Mi Band 4は安価で高品質な製品を数多く世に送り出していることで有名なXiaomiから発売された、カラーディスプレイ搭載スマートバンドです。, 邪魔になるのが嫌で私は腕時計を付けずにこれまで過ごしてきたのですが、Mi Band 4はバンド込みで22gとかなり軽量なため、一日中付けていても全く気にならず、付けているのを忘れるぐらいの快適さでした。, レディース時計ですら50gで軽量と言われるぐらいなので、その半分の重さで時計としての機能はもちろん、歩数や心拍数のチェック、通知やアラームなどまで一台でまかなえるという素晴らしいバンドです。, GearBestからExpedited Shipping (DHL) で発送されたため、発送から2日で到着しました。, Mi Band 4とスマートフォンのペアリングは専用アプリ「Mi Fit」で行います。日本語にも対応しており、Android向けは説明書のQRコードかPlayストア、iOS向けはApp Storeでダウンロードできます。, ソフトウェアのアップデートもMi Fitアプリ経由で行います。初回起動時は二回アップデートがありました。, Mi Band 4では0.95インチのカラー表示対応AMOLEDディスプレイが搭載されるようになり、従来モデルより見やすく改善されています。, ディスプレイの下部分にタッチボタンがあり、一回押すと画面点灯、点灯した状態で押せば最初の画面に戻る、という操作ができます。, ディスプレイはタッチ操作にも対応しており、上下のスワイプで通知や心拍数チェックモードなどの他のメニューに切り替え、左右のスワイプで音楽の再生・一時停止などの操作画面に切り替えられます。, の6種類で、More以下にDND、アラーム、音楽、ストップウォッチ、タイマー、端末を探す、サイレント、バンドフェイス設定などがあります。, 音楽の操作では曲送りや音量操作もできます。最近は完全ワイヤレスイヤホンが増えてきて、耳に手を当てないと操作できないようになってしまいましたが、Mi Band 4ならTWSイヤホンを使っていても手元で簡単に操作できます。, Mi Fitアプリは日本語に対応しているので、英語が分からなくても簡単に操作できます。, Mi FitアプリではMiアカウントやGoogleアカウントなどで登録できるようになっており、最初に性別や体重などのデータ分析用の情報を入力しないといけません。スマート体重計があれば連携して体重も更新できるのだと思いますが、Mi Band 4単体の場合は手で書き換えることになります。, 着信や通知があったときMi Band 4側でも通知するようにするか、座りすぎな時に通知をするか、といった設定ができます。, AndroidではSmart LockにMi Band 4を登録できるので、Mi Band 4が近くにあるときだけ自動でロック解除させることもできます。, アプリ通知はどのアプリからの通知をMi Band 4で通知させるか選ぶホワイトリスト形式で、バイブのパターンは好きなように変更できます。, 通知内容はMi Band 4に表示されます。ちゃんと日本語対応しているので、手元ですぐチェックできます。, 本体のメインディスプレイのデザイン (ウォッチフェイス・スキン) はプリセットから変更出来ます。, スキンは内部ストレージに保存されるので、非rootで書き換えてしまうこともできます。, スキンの編集にはここでダウンロードできる専用ツール AmazfitBipToolsが必要です。, 他にも、ボタンを押さなくても手首を持ち上げて画面を点灯させられる機能や、時間によって画面の明るさを暗くできるナイトモードなどを設定できます。, より高精度な睡眠トラッキングするためには心拍数検出の頻度を高めないといけないのですが、バッテリー消費が大きくなるというデメリットもあります。, オンにすると一日で4~6%消費、オフだと3~5%消費ぐらいになります。5%消費とするとちょうど公称通り20日持つ計算になります。, 睡眠スコアは深い眠り・浅い眠りなどで判定されます。どの時間帯に深い眠りだったか、も分かるので面白いです。, 歩数もただ数えるだけでなく、いつどれぐらいのスピードで歩いたか、消費カロリーはいくらか、と細かな分類をして記録してくれます。