合格したいという気持ちを持ちながら過去問を何周も解いて、最後まで“得点が取れる”という感覚を養いました。, 講師やスタッフの方は気軽に質問や相談に応じていただけたため、自分一人で不安を抱え込むことなく適度な緊張感をもって受験に臨むことができました。また、周囲には受験に対する意識が高い人たちが集まっているので、自分も負けじと勉強することができました。, 受験学年になるまでには、授業→授業内容の復習(定義の確認や知識事項の暗記など)→練習(計算練習や問題演習)のサイクルを一週間でこなせるようにしていました。そして、Z会の自習室を積極的に活用しました。受験学年では、東大対策に特化したクラス(特に国語)を受講して大学の要求に答えられるような勉強を心掛けました。, 自己流の受験勉強に不安を感じたため、Z会の教室に入会しました。 科目別学習法から、背中を押す言葉や想いまで、お役立ち情報を随時お届け! 1 2019年の東大合格者ランキング. 「東大国語」の授業では、過去問・オリジナル問題ともに解説が丁寧で、自学では難しい域まで読み込むことができ、じっくり考える訓練を積めました。「東大文系数学」では、狭い解答欄を有効活用する方法など、実践的な話がたくさん聞けました。, 英語の西先生の授業では、多くの長文を読むことができました。また、毎週自主的に持っていった自由英作などを添削指導してもらうことで、英語の記述に自信を持てるようになりました。国語の桑野先生の授業では、自分がどういう風に間違えたのか、また、どうしたら正答を書くことができるのかをわかりやすく解説してくださいました。, 1講座の人数が少なく、手厚い指導を受けられることに魅力を感じたので、Z会の教室に入会しました。 ★入試科目・配点はコ … 志望校の本科講座を全科目受講しつつ、苦手だった数学をAI講座で穴埋めしました。勉強の方向性については、模試の結果などを踏まえてスタッフと相談し、自信を持って決めることができました。, Z会の通信講座を受講後、東大テストゼミを受けたことをきっかけにZ会の教室に入会しました。少人数なので毎週添削指導してもらえたのがありがたかったです。国語の授業では黒板添削で他の人の解答も参考になり、世界史の授業ではテーマに沿った過去問を添削してもらうことで知識が定着しやすかったです。, Z会の教室に入会した初めの頃は、学校の予習として授業を受け、学校で復習していました。直前期には、学校では学べないような大学ごとの入試のコツや役に立つ情報を取り入れ、それまでに身につけた基礎を応用する力をつけるようにしました。, 小規模の塾の方が、きめ細やかに指導してくれると思ったためZ会の教室を選びました。基礎を固めることを第一に、自分のやっていることをしっかりと振り返り、正しいか、間違っているかをよく塾の先生に聞いて、修正していったことが合格の秘訣だと思います。, 高校受験時に東大受験を見据えた学習指導に定評のあるZ会に出会い、入会を決めた。高校生では1教科から受講でき、空き時間もできたため自習室の利用も増えた。特に直前期には、テキストの復習のみならず、添削や自習室の貸切利用を通じて一層の学力向上に役立てた。, もともとZ会の通信教育を受講していたため、教室での受講も決めました。授業が少人数制で先生が真摯に対応してくださり、また映像授業で受講することもできたので、部活をしていた私にはとてもありがたかったです。部活が忙しく高校生になって一旦塾を離れる人もいるかもしれませんが、塾に行き続けて勉強する習慣をつけておくことが学力向上につながると思います。, クラス講義が受けられる塾をいくつか体験した中で、Z会の教室が最も自分のテンポ感に合うと感じて、入会を決めました。桑野先生の国語の授業で、毎回記述問題を添削して頂いたのが非常にためになりました。それまで感覚的に文章を読んでいたのが「論理的に」文章を読み、設問に向き合うことを学びました。, 高校受験、大学受験ともにZ会の教室にお世話になった。可能な限り自習室で勉強し、教室に置いてある問題集や過去問等を積極的に利用した。