型」が間もなく発売、ディーラー情報でRA-Rが発売されるそうです。 販売台数500台(完売か12月17日をもって受注終了)早いものがち 販売価格4,998,240円 より、予約販売は2018年7月19日だが即日完売しました。 WRX STIのマイナーチェンジ情報。2019年のF型について、2018年6月のE型はメーカーオプションでサンルーフが設定されました。年次改良を重ねてF型となったWRX STIのTYPE RA-RやWRX STI TC380について。ボディサイズやエンジンスペックをおさらいしながらチェックしておきましょう。, スバルのスポーツカーである「WRX STI」は、2019年6月27日にマイナーチェンジ(年次改良)を行いF型になります。2018年6月7日にマイナーチェンジしたE型はD型まで設定がなかったメーカーオプションの「サンルーフ」が設定される改良が行われ、明るい車内空間や夏には開放的なドライブをすることができます。, WRX STIのE型へはメーカーオプションでサンルーフが設定される一部仕様変更だけですが、WRX STIのスペックや価格帯などをチェックしておさらいしておきましょう。 2019/5/30 みなさん、こんにちは。 今回は、2019年5月14日に発表されたスバル「wrx s4」及び「wrx sti」のマイナーチェンジ(f型改良モデル)による変更点をまとめています。また、2019年の最新モデルで「wrx s4」と「wrx sti」の違いも徹底比較してみました。 このサイト... WRX STIは、スバルのスポーツカ-で、水平対向エンジン、シンメトリカルAWD、DCCD方式AWDと言った、スバルのすべての技術を結集して... みなさん、こんにちは。 理想の車がなかなか見つからないときは利用してみてください。 スポーツカーとワゴンを融合した「リアルスポーツツアラー」... みなさん、こんにちは。 スバルの魅力~car-catalog.net~にお越しいただき、ありがとうございます。 この... みなさん、こんにちは。 なお、非公開車とは好条件の車など、順番待ちなどでネットで公開される前に売れてしまう車のことです。. ... WRX STI(VAB型)のF型が登場!ハイビームアシストの作動車速が40km/→30km/hに向上。新色のマグネタイトグレーメタリック!のまとめ, 5代目インプレッサ(GT型、GK型)について(エンジン、トランスミッション、安全装備など), 2代目スバル ディアスワゴン(S321型、S331型)について(エンジン、安全装備、積載性など), 2代目 ジャスティ(M900F型、M910F型)について(ダイハツ トールとの違い、エンジン、トランスミッションなど), 2代目レヴォーグ(VN型)について。(新開発CB18″DIT”とSUBARUデジタルコクピット、アイサイトXを初採用), レガシィの限定車 S402について。専用EJ25型ツインスクロールターボ搭載によるスペック向上が魅力!, WRX STI tS(2010年モデル)について。カーボンルーフ採用。AT限定免許でも乗れるA-Lineの限定車も登場。, 新型アウトバック マイナーチェンジ後のG型についてと、アメリカで先行発売されているSGPについて。, ついに日本国内でレガシィB4の販売が終了します!注文受付期限は2020年6月22まで。, レガシィ tuned by STI 2007年モデルについて(SI-DRIVEの特性変更。アルカンターラ採用のワンランク上のレガシィ。), フォレスターに特別仕様車X-Edition登場!撥水機能を備えたアクティブな車!販売は2020年1月から。, ボディカラーをダークグレー・メタリックから新色マグネタイトグレー・メタリックに変更. Copyright © 2017 ひつじ茶屋 All Rights Reserved. 最高出力や最大トルクは未計測ですが最大380psを発揮することが判明しているため「歴代最高の運動性能を持つWRX STI」になるでしょう。, 2017年7月7日にSTI(スバルテクニカインターナショナル株式会社)の30周年記念イベントが行われました。 ボディカラーには従来のダークグレー・メタリックを廃止して、新色のマグネタイトグレー・メタリックを採用しています。 !」荒法師マンセルのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! なお、WRX STIシリーズ・ホワイトもWRXとほぼ同様の装備を有しますが、BBS製の19インチアルミホイールに変更されています。, パワートレインは、WRXシリーズ・ホワイトが最大出力268hpの2.5L水平対向4気筒ターボに6速マニュアル、駆動方式はシンメトリカルAWD。WRX STIシリーズ・ホワイトは最大出力310hpの2.5L水平対向4気筒ターボを搭載します。, 新型のF型WRX STIはハイビームアシストを40km/hから30km/hに変更したのが大きなトピック, スバルのWRX STIが2019年6月27日にマイナーチェンジ(改良)を行いF型になります。大きな変更内容は安全装備のアイサイトにある機能のハイビームアシストの作動車速を従来の40km/hから30km/hに変更したことです。