, 運動をしない人でも通知が手元で分かる、Smart Lockで近くにいるときだけロック解除させられる、と便利ですし、電池持ちもスマートウォッチに比べて長持ちなので充電の手間も少なくできます。, 歩数や消費カロリーが数字として記録されているとついつい増やしたくなるものですし、日々のちょっとした運動を習慣化する後押しにもなるかもしれません。, 【02/20追記】 *「39.9%大きい表示面積」は、Mi Band 3と比較しています。Mi Band 3のディスプレイは、長さ17.26mm、幅9.66mmです。Miスマートバンド4は、長さ21.6mm、幅10.8mmです。 Xiaomi, a global company producing quality products at honest pricing. スマートバンドデビューとしてXiaomiのMi Band4は値段も安く始めやすいスマートバンドです。このアクティブトラッカー(活動量計)の使い方や設定を紹介を紹介しています。 適度な運動をしている、サトシ(@donann310)です。 健康的な体を作る上で、自分に合った適度な運動をすることは男女問わずに大切なことです。 しかし、運動を始めても三日坊主で終わることもあります。 続けていてもモチベーションの... 運動をしながら音楽を聴く際にはRakuten miniの小型なスマートフォンとワイヤレスイヤホン、そしてAmazon musicが便利です。これら3つを組み合わせて快適にランニングやウォーキングができます。, リーボックのランニングシューズ『ソールフューリー』は値段も手頃でデザインもいいランニングシューズです。特徴的なソールや使用感についてレビューしています。コスパ、デザインのいいランニングシューズです。, ダイソーのプッシュアップバーについてレビューしています。プッシュアップバーで腕立て伏せを効率的、効果的に行う。ダイソーのプッシュアップバーは値段も安く、場所も取らない筋トレ器具なのでとてもオススメです。, ALLMAXのプロテイン、ALLWHEY classic チョコレート味をレビュー, 1本で3ポートに対応のAnker PowerLine II 3-in-1 ケーブルをレビュー, デザイン・コスパの良い!リーボックのランニングシューズ『ソールフューリー』レビュー. 3000円台で購入可能なリーズナブルな価格ながら、スマートウォッチの基本機能が一通り揃っており、非常に使いやすいと評判のXiaomi Mi Smart Band 4(Mi スマートバンド 4)。格安なだけに、「画面の操作はストレスがないか」「運動のトラッキングはどの程度できるのか」など知りたい方も多いでしょう。そこで今回は、Xiaomi Mi Smart Band 4の基本的な機能や便利な使い方、操作方法を動画で分かりやすく紹介。すでに購入済みで使用中の方も、「こんな機能があったんだ!」と気づくことがあるかもしれませんよ!, 細身でスマートなMi Smart Band 4。画面のスクロールは何のストレスもなくスムーズに行えます。女性が着用してもサイズに違和感はありませんし、バンドの形状もスマートなので、運動時も気にせず体を動かせます!なお最初に液晶画面をタップするときは、画面の下の方をタップするのがポイントです。, 液晶画面の下の方をタップ→上にスワイプすると表示されるのがステータスです。歩数や距離、消費カロリーなどが確認できます。, 液晶画面の下をタップ後、2回上にスワイプすると心拍数の画面が表示されます。なおMi Band上で表示されるのは現在の心拍数のみ。心拍数の検出頻度などはスマートフォン上で設定可能で、検出頻度は1分、5分、10分、30分から選択可能。睡眠時の心拍測定もオンにすると睡眠状態をより正確に追跡できます。, こちらは上に3回スワイプすると表示。6種類のスポーツモードがあり、屋外ランニング、トレッドミル、サイクリング、ウォーキング、フリー、プールスイミングの測定ができます。自動で計測してくれるわけではないのでご注意を!, なおサイクリングなどの際にGPSを使用する場合も、スマートフォンのMi Fitアプリを立ち上げてGPSを同期させる必要があります。, 天気は現在の気温のほか最高気温、最低気温を表示可能。画面をスクロールすると4日分の天気が確認できます。