また、テキストの問題は何度も解き直し、わからないところは先生に質問した。夏前に基本問題や知識を身に付けられたことで、夏休みから過去問演習を数多くこなすことができ、合格につながったと思う。, 教室の雰囲気が良く、通いやすい距離にあったので、高校受験の時から継続してZ会の教室を利用しました。授業では実戦演習が主だったので、自宅では基礎をしっかりやりました。英語・数学・国語を受講していたのですが、数学は完全にZ会に任せ、自分の学習は主に物理・化学、たまに英語・国語を混ぜる、という流れで進めました。, 英語の柳瀬先生、数学の寺田先生に大変お世話になりました。授業・生徒のレベルが共に高く、個別試験に向けた実践力を長期間かけて養うことができました。英数国の基礎を高3までに完成させることが一番重要だと思います。中学・高校通して勉強に継続して取り組んだので、高3時の負担が少なかったのが合格の秘訣だと考えています。日々の積み重ねが大事です。, アットホームな雰囲気の塾を探していた際、友人にZ会の教室をすすめてもらいました。添削指導があり、常に緊張感があった一方で、講師陣に相談しやすい雰囲気があったのも良かったです。生徒のレベルが高く、自分がその中であまり成績が良くなかったことも悔しさに繋がり、やる気が出ました。完璧とは程遠かったものの、高1・高2の間に真剣に勉強に取り組んでいたことが合格につながったのだと思います。, Z会の通信教育を中学生の頃から受講し、東大テストゼミをきっかけに授業の質に魅力を感じて入会しました。高いレベルの授業に集中して取り組むことを第一にし、講師の方々からの添削指導の復習に多くの時間を使いました。東大志望だったため周囲のレベルが高く、ついていこうと必死に頑張ったことで、東大におよばずとも、東北大学に合格できた理由だと思います。周囲の環境がいかに大事かということを身にしみて感じました。, 東大英語の授業では、先生がとても熱心に指導してくださいました。クラス全体のレベルも高く、扱う内容も高度で、Z会の予習・復習をしっかりやれば個別試験の対策も大丈夫だろうと思えました。高2までに基礎を徹底して固めておくと、高3になってからのアドバンテージになります。英語、数学はもちろんのこと、授業で地歴や理科があるならば、高3になってからでいいやと後回しにせず、習ったところを完璧にするつもりで早めに取り組むと良いと思います。, Z会の教室では、高3になった段階でハイレベルな問題を取り扱うことが多く、ついていけないこともあって大変でしたが、結果的にはとても役立ちました。AO入試を受けると決めたのが3年の夏休み、学科試験が11月だったので、Z会の教室で早めに対策しておかなかったら間に合わなかったと思います。また、横浜教室は落ち着いた雰囲気で勉強できました。合格の秘訣は、早いうちから入試問題に触れるということに尽きると思います。, 国語の成績で悩んでいた時に、大学時代に理系学部から文系学部に変更したという国語の彌榮先生の存在を知りました。彌榮先生は元々理系だったということで、何か私に合う授業をしてくださるのではと思い、Z会の教室に入会することを決めました。彌榮先生の授業では正しい文章の読み方、設問の解き方を論理的に教えてくださり、自分の国語に対する見方が大きく変わりました。とても分かりやすい授業で先生の読解法を吸収しやすく、本番でもそのまま活用することができました。, Z会の教室は少人数制で先生方やスタッフとの距離が近そうだったので、大人数の中で一方的に授業を受けるよりも自分に合っていると思い入会しました。柳瀬先生の英語と、國分先生の数学(選抜クラス)を受講し、先生方が自分の弱点を把握した上で授業をしてくださっていると感じました。恵まれた環境の中でたくさん発言したり演習を重ねたりすることで、確実に力がつきました。, 京都・梅田・上本町・西北・神戸三宮教室、それぞれの教室で授業を受けることができたので、自分の都合に合わせやすかったです。中でも梅田教室に頻繁に通っていましたが、自習室が過度に閉鎖的ではなかったので、気に入っていました。