, 画面をスクロールしていくと、一番下に表示されるのが「その他」の機能。この「その他」の部分では、「DND(おやすみモード)」「アラーム」「音楽」「ストップウォッチ」「タイマー」「端末を探す」「サイレント」「ハンドディスプレイ」「設定」などの項目があります。, 料理中や入浴中など、スマートフォンを触れないときでも、防水対応のMi Smart Band 4をつけていればスマートフォンの音楽を遠隔再生できます。, スタートを押した後は、好きなタイミングでLAP(スタートからゴールまでの区間経過時間)の記録をつけられます。LAPは20ラップまで計測可能。個人でのランニングから家族での運動での競争まで、幅広く活用できるはず!, 何だかんだでスマートウォッチで頻繁に使う機能がタイマーです。特に料理中には大活躍!仕事中の「30分だけこの作業をしよう」「10分だけ仮眠しよう」なんてタイミングの使用でも便利。アラーム音ではなく振動で伝えてくれるので、周囲に迷惑をかけずに通知を受け取れます。設定範囲は「1秒」から「99分59秒」まで可能です。, 天気のいい日中に外に出ると、明るすぎて画面がよく見えないことがあります。そんな時は上記のような方法で画面の明るさを変更するとよく見える様になるはずです!, Amazonで一番人気と噂のMiスマートバンド4。格安スマートウォッチの実力を検証。(設定編), 格安ながら充実の機能のシャオミ Miスマートバンド4。売り上げNo1スマートウォッチの実力を検証。(使用レビュー編), Apple Watch Series6の色選びで迷った方へ!シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ブルー、レッド各色の魅力と注意点を紹介, Apple Watchで使える電子マネーを解説。 SUICA、QUICPay、iDをApplePayで使う方法, Apple Watch Series 6のケース、40mmと44mmのどっちがいい?, 最もスムーズなApple WatchのSuica改札通過法! 時計の裏側の”腕タッチ”でもOK, Apple Watchの純正アプリ「マップ」の便利な使い方。iPhoneで地図を見るよりラクな場面が多数!, 見るからにタフそう! フランク三浦がタフネスデザインの新時代スマートウォッチを発表。, Garminのウェアラブルを付けてカラダや心が変わった体験談を募集! ヘルスケア機能を利用して「WELEDA」の限定グッズをGETしよう, 最新スマートスマートウォッチ「Amazfit Band 5」が当たる!11月の公式Twitterプレゼントキャンペーン開始!, セイコーの『wiredwena』2機種と音声デジタルウオッチ3機種がグッドデザイン賞を受賞!, まさに腕時計型のパーソナルトレーナー! Polar Vantage V2のスマートコーチング機能の凄さを解説, 18W急速充電&4台同時充電対応! トレンドカラーのキューブ型ワイヤレスモバイルバッテリー『Power Cube Pro 10,000mAh』がカワイイ!, 本気のランナーにおすすめのスマートウォッチ! Polarの最上位モデルの『Polar Vantage V2』着用レビュー, GarminのGPSダイビングコンピューターの最新モデル『Descent Mk2』『Descent Mk2i』発売, スマホで“聴こえ“を調整できる聴覚サポートイヤホン『Olive Smart Ear』、メガネスーパー305店舗で販売開始, Apple Watchを除菌しながら充電できる充電スタンド『CHARGE-N-CLEAN』、クラウドファンディングキャンペーンを実施中!, Copyright © TokyoSenko Inc. All Rights Reserved, Xiaomi Mi Smart Band 4使用レヴューは下記の記事も参考にどうぞ, #Xiaomi Miスマートバンド4(Xiaomi Mi Smart Band 4), Xiaomi Miスマートバンド5(Xiaomi Mi Smart Band 5), Xiaomi Miスマートバンド4(Xiaomi Mi Smart Band 4), 格安&高性能なスマートウォッチXiaomi Mi Smart Band 4。便利な機能や使い方を動画で徹底解説!.