成績が思ったように伸びない時でも、自分が行きたいのはどのような学校なのか、またどのような点数配分で合格をめざすかなど、細かく相談に乗ってくださった先生方にすごく感謝しています。, 様々な塾を回ってみて、Z会の教室がテキストの質、教室の雰囲気、立地が一番よく、少人数制で落ち着いて勉強ができる環境であると思ったため入会しました。Z会で授業を受けることで我流な解き方や表現になることを防ぎ、東大に合った解き方を身につけるようにしました。また、僕は英語が苦手でしたが、Z会の先生方のご指導のおかげで受験するときには得意科目になりました。本番では今まで得意だった数学で失敗した分を、英語でカバーできるまでになったことが、合格の大きな要因になりました。, Z会の教室にある参考書や教材を借りて勉強しましたが、自分の気になることを逐一先生に聞けたのが良かったです。先生はとてもハイレベルなことをつぶやくので、がんばろうと思いました。Z会では自分の持っていない才能のある、とても頭がいい友達ができました。また、途中から特に数学の勉強が楽しくなったことと、うまく切り替えができるようになったことで、合格につながったと思います。, 自分のレベルより高い授業を受けていたので、授業後に復習し、分かりにくかったところを質問しました。Z会のスタッフの方も優しく接してくださり、アドバイスをいただけました。目標を持って勉強することが大事だと思います。目標を持つために、自分から大学について調べたり、興味のある分野のセミナーなどを聞きにいくことは今のうちしかできないので早めにやっておくべきです。, 友人の口コミで、Z会の教室は授業が少人数制で、かつ人気講師による刺激的な授業が行われていると知り、入会に至りました。どの分野よりも、まず苦手な数学の遅れを取り戻そうと必死でした。高校二年生の冬期講習でZ会の教室を利用し、自分の数学の根本的理解が足りないところを授業で補い、飛躍的に数学の力が伸びました。苦手分野の克服は早ければ早いほど良いと思います。, 中学の時にZ会に通っていたので、高校でも塾を選ぶときに慣れ親しんだZ会の教室を選びました。高2の時は学校の授業の予習・復習として、高3になってからは学校では対応しきれない、より高い学力を身に付けるためにZ会を活用しました。低学年のうちから学校の勉強をおろそかにせず、常に向上意識を持つことが大事だと思います。, Z会の教室は高校受験でお世話になり、綿密な教材の構成が気に入っていたので、高校に入ってからも利用した。週数回の授業で着実に自分の実力を確認しつつ、特に長期休みには自習室を利用して、可能な限り多くの問題を解くことを習慣づけていた。基本的には参考書で苦手分野の克服に徹し、模試や定期テストの後は浮き彫りになった自らの弱点を短期集中的に埋めていくことを心掛けた。, Z会の教室は、学校・自宅からのアクセスが良く、自習室も利用できるのでよいと思った。数学の三浦先生の授業はまず面白く、原理から説明してくれるので自分でも納得することができ、数学の力を大きく伸ばせた。世界史の荒巻先生は独学では学ぶことの難しい歴史の流れを理解し、自分で世界史を論じる力が少しずつ身についた。授業だけでなく、少人数で先生に気軽に質問したり添削指導を受けられる環境も自分に合っていたと思う。, ※Z会員合格者数は、通信教育・映像授業・オンライン授業受講生、教室本科生・講習生、および提携塾のZ会講座受講生の集計であり、模試のみの受験生は含みません。, ※Z会の教室生合格者数は、教室本科生・講習生、映像コース受講生、および提携塾のZ会講座受講生の集計であり、模試のみの受講生は含みません。, 合格したいという気持ちを持ちながら過去問を何周も解いて、最後まで“得点が取れる”という感覚を養いました。, 志望校の本科講座を全科目受講しつつ、苦手だった数学をAI講座で穴埋めしました。勉強の方向性については、模試の結果などを踏まえてスタッフと相談し、自信を持って決めることができました。, Z会の通信講座を受講後、東大テストゼミを受けたことをきっかけにZ会の教室に入会しました。.